レポーター情報

Jun

全投稿件数 51
全参考になった数 109
「参考になった」指数
ニックネーム Jun
性別 <非公開>
年代 <非公開>
昨年の大会出場数 <非公開>
自己ベスト <非公開>
ランニング趣向性 <非公開>
自己PR <非公開>

※「参考になった」指数は、直近3年間の各レポーターの平均「参考になった」数(「参考になった」獲得総数/投稿件数)を全体の中で指数化し、5つ星で表したものです。

大会レポート

2017年9月30日 ・ 1日

東北・みやぎ復興マラソン2017(宮城県)

もう少し事前に他の大会を研究する余地あり

出場種目: フルマラソン 

第1回なので、多少の混乱は予想できたが、マラソン大会の林立も一段落してきた昨今、もう少し他の事例を研究できたのでは。他の方と重複するが、運用に関して感じた点は以下。

・会場の導線、もしくは会場自体の再考が必要。
→ 導線が狭く、至るところで人の流れにボトルネックが発生。
・参加賞は前日仙台駅近辺で受け取れるように。
→ 前日会場に行く人はほぼいないので、当日朝は完全にキャパオーバー。
・トイレは男性用の小を準備。
→ 小でも男女兼用に並ぶため、回転が悪い。
・高額な参加費の一部を復興支援に使うなら使途を明確に。
→ ふるさと納税のように、申し込み時に寄付部分の使途を選べるようにするとか。

復興した地域を見てもらうという意義は素晴らしく、子供を含めた地元の方の声援には感動したが、コースは田舎道で退屈。また、フラットなコースがうたい文句だが、小刻みなアップダウンが多かった。10月初旬の開催は気温が高く、自己ベスト更新は厳しいかも。

個人的には2回目の参加はないと思いますが、シャトルバスの運用など、来年以降はランナー目線での改善が進むことを期待します。

このレポートは参考になった

8

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • スタッフやボランティア A
  • 大会の地元への浸透度 B
  • 大会運営全体を通しての印象 B
  • 来年も参加したいですか? C
会場
  • 会場へ(から)のシャトルバス B
  • 会場案内看板や場内アナウンス C
  • 会場のレイアウトと移動経路 C
  • 荷物預かり所 A
  • トイレの配置と管理 C
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリアの管理 B
  • コースは混雑しなかったか? B
  • 距離看板 A
  • 景色など楽しめるコースか? C
  • 沿道での応援 A
  • 給水所の水、スポーツドリンク B
  • ゴール後のドリンクフード A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • ネットやスマホへの記録配信 A
  • 参加賞 C
  • 年代別表彰について B
インフォメーション
  • 大会パンフ(募集要項付き) B
  • 当日案内(ハガキ、封書) C
  • 大会ホームページ B

54.5

私はランネットでエントリーしています。 Jun さん 2017年10月2日 13時22分

このレポートは参考になった

8

Jun さんのその他のレポート

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.5点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上