大会情報

第4回 三宅島一周エコ・ジャーニー遠足45km

開催日:
2023年5月20日 (土)
開催地:
東京都(三宅村)
ユーザー登録大会: あゆもどきさん

種目:ウルトラマラソン(42.195km以上)

--.-

(現在の評価数1人)

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

--.- pt

あゆもどきさんのレポート

波濤を越えて火山の島、三宅島の自然と人との出会いを楽しむ

出場種目: ウルトラマラソン 

22:30、東京竹芝桟橋を条件付で出港。外洋で船が横揺れと縦揺れを繰り返す。起き上がるとウッと来た。5:00三宅島上陸。
 宿でおにぎり2個食べて7:00スタート。三宅島周回道路を時計回りに走り、数カ所で林道や岬に入る。島全体が一つの巨大火山で、ここ百年で4度大噴火。多くの火山災害をもたらした。島は黒い溶岩で形成され海岸も黒一色。ちなみに、温泉も黒かった。
 三宅高校付近で周回道路を外れ太宰治も訪れた大路池を一周。その後、試練の坪田林道へ入る。林道の北側は立ち入り禁止区域。緊張感の中、約490mの七島展望台まで一気に登る。もちろん歩いて。展望台で暴風に変わった。飛ぶように下山。周回路へ入る。
 溶岩の海岸をひた走り阿古地区に入る。一面真っ黒な溶岩流に敷設された木製遊歩道を走る。溶岩の下に400棟が焼失した阿古集落が眠る。昭和58年、記憶に新しい。溶岩に覆われまま今も立ち続ける小学校跡を見て言葉を失った。
 最後に、伊豆岬を走る。流人が伊豆や富士を眺めた海岸を、東京に向かう橘丸が走っていた。流人が見たらチケットを買う。
 そしてゴール。三宅島で命の洗濯ができました。

このレポートは参考になった

3

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • ランナーの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 B
  • 充実した表彰区分 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 B
  • 大会HPの更新 A

92.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 B
  • 会場の盛り上がり B
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A

    三宅島での大会開催そのものが素晴らしい

大会特色ポイント
4.6 pt

■大会のおすすめポイント

次回大会参加者へのアドバイス

・金曜の夜東京出発、土曜朝到着・スタート、夜・打ち上げ、日曜夜東京着。まったく無駄がありません
・村営温泉の「ふるさとの湯」がいい。舐めると塩っぽい、黒っぽい温泉。入浴料500円で空いている
・電動アシスト自転車に乗った軽装の若い女性に注意。スピードが半端ない
・コンビニなし。ATMあり。ガスマスク不要。携帯はつながります
◆大会理念に基づき評価しています
  エコ&ウルトラマラソンを理解して参加者自身が自己主催し
「自然と人との出会いを楽しむ」をコンセプトに、自然を保護し自己責任で行動することが基本の集まりです

あゆもどき 2023年5月22日 17時57分

このレポートは参考になった

3

みんなのレポート

評価者:1人

波濤を越えて火山の島、三宅島の自然と人との出会いを楽しむ

出場種目:ウルトラマラソン

22:30、東京竹芝桟橋を条件付で出港。外洋で船が横揺れと縦揺れを繰り返す。起き上がるとウッと来た。5:00三宅島上陸。
 宿でおにぎり2個食べて7:00スタート。三宅島周回道路を時計回りに走り、数カ所で林道や岬に入る。島全体が一つの巨大火山で、ここ百年で4度大噴火。多くの火山災害をもたらした。島は黒い溶岩で形成され海岸も黒一色。ちなみに、温泉も黒かった。
 三宅高校付近で周回道路を外れ太宰治も訪れた大路池を一周。その後、試練の坪田林道へ入る。林道の北側は立ち入り禁止区域。緊張感の中、約490mの七島展望台まで一気に登る。もちろん歩いて。展望台で暴風に変わった。飛ぶように下山。周回路へ入る。
 溶岩の海岸をひた走り阿古地区に入る。一面真っ黒な溶岩流に敷設された木製遊歩道を走る。溶岩の下に400棟が焼失した阿古集落が眠る。昭和58年、記憶に新しい。溶岩に覆われまま今も立ち続ける小学校跡を見て言葉を失った。
 最後に、伊豆岬を走る。流人が伊豆や富士を眺めた海岸を、東京に向かう橘丸が走っていた。流人が見たらチケットを買う。
 そしてゴール。三宅島で命の洗濯ができました。

総合評価:
92.0点

あゆもどき さん 2023年5月22日 17時57分

詳細を見る

3

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上