レポーター情報

arriba

全投稿件数 56
全参考になった数 81
「参考になった」指数
ニックネーム arriba
性別 男性
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 3
自己ベスト フルマラソン 03:44:48(2016板橋Cityマラソン (東京・荒川市民マラソン))
ハーフマラソン 01:40:00(2017 新潟ハーフマラソン)
ランニング趣向性 ファンラン派
自己PR まとまった時間がとれないので体を動かすのは専らスポーツクラブなので、大会に出ることが練習だったりします。走ることで全てを忘れることができ、またメンタル面で得るものも大きく、今ではマラソンは生活に欠かせない一部となっています。大会デビューは2015年の函館ハーフ。その後はハーフ、フル問わず月1ペースで大会に参加しています。しばらく成績が低迷していましたが、インターバルトレーニングを取り入れてから成績が徐々に上がってきています。

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2019年10月27日

いわて盛岡シティマラソン2019(岩手県)

#岩手っていいな

出場種目: フルマラソン 

ネットタイムで久しぶりにサブフォー達成し、充実の走りが出来ました。
以下は個人の感想です。

○盛岡駅からのシャトルバスの台数は充分ある。ピストン運行なのであまり待たされませんでした。
○スタート地点の施設配置はパンフレットで予習する必要あり。パンフレットがないと正直どこに何があるのかわかりづらい。あとここに限ったことではないがトイレは激混み。
○コースは序盤はファンランのような市街地コース。10km過ぎでファンランの走者と合流するので混雑します。中盤は標高が上がりアップダウンの連続、でも景色は綺麗。後半は平坦だが中盤で足を使い過ぎると終盤に響くかも。
○荷物受け取りですが、私の場合はボランティアの方がナンバーを見るなり連携プレーですぐ探し出してくれました。
○1回目の割にはよく運営の方は他の大会を勉強されているな、と正直思いました。2回目以降も楽しみです。

このレポートは参考になった

0

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 B
  • 参加人数に見合ったコース B
  • コースの安全管理 B
  • 距離表示、コース誘導 B
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

88.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ B
  • エコ、環境保護 B
  • 大会独自の取り組み、地元色 A
    ゴール後に振る舞われる3種類のご当地そば
大会特色ポイント
4.6 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

○決してスピードコースというわけではありませんが、ここで頑張っていい走りができれば他の大会でもいい結果を出せそうな、そんな骨のあるコースだと思います。
○1回目ということで期待が高かったこともあるのか評価がバラついている、という印象がありますが個人的には概ね良かったと思っています。運営さんの意欲的な部分はよく出ていたと思うし、今回出たクレーム点も来年は解消してくれると前向きに考えています。

私はランネットでエントリーしています。 arriba さん 2019年10月27日 22時7分

このレポートは参考になった

0

arriba さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2023 (北海道)
2 90.5点 熊本城マラソン2023 (熊本県) 参加者7千人以上
3 89.0点 第40回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
4 88.6点 2023函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上
5 86.1点 第6回日本最北端わっかない平和マラソン2023 (北海道)