レポーター情報

ニックネーム未登録

全投稿件数 40
全参考になった数 78
「参考になった」指数
ニックネーム
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2020年2月1日 ・ 2日

第25回紀州口熊野マラソン(和歌山県)

給水所のドリンクの表示・区分けに関して

出場種目: フルマラソン 

3年振りに参加しました。口熊野を走るのは今回で5度目です。今年の大会当日はとても暖かくて、穏やかで走るには申し分のないコンディションでした。気づいたことを1点。給水所では私は水ではなく常にスポーツドリンクの方を摂るのですが、水とスポーツドリンクの区別が少し分かりづらかったように感じました。給水テーブルの手前が水で奥がスポーツドリンクでしたが、ともに同一の紙コップであったため、自分ではスポーツドリンクを手にしたつもりが実は中身は水だった、という取り違いが2度ほど生じてしまいました。一応テーブルには紙でそれぞれ表示してありましたが、紙はテーブルの正面側、つまり走って来るランナーの進行方向に対して90度横向きに貼り付けてあるので近寄らないとそれと分かりません。他のマラソン大会では紙コップの種類で水とスポーツドリンクを分けている場合が多いです。また遠くから近づくランナーに見えやすいよう、テーブルの上に小さな旗を置くといった工夫が見られる大会もありました。ランナー目線でもう少し見分けやすい配慮があればもっと良かったなと感じました。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

91.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション B
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    茶粥のふるまい
大会特色ポイント
4.6 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

物産販売コーナーも楽しめました

私はランネットでエントリーしています。 うめルンルン さん 2020年2月3日 21時1分

このレポートは参考になった

1

うめルンルン さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.1点 第41回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
2 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
3 93.1点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
4 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
5 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上