レポーター情報

K-TAKADA

全投稿件数 24
全参考になった数 9
「参考になった」指数
ニックネーム K-TAKADA
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2016年1月10日

第17回ハイテクハーフマラソン(旧谷川真理ハーフマラソン)~地雷ではなく花をください~(東京都)

こんなものかな

出場種目: ハーフマラソン 

10年続けて参加していますが、今回は天候にも恵まれ良いタイムで完走できました。
この規模の会場に限界ぎりぎりの参加者を詰め込んでいる大会運営はこんなものかなとも思います。
以前に比べて大会の運営は少しずつ良くなってきていると思いますがまだまだなところもあります。
1.相変わらずトイレが少ない。
 ⇒今の2倍の数が欲しい。
2.更衣室が相変わらず狭い。
 ⇒入りきれずに外で着替えている人が大勢いる。
  地面にシートを敷いただけなので天気が悪い時には
  ぐちゃぐちゃに。
3.今回の荷物の預かり所は...
 ⇒トラックを利用するとは、発想はよいが雨降ったらどうするの?
4.ボランティアの方も最近増えていますが、その中でもベテランに
  の方と初めての方の手際の違いが大きすぎる。
  人数は多いが手際の悪い方が目立った。
  (給水所、荷物預かり所、Tシャツ交換所)

同じ荒川で行っている「板橋シティーマラソン」はこれらがうまくできていています。主催者側もこの様な大会を見習って勉強してみればもっと良い大会を運営できると思います。

このレポートは参考になった

2

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 大会の熱気、活気 B
  • 地元への浸透 B
  • ストレスを感じさせない運営 B
  • 次回大会の参加 B
会場
  • わかりやすい会場案内 C
  • スムーズな移動経路 B
  • 荷物預かり C
  • トイレ D
  • スタート前の給水 D
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリア管理・誘導 C
  • 参加人数に見合ったコース幅 C
  • 見やすく正確な距離表示 B
  • コースの安全管理 A
  • 楽しめるコース設定 B
  • 熱心な応援 C
  • コース上の給水 C
記録、表彰
  • 記録計測 B
  • 記録証・完走証 A
  • 工夫を感じる参加賞 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • わかりやすい大会情報 B
  • 正しく詳しいコース情報 C
  • トラブル時対応の明記 C
  • 大会ホームページの更新 C

41.0

私はランネットでエントリーしています。 K-TAKADA さん 2016年1月11日 10時34分

このレポートは参考になった

2

K-TAKADA さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上