大会情報

第22回ハイテクハーフマラソン

開催日:
2022年1月9日 (日)
開催地:
東京都(北区)

種目:ハーフマラソン(21.0975km)陸連登録の部,【プレミアムランナー】ハーフマラソン(21.0975km)陸連登録の部,ハーフマラソン(21.0975km)一般の部,【プレミアムランナー】ハーフマラソン(21.0975km)一般の部,10km 陸連登録の部,【プレミアムランナー】10km 陸連登録の部,10km 一般の部,【プレミアムランナー】10km 一般の部,2kmペアラン

67.2

(現在の評価数354人)

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

3.6 pt

評価&ランキング

みんなの評価

全体の感想
  • 次回大会の参加
  • 参加料に見合った大会
  • スタッフ、ボランティア
会場
  • 会場へのアクセス
  • スムーズな誘導、受付
  • トイレ、荷物預かり、更衣室
  • 感染症対策
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定
  • 参加人数に見合ったコース
  • コースの安全管理
  • 距離表示、コース誘導
  • コース上の給水
記録、表彰
  • ネットタイム計測
  • 記録計測、記録配信サービスの充実
  • 充実した年代別表彰
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内
  • 大会HPの更新

大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透
  • 会場の盛り上がり
  • 特色あるエイドステーション
  • 参加賞のオリジナリティ
  • エコ、環境保護
  • 大会独自の取り組み、地元色

大会のおすすめポイント

みんなのレポート

評価者:354人

気持ち良いコースでした

出場種目:ハーフマラソン

常連のラン友に誘われて初参加でしたが、当日は快晴だったお陰もあり、とても気持ち良く走れました。
欲を言えば、参加者が多い故の窮屈感が否めなかったですが。
個人的にはレースに向けての練習開始が一月前だった事もあり身体づくりが追い付かず、ベスト体重より1kg以上多い状態でPBに11秒足りなかったのが心残りでしたが次回に向けての宿題にします。

総合評価:
95.0点

浅見 恵介 さん 2022年7月4日 10時50分

詳細を見る

1

ハーフマラソン初参加

出場種目:ハーフマラソン

還暦の正月にハーフマラソン初参加でした。
ずいぶんと密でしたので、対岸の川口で自転車をやっていた友人からも驚いたと言われました。スタートしてからスタート地点まで2分半。その後も混んでいたので、3kmあたりまではやぶのようなところを走っていました。コースはフラットで、天候もよく、走りやすかったので、目標の2時間を10分ほど上回る自分にとっては快走でした。それでも、上位7割にぎりぎり届かないくらいでしたので、レベルの高い大会と感じました。

総合評価:
55.4点

sgtkeroro さん 2022年6月11日 23時41分

詳細を見る

0

道が狭い

出場種目:ハーフマラソン

知識不足、準備不足の状態だった自分にも非があるが、まあ道か狭くてスタートが混雑していた。15分前にスタートへ行ったが、その時点で多くのランナーが並んでいて、実際に号砲が鳴ってからスタートライン通過までに50秒かかった。道が狭いため、抜かそうにも抜かせず、最初の3-4kmはずっとストレスフルだった。ファンランの人には良いと思うが、公認タイムを狙うにはハードルが高い。
また、一部の選手は遅く来ていながら普通に前方へ割り込んでいるため、そういう図々しいことができない人からしたらイライラする。

自分は記録を狙う以外でハーフマラソンは出ないし、スタート30分前から並ぶ気概も前に割り込む図々しさもないから、スタートをタイム順で並べない限りこの大会は二度と出ない。大会自体のクオリティは高いと思う。

総合評価:
78.0点

ニックネーム未登録 さん 2022年4月4日 15時46分

詳細を見る

0

初参加でした

出場種目:ハーフマラソン

このご時世であまりない陸連公認のコースが走れる大会。
参加人数が多く、久々に緊張感のある大会でした。

荒川沿いのフラットコースで、当日は天候も良く、向かい風もほとんどなしと絶好のコンディションでした。

陸連公認ということもあり、シリアスランナーも多く、青学・駿河台など現役の学生駅伝ランナーに加え、男女実業団ランナーも参加されており、非常にレベルの高い大会でした。


良かった点、気になった点は↓

■良かった点
・コースがフラットで走りやすい
・大規模大会だけあって運営がしっかりしてる
・トイレの数が多い

■気になった点
・ウェーブスタートのカテゴリ分けが大雑把でスタートが大混雑
→スタートの混雑影響をもろに受けると、自己ベストは
 狙えないので要注意
・コースが単調でシティマラソンに比べ飽きやすい
・エイドもシリアスで遊び心は期待できない(笑)

色々言いましたが、こんなご時世でもしっかり対策して開催してくれた事に、運営さんからボランティアの皆さん、地元の方々に対して感謝しかありません。

ありがとうございました!

総合評価:
42.1点

MA2 さん 2022年2月4日 22時18分

詳細を見る

0

第22回ハイテクハーフマラソン

出場種目:ハーフマラソン

例年は本大会よりも2週間ほど後の赤羽ハーフマラソンに出ていたのだが、昨年は中止、今年は10km代替イベントということで初めてハイテクハーフに参戦。コースは全く同じだが、赤羽ハーフマラソンよりも参加者が多く、荷物管理もしっかりしている印象。
河川敷の単調なコースで、9km付近登り、10.5km付近(折返しで下り、昇り)、12km下り以外はフラットコース。
走って楽しいというよりはタイムを出すためのコースと言える。
コロナ前なら赤羽のハーフ走って、銭湯いって、赤羽の街で千ベロ×4件とかやってたんだけど、今年はそういうことは一切なし。着替えもせずに帰宅後のお風呂。完走メダルもらえたのはうれしい。

総合評価:
88.0点

ぐんじょういろ さん 2022年2月2日 15時53分

詳細を見る

0

レベル高い

出場種目:ハーフマラソン

青学の選手や、有名ユーチューバーなども出場していてレベルの高い大会だと思います。
また参加人数も多く、コース自体はフラットで走りやすいので、自分にあった集団を見つけるとPBを狙えるレースです

総合評価:
100.0点

ノリル さん 2022年1月30日 22時37分

詳細を見る

0

安心して参加できました

出場種目:10kmマラソン

10キロの部に参加。マラソン大会などに参加すること自体初めてでしたが、ゼッケンなどが事前に郵送されてきていたため、当日の行動を事前にイメージしやすかったです。来年はハーフマラソンに参加したいと思います。

総合評価:
100.0点

渡辺文重 さん 2022年1月28日 23時27分

詳細を見る

0

箱根11区

出場種目:ハーフマラソン

久しぶりの本格的なレースでした
自分を含め、参加ランナーも例年以上に喜び感じて走っていた気がします
今年は箱根11区で青学のランナーの迫力を感じることも出来、最高でした

総合評価:
97.0点

coconopapa さん 2022年1月24日 18時47分

詳細を見る

0

スタート時の混雑さえなければ最高な大会

出場種目:ハーフマラソン

10kmの部は想定タイム事に整列していましたが、ハーフの部はそれもなく。。エントリー時に申告タイムを記入したはずですが、関係ないんですね。それだけが残念ポイント。
コースもフラットなので、スタート時のタイムロスさえなければいいタイム出ると思います。

あと、RUNNETと連携が出来ていないようで、RUNNETの「出場大会の結果」から結果を確認することが出来ないのも不便。日本ハーフマラソンランキングの対象外の大会なのもマイナス点かな。

総合評価:
58.0点

マモ吉 さん 2022年1月18日 16時47分

詳細を見る

0

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.9点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
4 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
5 89.2点 金沢マラソン2022 (石川県) 参加者7千人以上