レポーター情報

しあだ

全投稿件数 28
全参考になった数 4
「参考になった」指数
ニックネーム しあだ
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年6月29日

第7回 くまがや地獄の夏マラソン(埼玉県)

夏の地獄マラソンが雨模様で走りやすかったけど湿度が高かった

出場種目: フルマラソン 

気温が高いと想定していたが、当日の天気が台風の後と梅雨前線の影響で小雨の雨模様で気温は低かったが湿度が高かった。後半は、雨も上がり曇りになったが、一度雨で濡れた着ているもの(シャツ、パンツ)がなかなか乾かなかった。
コースは、3.516キロの周回コースで走りやすさは、参加人数が少ないので混乱はなかった。人数が多いとコースの幅が広くないので心配したが大丈夫だった。
エイドステーションは、給水は十分だった。但し、競技場の給水所と2個目の給水所の距離が近かったので、2個目の給水所は、周回の中間点の1.7キロぐらいの方が良かった。また、エイドがきゅうり漬けとカリカリ小梅干とバナナだけだったが、もう少し違うもの(おにぎりみたいなもの)があった方が良かった。
事前のメールによる案内が2週間前が酷暑対策でビビったが、1週間前の連絡では、一転して雨模様との連絡で少しホッとした。このように事前連絡をして頂けるのは非常に助かった。
今回は、事前練習不足で良いタイムが出なかったが自分なりに満足できるランができた。
土曜開催の大会が少ないので来年もぜひ参加したいと思います。

このレポートは参考になった

1

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 B
  • 参加料に見合った大会 B
  • スタッフ、ボランティア B
会場
  • 会場へのアクセス B
  • スムーズな誘導、受付 B
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 B
記録、表彰
  • ネットタイム計測 B
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した年代別表彰 B
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 A

54.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション C
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 B
    場所が「くまがやドーム」と「ラグビー場」のそばなので、熊谷という特色が出ていた。
大会特色ポイント
3.6 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

熊谷からの交通手段がバスのみで、1時間に2−3本ぐらいしかないので、早めに会場入りした方が良いと思います。熊谷駅発の国際十王バス 7:15(始発)に乗りましたが、バスを待っていた全員が乗れませんでした。次のバスが、7:35なので。
7:15の始発バスに乗ることをお勧めします。

私はランネットでエントリーしています。 しあだ さん 2019年6月30日 9時24分

このレポートは参考になった

1

しあだ さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.5点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.1点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上