レポーター情報

Jun

全投稿件数 51
全参考になった数 109
「参考になった」指数
ニックネーム Jun
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2016年9月25日

第19回城内坂ウルトラマラソン(栃木県)

累積標高は約1,500メートル(70Kの場合)

出場種目: ウルトラマラソン 

昨年に続いて70Kに2回目の参加。1周における登りの合計が200m超あるので、飛騨高山などの大きな峠越えがあるウルトラにひけを取らないハードさです。昨年は3周目から歩いてしまいましたが、今年は行けるところまで走ると心に決め、5周目まで走り続けることができました。

参加賞は通常、昨年と同じものでは嬉しくないのですが、この大会の益子焼の「走」と書いたお皿はいい味を出していて、お気に入りです。

走ることを楽しみ、あまり競技性が高くない大会だと思いますが、スタート時間がバラバラで、途中自分の順位が全く分からないので、すでにゴール済みの人の上位速報タイムを、スタート/ゴール時点に掲示してもらえるとありがたいです(昨年上位でゴールし、今年はそれ以上の順位を狙っていたので)。

このレポートは参考になった

2

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 大会の熱気、活気 A
  • 地元への浸透 A
  • ストレスを感じさせない運営 A
  • 次回大会の参加 A
会場
  • わかりやすい会場案内 A
  • スムーズな移動経路 A
  • 荷物預かり B
  • トイレ A
  • スタート前の給水 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリア管理・誘導 A
  • 参加人数に見合ったコース幅 A
  • 見やすく正確な距離表示 A
  • コースの安全管理 A
  • 楽しめるコース設定 A
  • 熱心な応援 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • 記録計測 C
  • 記録証・完走証 C
  • 工夫を感じる参加賞 A
  • 充実した年代別表彰 C
インフォメーション
  • わかりやすい大会情報 A
  • 正しく詳しいコース情報 A
  • トラブル時対応の明記 A
  • 大会ホームページの更新 A

83.0

次回大会参加者へのアドバイス

登りで歩き、体力を温存するのは一つの方法ですが、ここを歩くか走るかで、全体のタイムが大きく変わってきます。また、登りの後は比較的キツい下りもあるので、いずれにしてもアップダウンに慣れておく必要があります。

周回コースでスタート/ゴール時点に荷物を置けるので、補給食などはまとめて持って走る必要はありません。エイドは1周のうち3箇所あり、特にスタート/ゴール時点の食べ物は盛りだくさんで、エイドというより普通に食事ができます(笑)。

私はランネットでエントリーしています。 Jun さん 2016年9月26日 10時15分

このレポートは参考になった

2

Jun さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上