レポーター情報

御徒町走朗

全投稿件数 41
全参考になった数 40
「参考になった」指数
ニックネーム 御徒町走朗
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年12月1日

第9回大阪マラソン(大阪府)

東京は平坦になりましたが、大阪は?

出場種目: フルマラソン 

運よく2017年に旧コースを走り、今年新コースを走りました。旧コースは南港大橋が最後の難所となっていました。東京マラソンの新コースは完全に平坦なコースにしましたが大阪の新コースは結構疲労が蓄積してくる30km以降に谷町9丁目の坂を始め、いくつかのアップダウンが追加され、新コースの方が逆に記録を狙いにくいコースになったように思います。ただ、大阪城がゴールになったため、沿道の声援は新コースの方が格段に増えたと思います。気になったのが、ゴール後の荷物受け渡しと着替えのスペース。今年は晴れていましたし、極端に寒くなかったので屋外でも着替えられましたが、雨の日はどうする予定だったんでしょうか。また、受付がインテック大阪は不便ですし、受付スタッフの数が足りていません。ニックネームが入れられるナンバーカードは良かったです。ニックネームで応援されるとモチベーション、めちゃあがりました。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 C
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース C
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 C
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 B

72.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
大会特色ポイント
4.2 pt

■大会のおすすめポイント

御徒町走朗 さん 2019年12月7日 23時17分

このレポートは参考になった

0

御徒町走朗 さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上