レポーター情報

カトちゃん

全投稿件数 673
全参考になった数 1039
「参考になった」指数
ニックネーム カトちゃん
性別 男性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 4
自己ベスト 2021年1月から12月

フル 富山マラソン 3時間55分




  
ランニング趣向性 旅行も兼ねた、大会マニアです
自己PR 日本全国のマラソン大会をレポします

マラソン🏃を始めた高校時代から比べると市民マラソンはスゴい変わりました。
大会の申し込み方法にしても記録の計測にしても、ネットのおかげで申し込みも簡単になり、アップデート💻️という記録の計測までできてスゴいことです。

最近は物価の高騰も痛いけどマラソン大会の参加費も高い大会が多い
ハーフなら4000円から6000円、10キロなら3000円から4000円くらいが妥当だと思います、それ以上高いときついですね

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2022年1月30日

2022 大阪ハーフマラソン(大阪府)

はじめて大阪ハーフ参戦

出場種目: ハーフマラソン 

第1回の大阪マラソンには出たんですが、ハーフは初めて走りました。大阪城公園から南下して長居に向かうので残念ながら道頓堀の方は走れませんでしたが、国際女子マラソンと同時開催という大変珍しいレースで途中で国際マラソンの選手とすれ違いました。初めての体験で興奮しました(笑)
コースも大阪マラソンで見たことあるような所もありました。

東京マラソンも長いこと走れないので久しぶりに沿道に人がたくさんいる中走れましたね。あっという間に長居まで来ましが、長居公園に入ってからスタジアムまで2キロちょっとあるのでキツかったですね。

どうして同時開催出来るのかと思ったら、国際マラソンの選手がハーフ大会のランナーを追いかける形なんですね。
レース後に国際女子マラソンの選手がゴールするのを最後まで観てましたが、最下位でも3時間20分くらいなので全員サブ3.5ですからスゴいと思ったし、国際レースに出場できて羨ましく思いました。

しいていえばランネットでエントリーできるかと思ったら一般選手は産経のアプリ?に登録しないとエントリー出来ないのが残念でした。

このレポートは参考になった

4

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
  • 感染症対策 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

93.5

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    福士加代子選手の引退式もあったようです
大会特色ポイント
4.6 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

手荷物預かりが11時15分までとけっこう早い締め切りです。

月曜日も大阪にいまして産経新聞とサンスポを購入しました、いずれも国際女子マラソンの成績は全員載ってました。ハーフは産経新聞に上位10位まで載ってました。

長居駅から天王寺まではJR線は160円、地下鉄230円とJRが70円も安いです(笑)

カトちゃん さん 2022年1月31日 21時20分

このレポートは参考になった

4

カトちゃん さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上