レポーター情報

ともじ

全投稿件数 38
全参考になった数 61
「参考になった」指数
ニックネーム ともじ
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数
自己ベスト
ランニング趣向性
自己PR

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2016年12月10日 ・ 11日

奈良マラソン2016(奈良県)

坂道を制すること!奈良マラソンはこれに限りますね。

出場種目: フルマラソン 

あの坂がランナーを待ち受けています。
6:30に更衣スペースがオープン、寒さによる体力衰弱を避けるため直前まで室外に出ることを控え、防寒用100円ショップのレインコートは必携。
スタート直後は下り坂でペース管理に注意。中盤の坂道に対抗できる脚力・体力温存のため最重要です。奈良公園通過後10km以降は平坦なコースが続くので、ペース抑えめに。20kmから厳しいアップダウンがスタート。このポイント手前では「清志郎」そっくりさんが音楽で元気づけに。白川の坂道を駆け上がり下るときにそびえる壁のような白川大橋は印象的。大橋を下ったところで教会群が姿を現し、折り返し点が近いと元気に。さきほど往路で下った白川への道のりを今度は戻っていく不安感を抱き距離を進めていきます。往路に比べると角度は登りは緩く、下りは長く勢いよく続きますのでリラックスした走りで体力と脚力の緊張感と疲労を回復へ。ゴールに向けた残2km地点からの競技場までの上り坂を走りきる正念場へ。沿道周辺からの声援を味方にしっかり脚を踏み込んで駆け上がるだけです。「自分で自分を褒めてあげたい」そんな言葉がぴったりの奈良マラソンです。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 大会の熱気、活気 A
  • 地元への浸透 A
  • ストレスを感じさせない運営 A
  • 次回大会の参加 A
会場
  • わかりやすい会場案内 A
  • スムーズな移動経路 A
  • 荷物預かり B
  • トイレ A
  • スタート前の給水 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリア管理・誘導 A
  • 参加人数に見合ったコース幅 A
  • 見やすく正確な距離表示 A
  • コースの安全管理 A
  • 楽しめるコース設定 A
  • 熱心な応援 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • 記録計測 A
  • 記録証・完走証 A
  • 工夫を感じる参加賞 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • わかりやすい大会情報 A
  • 正しく詳しいコース情報 A
  • トラブル時対応の明記 A
  • 大会ホームページの更新 A

98.0

次回大会参加者へのアドバイス

坂道を使ったトレーニングは抵抗なく実施しておくべきでしょう。
特に下り坂ではリラックスしたフォームで脱力させ、体力・筋力の回復やリセットがはかれるようなトレーニングは有効だと思います。
給食もありますが、坂道が多いので相当な体力・筋力消耗が予想されます。ハンガーノックアウトしないように走りながら摂取できるパワージェルは必要だと思います。

ともじ さん 2016年12月13日 0時56分

このレポートは参考になった

1

ともじ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.9点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上