レポーター情報

ともじ

全投稿件数 38
全参考になった数 61
「参考になった」指数
ニックネーム ともじ
性別
年代 <非公開>
昨年の大会出場数
自己ベスト
ランニング趣向性
自己PR

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年12月11日

奈良マラソン2022(奈良県)

甘くはない奈良マラソン。しっかり走り込みが必要です。

出場種目: フルマラソン 

7回目の出場にして最も練習量が不足していた!と反省する大会でした。業務部署が替わって休日に集中した走り込みしかできなくなったこともあって、走る距離は積むことができても、起伏のある奈良マラソンのコースへの耐久性は日々の積み重ねがないと満足な走りはできません。特に復路の白川峠を越えた32キロ地点以降、脚の疲労感と「仲良く」付き合うために、坂道練習は繰り返し取り組んでおかないと楽しむことができないと強く感じました。毎年繰り返しになりますがリベンジをはかる走りを次回はできるように努めたいところです。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
  • 感染症対策 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

90.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    コース沿道で歌や楽器での応援は「ザ・奈良」の名物となっており、今年も走っていて「おっ聞こえてきた」とわくわくしながら走りました。コロナ対策の関係で「おぜんざい」「そうめん」の給食は中止でしたので、せめてゴール後に設置等是非とも再開を期待してます。
大会特色ポイント
4.6 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

奈良マラソンに出場する限りは、ぜひとも坂道・アップダウンの激しいコースを「楽しむ」ためにしっかりと練習を積んで参加してください。身近な練習コースに起伏のあるコースを見つけて、耐久性ある脚づくりができると奈良マラソンのコースの面白さと楽しさを感じ取ることができます。「来年こそは」と誰もがリベンジ心かき立てられる大会です。

私はランネットでエントリーしています。 ともじ さん 2022年12月24日 18時17分

このレポートは参考になった

1

ともじ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.8点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 91.4点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 90.5点 世界遺産姫路城マラソン2024 (兵庫県) 参加者7千人以上
4 90.3点 第44回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
5 89.8点 第41回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上