大会情報

ゲレンデ逆走マラソン2017 雨季ウキ高地レース

開催日:
2017年7月2日 (日)
開催地:
福島県(猪苗代町)

種目:10km,5km

82.3

(現在の評価数21人)

評価&ランキング

みんなの評価

全体の感想
  • スタッフやボランティア
  • 大会の地元への浸透度
  • 大会運営全体を通しての印象
  • 来年も参加したいですか?
会場
  • 会場へ(から)のシャトルバス
  • 会場案内看板や場内アナウンス
  • 会場のレイアウトと移動経路
  • 荷物預かり所
  • トイレの配置と管理
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリアの管理
  • コースは混雑しなかったか?
  • 距離看板
  • 景色など楽しめるコースか?
  • 沿道での応援
  • 給水所の水、スポーツドリンク
  • ゴール後のドリンクフード
記録、表彰
  • ネットタイム計測
  • ネットやスマホへの記録配信
  • 参加賞
  • 年代別表彰について
インフォメーション
  • 大会パンフ(募集要項付き)
  • 当日案内(ハガキ、封書)
  • 大会ホームページ

みんなのレポート

評価者:21人

辛いです。

出場種目:その他

ほぼ登山!
ゲレンデ逆走マラソンの中でも辛いです!

総合評価:
81.1点

まりこ さん 2017年9月17日 15時25分

詳細を見る

0

コースは全6戦のうちで「箕輪」がいちばんキビシイかも…。

出場種目:10kmマラソン

箕輪スキー場での参戦は3回目、今年も10キロの部にエントリー。

制限時間2時間のところ、一昨年はぴったり2時間…。去年はなんとか2分の猶予でフィニッシュ。去年と同じペースで頑張ろうと思ったいたところゴール前に「びくとりぃロード」なる300メートルほどの花道コースが追加。こんな「聞いてないよ」な気まぐれコース変更も逆走マラソンの醍醐味(?)。

コース中盤の長さ1.1キロ。平均22度の「エンジェルストリート」。去年までは霧で曇っていて永遠に続くかのようで心折れましたが、今年はふもとから頂上が見え、その遥か遠さにまたまた心が折れました。ただ、下から上から、はたまた横を下ってゆく林道コースから聞こえてくるランナー同士のファイトですコールに励まされ、無事にコースを2周してフィニッシュ。去年より5分のタイム短縮に成功。

コースのきつさは正真正銘なのですが、ゴールされるランナーみんな笑顔なんですよね。1度出場してすっかり逆走中毒?になるかたも多いようで、わたしもこのレースが続く限り、自分の体力が続く限り出走し続けると思います。

総合評価:
82.1点

けんゾー さん 2017年7月8日 19時24分

詳細を見る

5

久しぶりに限界を体験

出場種目:10kmマラソン

その名の通りゲレンデを逆走(8の字に2週)するのですが、頂上の手前がとても急で心が折れそうになりました。
2週目の登りは「これは修行だ」と言い聞かせ般若心経を心の中で唱えながら登るとすこし楽になりました(笑)
トレランとはまた違って楽しかったです。
来年も是非参加してみたいです。

総合評価:
92.2点

ライダー さん 2017年7月7日 18時44分

詳細を見る

4

大変です。ゲレンデ逆送マラソンにはまってしまいました。

出場種目:5kmマラソン

蓑輪は4回目でこの逆送マラソンにはまって4年です。
昨年は雨の中ずぶ濡れで楽しかったです。今回は雨は降らず暑くもなく、風が心地よく、頂上からの景色は素晴らしく、過酷で苦しかったですが、楽しかったです。スタート前面に立ちはだかる登り坂に大いに躊躇しましたが、とりあえずスタートしました。すぐに心臓バクバクになりましたがスタッフさん、ボランティアさん、見知らぬ選手の方が声かけや名前を呼んで下さったので諦めずに完走出来ました。ゴール時の達成感爽快感ははんぱないです。更にMCの大森さんがゴールする選手の名前をコールして下さるのでとても気持ち良いのです。帰りは充実感と幸福感でいっぱいになります。
ゆるゆるからガチのアスリートまで、老若男女幅広く楽しめ挑戦できる大会。
一度HPのブログやFacebookを見てください。ブログは笑えるし、Facebookには全選手ひとりひとりが何枚も数十枚も写った膨大な量の写真が載っています。数人のカメラマンさんと某ホテルの総支配人さんが撮影しています。総支配人さんはMCもこなします。
次回は8月5日に沼尻スキー場で駅伝です。10kmソロに参加予定です。

総合評価:
97.0点

いつもニコニコ炭水化物 さん 2017年7月6日 2時49分

詳細を見る

5

平均斜度と登りの距離では逆走レースの中でも上位の部類

出場種目:10kmマラソン

大会評価はあくまで参考にしてください。基本的に通常のロードの大会と単純比較は難しいです。
大会運営はアットホームではありますが、準備や受付や、コースの安全性の確認などは万全です。親しみやすいのがこのゲレンデ逆走マラソンの良いところでもあります。
今回は10キロの部にエントリーしました。
おそらく85分から90分位のタイムだろうと思いましたのでレースに向けたトレーニングも15~16キロ(出来るだけアップダウンのあるコース)のペース走中心にやりました。
それでもレース後3日経ちましたが、脚へのダメージはまだ残っています。まだジョギングペースでしか走れません。
自分なりの感覚ではロードの1.5~2倍程度の負荷が掛かるように感じます。
でも、逆走マラソンは本当に面白い!
特に夏の時期はロードレース大会が少なくなりますので、秋以降のマラソンシーズンに向けての調整練習だと思うと良いかもしれません。
ただし、しっかりトレーニングを積まないままレースにでると故障の原因になりかねませんので、しっかり準備した段階でのエントリーをオススメします。
良い大会です!

総合評価:
75.1点

ゲレンデ逆走大好き さん 2017年7月5日 23時4分

詳細を見る

4

分かっちゃいるけど

出場種目:10kmマラソン

毎回、きついのは分かっているが、やめられない。頭がおかしくなっているのか。スタート数分後にはエントリーを後悔する。今年は雨でなく、景色もよかった。最後登らせるのは、泣きそうだったが、結果的には良かったと思う。ゴールすると「楽しかった」と感じるのはやはり頭がおかしくなっているのか。どちらかというと、登りより下りで足の指を毎回負傷してしまい、下りで辛い思いをする。十数年前、憧れだったプルミエール箕輪のおふろにも入れて、最高だった。また都合がつけば出たいと思う。頭がおかしくなっているようだ。

総合評価:
88.0点

キャスバル兄 さん 2017年7月5日 13時46分

詳細を見る

3

登りの訓練に最適なレース

出場種目:10kmマラソン

10Kという距離の特性かあまり申し込みが多くない印象があるが、侮るなかれ、このゲレンデの逆走は通常のトレランの30~40Kレースと同等の負担及び疲労感を感じることができる。30℃近い傾斜をひたすら直線的に登るのはキツイというか地獄というか、むしろ天国!?笑うしかなかった。エンジェルロードと呼ばれるのもうなずける。さらに、ゴール直前でUターンさせてもう一度ゲレンデの途中まで登らせるので、これを楽しめる人は変態かもしれない。登りが苦手な人の訓練にも良し、登りが得意な人は能力を存分に発揮するも良しだ。ゲレンデといってもきれいなターフの坂ではなく、ところどころに突き出た岩、窪みなどがありトレランシューズと足さばきなどの技術も必要でした。大会の雰囲気はアットホームでほとんどの選手が最後まで参加していた。復興イベントも兼ねているのであればもっと他県からの参加が増えたらいいなと感じました。

総合評価:
88.0点

社団法人ランナー さん 2017年7月5日 5時23分

詳細を見る

3

雨季ウキなのに雨が降らず(笑

出場種目:10kmマラソン

珍しく雨が降らず上方の景色が見えたので、かえってこれまでより登りが長く感じた。
でも、標高が高いので山頂付近は風も涼しく、下りは快適でした。
ビクトリーロードは意見が分かれる所ですが、個人的にはもっと登らせてもよかったかも。

総合評価:
73.0点

わたまる さん 2017年7月4日 23時0分

詳細を見る

3

2度目のゲレンデ逆走レース

出場種目:10kmマラソン

昨年10月の大会に初出走。
普段ロードでは『下りが得意』なので、下りを制すれば上位も狙える!、とのアドバイスをもらって望みましたが、ゲレンデの斜度の半端なさにビビりまくり、小鹿のように降りるしかありませんでした。

そんなこともあり、今年10月はリベンジと思い、慣れないといけないと思って今回のレースに参加。

いきなりゲレンデを駆け上がる(歩く)んですが、記憶以上にキツイ。
登り切って下ると、さらに長い登り。登りながら、もう1周するんだよな、とつい思ってしまうが、雑念を振り切り、黙々と歩き続けました。

登り切ると一気に下る。最初の斜度は恐怖を感じます。次期傾斜がやや緩くなり(ロードではありえない斜度ですが)慣れても来るので、楽しく下ります。

2周で10キロちょっと。かなりいい練習?になります。脚が鍛えられます。

運営スタッフの方々はアットホームでとても楽しく、良い大会です。

ただ、ロードしか走った事がないランナーで『登り・下りが得意』と自負している方は鼻をへし折られると思います。ぜひ腕試し(脚試しか?)にでてみてはいかがでしょうか?!

総合評価:
78.0点

たかし さん 2017年7月4日 12時8分

詳細を見る

4

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上