大会情報

2018函館マラソン

開催日:
2018年7月1日 (日)
開催地:
北海道(函館市)

種目:ハーフ(21.0975km),フル(42.195km)

84.4

(現在の評価数488人)

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.5 pt
  • RCチップ
  • ランナーズアップデート
  • 大会100撰選出大会
  • 全日本マラソンランキング

ともえさんのレポート

運営体制がすばらしかったです。

出場種目: フルマラソン 

雨のなか、運営スタッフ・ボランティアさん、沿道の方々、ありがとうございました。
 天気予報は数日前から「雨確定」でしたが、当日もHPでアナウンスがあり、参加の判断を迷うことはありませんでした。遠方の方にむけては、もしかしたら、前日とか前々日の広報が必要でしょうか?(当方市内在住)
 今年はペースランナーがあって、5時間を目標にしていた私は、ペースランナーさんの声かけに励まされました。来年も導入を続けてほしいと思います。
 市街地コースでもあり、例年沿道でたくさんの人がいてくれますが、今日の天気でも、最後まで声をかけてくれてうれしかったです。
 地元にとっても、遠来の方にとっても、よきイベントとして続いていくことを願い、自分もいつか走らなくなっても参加したいと思っています。

このレポートは参考になった

4

不適切なレポートとして報告する

■総合評価

全体の感想
  • 次回大会の参加 A
  • 参加料に見合った大会 A
  • スタッフ、ボランティア A
会場
  • 会場へのアクセス A
  • スムーズな誘導、受付 A
  • トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定 A
  • 参加人数に見合ったコース A
  • コースの安全管理 A
  • 距離表示、コース誘導 A
  • コース上の給水 A
記録、表彰
  • ネットタイム計測 A
  • 記録計測、記録配信サービスの充実 A
  • 充実した年代別表彰 A
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内 A
  • 大会HPの更新 A

100.0

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透 A
  • 会場の盛り上がり A
  • 特色あるエイドステーション A
  • 参加賞のオリジナリティ A
  • エコ、環境保護 A
  • 大会独自の取り組み、地元色 A

    観光エリアであるベイサイドを走るコース、エイドのラーメン、海鮮丼、メロンなど、おもてなしの地元企業協力。ホームページでの担当課長の熱きブログ。

大会特色ポイント
5.0 pt

次回大会参加者へのアドバイス

5時間程度で完走するには、ラスト10キロで跨線橋とアップダウンのともえ大橋の「往復」が待っていますので、力を温存しておくとよいと思います。
 晴れていれば、フル20キロあたりでは函館山が、35キロのともえ大橋では港や函館山のふもとの様子、遠く駒ヶ岳の山並みが見事です。

私はランネットでエントリーしています。 ともえ (7680046) 2018年7月1日 17時48分

このレポートは参考になった

4

みんなのレポート

評価者:488人

3年連続フルマラソン出場

出場種目:フルマラソン

1回目は暴風雨、2回目は高温多湿、今年は大雨とまたしても天気に恵まれませんでしたが、そこまで暑くはなく恵みの雨という感じで走れ、自己ベストを更新することができました。

函館マラソンは30キロ以降に橋を計4回渡るためアップダウンがキツいです。今年は最後まで脚を温存し、アップダウンに備えたため昨年度までよりはペースが落ちる事なく走れましたがやはりともえ大橋は今年も難所でした…

しかし、大雨でも沿道の応援が多く、力になり非常にありがたかったです。

また、今年はエイドでチョコレートが出たり、36キロの大エイドではひと口海鮮丼が提供されたりとエイドを楽しみに走る事ができました。

また来年も絶対に参加します!

総合評価:
95.0点

ぎしお さん(7377251) 2018年7月6日 0時34分

詳細を見る

3

ハーフが優遇されている

出場種目:フルマラソン

ハーフの10分後のフルの部に3年連続出場。
最初のうちはハーフとフルの走路がきっちり分けられている(それでも堂々とはみ出しているハーフランナーはいます)が、宝来町のあたりになるとフルのランナーはジグザグ走行を強いられる。給水でもハーフの部のランナーはテーブルの前で立ち止まっているし、速度が合わないフルとハーフのランナーではフルの方は大変なストレスです。急ブレーキでどれだけ負担がかかるのかわかってもらいたい。人それぞれ頑張っているのです。走路ブースを分けてください。
毎年大会アンケートにも記入しているが改善されない。おもてなしブースはおととしにも雨模様の際にどろどろになっていてそんなことわかっているのに長時間走ったランナーにあのどろどろの中を歩いて並べっておもてなしとは言えないと思う。
エイドに豊富な食べ物を並べれば大会の評判がよくなると思っている人が多勢なだけで、それだけに価値の比重を強いるのはいかがなものかと思う。ゴール後の夕張メロンブースも、フルで2時間50分で走っても終了されているって何なんだよ。

総合評価:
53.5点

みやびの同居人 さん(68795) 2018年7月3日 13時11分

詳細を見る

3

悪天候をものともしない応援と運営

出場種目:フルマラソン

今年は朝から悪天候で、雨の中40分程スタートを待っていましたが、気温が高めで風も無く寒くはあまり感じませんでした。
整列場所からスタート場所への移動は以前よりスムーズに行なわれたと感じました。
いよいよ雨が激しくなる中スタートし、時折弱まることもありましたが、漁火通りに入り豪雨となりましたが、幸い風が殆ど無く気温も高かったので寒さは感じませんでした。ポリエチレンビブを着たまま走ったことで雨や風で体温を奪われることが緩和されたのかも知れません。そんな中でも地元の方々の応援は途切れることなく、エイドでは何事も無いかのように給水・給食が用意され、ヨサコイや太鼓などの応援団の方々にも励まされました。エイドは変わらず盛り沢山で、今年は 抹茶チョコも振る舞われ、チーズタルトはイチゴ味もあり、夕張メロンやがごめ丼は朝市で食べたものより上質に感じました。橋の上からは霧の中からクレーンなどが浮き出て見える幻想的な港の風景を見ることができました。ゴール後も記録証の受取などは滞りなく流れました。
道内外の他の大会にも増して改善への意欲が感じられる素晴らしい大会でした。

総合評価:
100.0点

カッツ さん(6782715) 2018年7月3日 21時22分

詳細を見る

2

フルとハーフの経路の見直しの必要性

出場種目:フルマラソン

初めて走りましたが、生憎の雨で函館の景色はそれほどはっきりと見れませんでしたが、函館の魅力が十分に伝わるコースだったと思います。
ただし、前評判通りハーフの後方のランナーがフルの妨害になっており、改善されていない感じがしました。
もし改善できないようなら、以前のようにハーフマラソンだけに戻した方がいいかもしれません。
それ以外はすごく良かったので残念です。

総合評価:
67.0点

ヒストリアン さん(7055872) 2018年7月1日 18時34分

詳細を見る

2

運営スタッフの熱意が伝わる大会

出場種目:フルマラソン

函館マラソンは初参加でした。
マラソン課長のコラムが楽しくて参加を決意しました。

コラム通りにランナー目線の導線や案内に給食関係全てにおいて工夫がされており、ストレスなく過ごせました。

また、土砂降りの中でも沿道で大声で応援してくれる市民の方々ボランティアスタッフの皆さんにも元気をいっぱいもらい完走できました。

エイドも地元の物をたくさん使い、函館をギュッと詰め込んだ感じで楽しみながら美味しく頂きました。

ただ、函館空港近くの折り返し付近でトイレの案内が左に曲がって100mは衝撃的でした!コース上にトイレが細かく設置されているので、余程でない限り利用する方はおられないかもしれませんが、往復で200mはなかなかですね(笑)

色々楽しかったので、来年も参加したいと思える大会でした。

総合評価:
100.0点

ココナッツ さん(7316619) 2018年7月2日 16時2分

詳細を見る

2

超雨w

出場種目:ハーフマラソン

激烈な雨でしたね(;^ω^)
途中、本降りに当たって気持ちがボッキリ折れましたw
コースは路面が荒れて水溜りが酷いところはあるし、場所によってはフルとハーフの混走では危険な感じな場所もありました。
ボランティアの方や観客の方はあのアホみたいな雨の中、ホントにありがとうございます。
ゴール後は完走セットは長蛇の列だし、出店の場所は地面が土なので汚れるのが嫌で入りませんでした。晴れてればいいんでしょうけども。
帰りに函館駅まで向かう市電は雨漏りしてたしエアコンが無いので激熱で参っちゃいましたが。
千代台公園近くに宿が取れたので今年は行きましたが、来年はその辺が取れなかったらどうかなぁ。調子に乗ってホテルは激高な料金だし。

総合評価:
68.0点

でかつ さん(7448452) 2018年7月3日 0時29分

詳細を見る

2

30キロからが・・・!

出場種目:フルマラソン

湯川温泉に前泊して参加。函館は初。マラソン課長の熱いコラムに思わずポチッとエントリーしてしまいました。当日はあいにくの雨でしたが、風はなく気温も低すぎず、濡れることを気にしなければコンディションとしては悪くなかったと思います。フルとハーフが同時開催というレアな大会ですが、遅いブロックでのスタートでしたのでハーフの人とはあまり出会わず気になりませんでした。ハーフの有名どころの招待選手の走りを間近に競技場で見れたのもよかったです。雨対策を再検討する必要はありますがトイレ数や荷物預かり等、参加人数に見合った会場設定だと思います。帰りはJRAまで無料の送迎バスがあって湯川に戻るのに助かりました。
雨にも関わらず沿道の応援も多く、太鼓やダンス、よさこい踊り等に励まされました。コースは後半のご線橋~ともえ大橋のアップダウンをいかに走るかに尽きる。景色は良いし普段走れないところだと思うので次回はもっと余裕を持って走りたい!
塩ラーメンのうずらの卵の殻むきやがごめ丼をひと口サイズに準備するのも大変だったと思います。スタッフ、ボランティアの方々には感謝感謝です。ありがとうございました。

総合評価:
93.5点

RYUZO さん(7519047) 2018年7月4日 13時42分

詳細を見る

2

充実したエイドでコース攻略

出場種目:フルマラソン

過去2回の参加では、エイドを楽しむ気分的な余裕がなく、ほぼエイドを取らなかったせいで、30km過ぎで撃沈! 今回は余裕のペースで全エイドを制覇。そのおかげか、最後まで足は動いて撃沈せずに昨年の記録を30分更新。雨の中有り難かったです。

総合評価:
85.0点

hal さん(7524205) 2018年7月1日 18時13分

詳細を見る

2

土砂降りの余波

出場種目:ハーフマラソン

ハーフオンリーの時代から4年連続4回目のハーフ出場でした。
4年前から一度もまともに晴れたことありませんが、今年は風はあまりなく、気温も高くなく、ただ土砂降りということのみ残念。しかしコースベスト更新しました。
運営の皆さんが、参加者の声に耳を傾けて大会を毎年ブラッシュアップしてる良い大会だと思います。その反面昔のハーフオンリーの時代の硬派な大会からは随分様変わりして、競技者の立場からすると、いささか困惑することもいくつかあります。
それはそれとして、今年のような土砂降りになると運営の皆さんが準備してきたことの半分も発揮できてないんじゃないかと気の毒になりました。
これだけ毎年悪コンディションが続くと開催時期を再考すべきじゃないでしょうか?
ちなみに私は走り終わって15時発の羽田行きの飛行機に乗ろうとした所、濃霧の為に欠航になりました。ちなみに去年は行きの飛行機が函館空港濃霧の為に新千歳着に変わりました。
これだけ天候によるアクシデントが続くと、残念ながら来年以降は参加を見合わさざるを得ません。

総合評価:
79.5点

バビロン5世 さん(6134542) 2018年7月1日 19時9分

詳細を見る

2

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.3点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.4点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
4 85.9点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上
5 85.4点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上