大会情報

第25回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

開催日:
2019年5月19日 (日)
開催地:
長野県(南牧村・小海町・北相木村・南相木村・川上村)

種目:100km,71km,42km

73.1

(現在の評価数129人)

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.4 pt
  • RCチップ
  • ランナーズアップデート

評価&ランキング

みんなの評価

全体の感想
  • 次回大会の参加
  • 参加料に見合った大会
  • スタッフ、ボランティア
会場
  • 会場へのアクセス
  • スムーズな誘導、受付
  • トイレ、荷物預かり、更衣室
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定
  • 参加人数に見合ったコース
  • コースの安全管理
  • 距離表示、コース誘導
  • コース上の給水
記録、表彰
  • ネットタイム計測
  • 記録計測、記録配信サービスの充実
  • 充実した年代別表彰
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内
  • 大会HPの更新

大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透
  • 会場の盛り上がり
  • 特色あるエイドステーション
  • 参加賞のオリジナリティ
  • エコ、環境保護
  • 大会独自の取り組み、地元色

大会のおすすめポイント

みんなのレポート

評価者:129人

コース変更は自分にはキツかった

出場種目:ウルトラマラソン

台風の影響で、一部コース変更になり
高度は無いがコースのアップダウンが少しあったので・・・
以前は、定速で登って1,900mからの位置エネルギーを利用し
一気に下る事が出来て距離を稼げたのですが
(また、トレランで楽しい箇所だった。)
今回は、地味に足を使わされた印象でした。

60kmまでは、調子良かったのですが・・・
一昨年、同様お腹を壊し、なんとか完走。

言っても100kmの長丁場で、ちょっとアクシデントがあると完走も危ういです。

縦にゆれると、出ちゃいそうなので(笑)
馬越えの下りから、ひたすら早歩き・・・
馬越えからのトイレはスタンプラリーを作って欲しいほど全制覇。

90kmからは、バンバン抜かれるし、風が吹いて寒いわで
散々な年でした。(辛いだけでなんも面白くない)
若干、フテ気味でゴール。当然トイレへ直行。
ただ
記録証をもらう際、坂本トレーナーがいらっしゃって
ガッチリ握手をしてくれ
なんか、その手の力強さに救われました。

総合評価:
68.0点

たたみいわし さん(7156510) 2019年5月20日 11時35分

詳細を見る

6

地獄を見た

出場種目:ウルトラマラソン

初めてウルトラマラソンに出場した大学生です。フルをサブスリーで走れるからウルトラも走れるだろという軽い気持ちでスタートしました。しかし70キロすぎから馬越峠で歩いてしいました。僕はか細いから抜かされるおじさん達に絶対ゴールできないよとネガティヴな事を走ってる最中たくさん言われましたが、ラスト10キロの登りは「メダル、就活、承認欲求」という意味不明なことを唱えながら今まで僕を抜かしていったおじさん達を抜かし返しました。ゴール手前100メートルで人生で初めて感動の涙が出ました。

総合評価:
100.0点

あっきー さん(9098903) 2019年6月19日 9時46分

詳細を見る

4

去年のリベンジができました!

出場種目:ウルトラマラソン

去年は、馬越峠の関門を通過できず、リタイアの至福を味わってマイクロバスに揺られ、ゴールに帰ってました。すぐに今年のリベンジを誓い、フルマラソンを4回走り、坂道上り下り走を中心に走り込みました。やはり走った距離は、結果を出してくれました。
完走メダルをかけてもらった時は感激しました。去年のリベンジはできましたが、来年も参加するかどうか迷っています。来年は64歳になるので⁉️

総合評価:
100.0点

ヒロシ さん(19669) 2019年5月22日 22時12分

詳細を見る

4

今年は失敗98Km-DNF

出場種目:ウルトラマラソン

素晴らしい大会です。一度失敗するとリピータになります。
平地でエリートの方にはそれほど難しい大会ではないのかもしれませんが、人によっては空気の薄さがかなりパフォーマンスに影響すると思います。10回完走されているデカフォレストの方の偉大さを真に感じます。わたしの場合10回完走には20年ぐらいかかるかなぁ。
失敗を繰り返すたびに経験と技量が上がって成長できる大会でもあると思います。でも加齢による低下と経験による向上のどちらが勝るかがこれからは気になるところですが。

総合評価:
85.5点

レシルフィード さん(7954307) 2019年5月26日 14時1分

詳細を見る

4

2年連続2回目の出場

出場種目:ウルトラマラソン

昨年のタイムから50分程度早く、完走できました。
天気にも恵まれました。
昨年からコース変更があり、若干、コースは楽になった気がします。
アーリーエントリーで貰ったバスタオルに非常に満足です。
昨年、携帯できるエイドの位置も記したコースマップが非常に役立ちましたが、今年はありませんでした。来年は是非、準備して欲しいです。
以下、10キロ毎の感想です。
〜10キロ
上り基調。アップの感覚。
〜20キロ
今年から前半は下り基調。
後半は傾斜の高い坂上あり。
〜30キロ
トレイルっぽい上り基調。
〜40キロ
ほぼ、下り。ここで飛ばす!
〜50キロ
下り&フラット。ここでも飛ばす
〜60キロ
折り返しがあり、単調。
〜70キロ
65キロからは上り。
〜80キロ
馬越峠。基本は歩き。
〜90キロ
ほぼ下り。ここでは飛ばす。
〜100キロ
上り基調。自分との闘いで、基本は歩く。
私は下りが得意なので、下りで時間を短縮し、上りは歩くという作戦でした。
来年も参加し、感動を味わいたいと思います。

総合評価:
97.0点

untoshi さん(8248066) 2019年5月20日 6時31分

詳細を見る

4

野辺山に感謝

出場種目:ウルトラマラソン

去年に続き、2度目の参加です。
いろんなウルトラレースに出てきましたが、やっぱり野辺山が一番!!

何が一番かというと、

■景色
■コース
■辛さ
■地元密着感
■ボランティアさんの熱意
■沿道の声援
■感動

全てが素晴らしい。

本当に感謝しかありません。
ありがとうございました!!

総合評価:
95.0点

ebisawa13 さん(8800153) 2019年5月20日 15時21分

詳細を見る

4

25回大会スペシャルコース、でもやっぱり国内屈指の難コース

出場種目:ウルトラマラソン

過去5回他の100kを経験した上で、満を持して「あの」野辺山にチャレンジしました。
今年は特別に(^_^)前半のトレイル区間を迂回するルートになったそうです。しかし、それでも17~36kmはいつ果てることのないアップダウン、37kmから10kmに渡るダウンヒルですっかり脚を使い果たしました。50~71kmはまあ平穏でしたが、そこから最難関の馬越峠や90~97kmあたりの終盤にあるまじき登りなど心を挫くポイントが満載です。やはり国内屈指の難コースであったと思います。
しかし今年は本当に天気に恵まれ素晴らしい景色を堪能しました。マラソン抜きでも再訪したくなりました。

残念だったのはコース途中で立ち小便しているランナーをぼちぼち見かけたこと。歴史が長い分過去の慣習をひきずっているのかもしれませんが、気持ちのいいものではありません。参加者各人の自覚を促したいです。

総合評価:
77.0点

kamsky さん(7161635) 2019年5月22日 1時0分

詳細を見る

4

初の野辺山、初の100Km

出場種目:ウルトラマラソン

直前までころころ変わる天気予報にどうなることやらと不安でしたがスタートしてみたら青空に映える美しい八ヶ岳が目を楽しませてくれました。
大会1週間前から禁酒、カフェイン抜き、睡眠をたっぷりとって万全の調子で挑みましたが10km過ぎから胃腸の調子が悪くなり、固形物が全く食べられず、常に吐き気との戦いでした。口に出来たのは水とコーラ、87kmエイドのグレープフルーツだけでした。リタイアを考えましたが行ける所まで頑張ろうと気持ちを奮い立たせ97km地点でタイムアウトとなりました。

沿道の暖かい応援、特に50km過ぎからの私設エイドには何度も助けられました。ボランティアさんや大会スタッフにも元気をもらえました。どうもありがとうございました。

こんな辛いコースはもう二度と走りたくないと思っていましたがやっぱり完走したい!来年またチャレンジします!共に悔し涙を流した友達とこれからの1年しっかり練習して挑みます。

総合評価:
100.0点

Yukawa さん(6849387) 2019年5月22日 15時11分

詳細を見る

4

タフなコース

出場種目:ウルトラマラソン

100Kに初参戦。思った以上に起伏がきつく、事前に故障などでアップダウンの練習が不十分だったこともあり、50Kの下りで大腿四頭筋がきつくなってきた。70Kからの登りは何とか登り切ったが、そこからの下りで止まった。すでにもも前はパンパンで、完全にペースミス。下りでまったく足が動かないどころか、モモ前が悲鳴を上げ、これは完走も無理かと一瞬頭がよぎったが、痛みに耐えて下りきり、残り10Kも地獄を見た。当然ですが、事前にしっかりアップダウンを走り、足を作って挑まないと、地獄を見るコースです。ゴール後はケッズスポーツマッサージさんにお世話になりました。ありがとうございました。ゴール直後は、二度と無理と思いましたが、やっぱりリベンジに挑みたいと思います。

総合評価:
76.0点

Y.KONDO さん(7757) 2019年5月23日 16時48分

詳細を見る

4

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.7点 第12回 徳島・海陽 究極の清流 海部川風流マラソン (徳島県)
2 92.3点 第58回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 89.3点 第69回 別府大分毎日マラソン (大分県)
4 86.1点 北九州マラソン2020 (福岡県) 参加者7千人以上
5 85.4点 第68回勝田全国マラソン (茨城県) 参加者7千人以上