レポーター情報

Jun

全投稿件数 51
全参考になった数 109
「参考になった」指数
ニックネーム Jun
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2016年6月12日

第5回飛騨高山ウルトラマラソン(岐阜県)

初めての100キロ

出場種目: ウルトラマラソン 

過去60,70Kは数回走っていますが、初めての100Kにこの大会を選びました。前日のコース説明会に出て、40Kまでの登り区間では、周りに惑わされず、脚を温存する作戦をとったため、その後のダウンヒルでかなり順位を上げることが出来ました。しかし、千光寺への登りは、前日の説明で「比較的短い」と聞いていましたが、コース最大の難所でした。下り坂でも辛そうにしている人が多かったので、千光寺を過ぎるまでは、余力を残しておくぐらいのペースがいいかも知れません。

93Kのエイドで飛騨牛が出ますが、後半は胃が固形物を受付けなくなる人が多いと思うので、せめて中間地点ぐらいで出してもらえると嬉しいです。

運営に全く不満はなく、沿道の温かい声援をたくさん受け、第5回にして、地元へかなり浸透している大会だと感じます。唯一の不満は、土曜日のコース説明会後のシャトルバスの運行です。15時からの説明が終わると、バスの列に人が殺到し、駅行きのバスか駐車場行きのバスか分からずに並んでいる人が多数いました。出来れば説明会は30分程度のものを1日3~4回開催し、かつバスの列には誘導の方がいれば良いと思います。

このレポートは参考になった

4

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 大会の熱気、活気 A
  • 地元への浸透 A
  • ストレスを感じさせない運営 B
  • 次回大会の参加 A
会場
  • わかりやすい会場案内 A
  • スムーズな移動経路 A
  • 荷物預かり A
  • トイレ C
  • スタート前の給水 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリア管理・誘導 A
  • 参加人数に見合ったコース幅 B
  • 見やすく正確な距離表示 A
  • コースの安全管理 A
  • 楽しめるコース設定 A
  • 熱心な応援 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • 記録計測 C
  • 記録証・完走証 A
  • 工夫を感じる参加賞 B
  • 充実した年代別表彰 C
インフォメーション
  • わかりやすい大会情報 A
  • 正しく詳しいコース情報 A
  • トラブル時対応の明記 A
  • 大会ホームページの更新 A

81.0

次回大会参加者へのアドバイス

先のエイドに着替えなどの荷物を送れますが、そこで前後のゼッケンを付け替えているとかなりのタイムロスになるので、自己記録を狙っている人、関門ギリギリで走っている人には、あまり有用でないかも知れません。実際私もTシャツの替えを用意していましたが、着替えませんでした。

土曜日のコース説明会には是非出ることをオススメします。コース図からは分からない情報が得られ、翌日のレースに向けて、自分なりの戦略を立てることができます。また、受付け時にもらえる高低図入りのコース図は、携帯して走ると、どこに坂があるかが把握でき、精神安定剤になります。ただし、汗でしわくちゃにならないように注意が必要。

私はランネットでエントリーしています。 Jun さん 2016年6月14日 15時47分

このレポートは参考になった

4

Jun さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上