大会情報

第53回青梅マラソン

開催日:
2019年2月17日 (日)
開催地:
東京都(青梅市)
ユーザー登録大会: 野武士さん

種目:10km,30km

66.9

(現在の評価数121人)

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.3 pt

評価&ランキング

みんなの評価

全体の感想
  • 次回大会の参加
  • 参加料に見合った大会
  • スタッフ、ボランティア
会場
  • 会場へのアクセス
  • スムーズな誘導、受付
  • トイレ、荷物預かり、更衣室
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定
  • 参加人数に見合ったコース
  • コースの安全管理
  • 距離表示、コース誘導
  • コース上の給水
記録、表彰
  • ネットタイム計測
  • 記録計測、記録配信サービスの充実
  • 充実した年代別表彰
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内
  • 大会HPの更新

大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透
  • 会場の盛り上がり
  • 特色あるエイドステーション
  • 参加賞のオリジナリティ
  • エコ、環境保護
  • 大会独自の取り組み、地元色

大会のおすすめポイント

みんなのレポート

評価者:121人

ランナーキャパオーバーを承知した上で参加しましょう

出場種目:30kmマラソン

2年ぶりの30キロ参加でしたが、走路混雑はよりひどくなっていた印象です。ストレスなく走れたのは折り返し以降でした。しかし、これが青梅マラソンの現状です。それが嫌ならエントリーしないことです。年に一度の自然豊かなコースでの30キロ走、私はあらゆる事象を飲み込んで喜んで走らせて頂いております。笑顔で接して頂いたスタッフの皆さま、沿道であつい応援をしてくださった地元の皆さま、素晴らしいひとときをありがとうございました。

総合評価:
42.5点

レッドベレーねこ さん 2019年2月17日 20時42分

詳細を見る

8

ながらスマホは止めろ!

出場種目:30kmマラソン

青梅30kmは22回目の完走でした。狭いoneway折返しコースですから、TOPランナーから最後尾までのランナーと至近距離ですれ違う。これが青梅の醍醐味だと思って参加し続けています。遠くを見れば山の稜線もきれいですし、今回は空もきれいでした。沿道の応援も温かく、来年も参加します。
一方、ランナーのマナーは年々落ちています。特に今年は強く感じました。
序盤2km位のところで、大混雑の中、4人の集団が明らかに周りのペースより遅く走っている。「迷惑な奴らだ」と思って抜いたら、集団の右前の女性がスマホを操作しながら走っていました。「遅い集団走だけでも迷惑なのに何をしてんのか!」って感じ。また11km地点では前のランナーがスマホを落とし、体を急転させて私の足元に突っ込んできました。本能的に避けましたが、ぶつかってもおかしくなかった。「一方通行の道で急にUターンするなんて!」って感じ。写真を撮りたかったり、何か操作したい気持ちはわからないでもありません。でも、それならコースアウトして周りに迷惑をかけないようにするのが当たり前でしょう。
レース中にかかわらず「ながらスマホ」は止めろ!!!

総合評価:
64.5点

ふぁんたじすた さん 2019年2月19日 8時54分

詳細を見る

7

13年ぶりに青梅路へ

出場種目:30kmマラソン

青梅は4年前に10キロに出場しましたが、30キロは平成18年以来となりました。懐かしい思いで完走しました。昔は完走メダルは無かったのでうれしく思いました。
東京マラソンが始まる前はこの青梅マラソンが日本一の大規模マラソン大会として一度は出たい憧れの大会でした。まだ携帯やスマホが無い時代でしたから申し込みは往復ハガキでの申し込みでしたがなかなか当たらず30キロに初当選したのは平成2年のことでした。
今回で8回目の30キロ完走となりました。一番キツかったのが雪が降る中走ったことがありましたけど寒さでは一番キツかった大会でしたね。
今回は昔からある大会だけに?コース上のトイレが少なくて参りました。
残念な点もあり、大会前日にあったパスタパーティは無くなったみたいです。あとはゴール地点も鉢植えとか無くなって質素な感じになりましたね。
記録計測はニシスポーツで昔からランナーズチップの計測は無いですね。なんででしょうね?
参加賞Tシャツとゼッケンは会場で引き換えが必要です。水色の爽やかなカラーですがプーマのTシャツは珍しいと思いました。

総合評価:
88.5点

カトちゃん さん 2019年2月18日 23時1分

詳細を見る

6

ネームバリューと地元民の善意に甘えた大会

出場種目:30kmマラソン

ネームバリューにひかれて出場しましたが、運営が最低でした。私設エイドなど地元民の善意のおかげで好印象で帰るランナーが多いでしょうが、それであれば大会参加費7000円は異常と言えるほど高いと思います。

・東京から約80分のド田舎でアクセスが悪い上にJRなので運賃も高い
・荷物預かりが抽選かつ+500円かつメイン会場から遠い
・青梅市総合体育館で寒さはしのげるが、狭すぎてストレッチも難しい
・トイレが明らかに参加人数に対して不足
・コースがランナーに埋め尽くされていて距離掲示やエイドを見落とすこともあった
・タイムのサバ読み、対象ブロックより前からスタートしてるランナーが多すぎる(なぜ1000人以上抜かなければならないのか?)
・エイドは箇所が少ない上に量も少ない(私設エイドが無ければDNFがもっと多いと思う)
・センターラインに突っ立ている審判員が一番危険(最近流行りのキレる老人もいた)
・完走メダルは10kmとデザインが同じ
・参加賞のTシャツがダサい(別料金を取られるBEAMSのTシャツは良かった)
・Qちゃんとのハイタッチだけが、唯一の良い思い出

総合評価:
15.5点

ニックネーム未登録 さん 2019年2月17日 21時4分

詳細を見る

5

良い大会なのでしょうが・・・

出場種目:30kmマラソン

初参加でした。

古い大会ということで、地元にも根付いており、
お祭り的な雰囲気が感じられました。
ゲストの方々も豪華で申し分ありません。

ただし、これらの良さを踏まえても参加者の多さには辟易します。
スタート前の待合所として、体育館がありましたが、通路に至るまで人がひしめき合うひどい環境。っていうか普通に来たらスペースなんてない。
コースも、30kmで10000台スタートではゴールまで8割以上はコースの混雑でまともに走れません。
そのせいかもしれませんが、10000台ランナーに10kmもしないうちに抜かれる5000以下のランナーなど、虚偽申告も目立ちます。(道が狭いので、虚偽申告ランナーが混雑を引き起こす悪循環)

ある程度の実力があれば混雑の影響は少ないのでしょうが、
私のレベルでは混雑でまともに走れないので、参加定数が半分くらいにならない限りはまた参加したいとは思いません。

総合評価:
35.5点

ヒコ さん 2019年2月18日 20時38分

詳細を見る

4

青梅マラソン祭りを楽しむべし

出場種目:10kmマラソン

市民マラソンの原点です。真剣勝負もいいけれど、やっぱり楽しいことが一番。こんな平和で温かい大会はなかなかないです。キャパオーバーとか言ってはいけません。だってそれが青梅マラソンだからです。私には何一つ不満はありません。みなさん、また来年元気にお会いしましょう!

総合評価:
100.0点

にっしー さん 2019年2月18日 19時57分

詳細を見る

4

好天に恵まれたくさんの応援を受けながら楽しく走れました

出場種目:30kmマラソン

毎回参加していますが、今回は好天に恵まれ寒さも和らぎ、沿道から沢山の熱い応援を受けながら景色の良い青梅路を楽しく走ることができました。 このマラソン大会の良いところは詳細で沢山述べますが、ここでは改善して欲しい点を挙げます。
<改善して欲しいところ>
・参加者多く体育館が満員で大混雑
・号砲からスタートラインまで4分近くかかった
・ランナー多く、コースが狭いのでマイペースで走れない
・スタート前20分からトイレが大行列
・コース途中のトイレも少なく行列
・給水所では給水が間に合わず給水待ちあり
・完走証が即時発行されない
・帰りの河辺駅も入場制限で行列あり

総合評価:
52.0点

元気オヤジ さん 2019年2月19日 18時3分

詳細を見る

3

3年連続参加 スタッフ・沿道の応援に感謝

出場種目:30kmマラソン

3年連続参加。年々ゴールが遅くなってます。
スタッフ・沿道の応援 私設エイドを出していただいている方達
有難うございます。
運営は、参加人数を抑えないと 歴史のある大会も残念な大会になってしまいます。
ランナーのマナーも年々悪くなってます。
道幅が狭いのに、3、4人横並びでゆっくり話しながら走っている奴ら
スマホを操作しながら それも落として急に止まる バカ者
もっとマナー良く走ろう

総合評価:
51.0点

88 さん 2019年2月19日 14時37分

詳細を見る

3

虚偽申告ランナーって恥ずかしくないのかね?

出場種目:30kmマラソン

人気のある伝統の大会。ゲストも豪華で地元の方のおもてなしもサイコー。でもやはり参加人数の多さに伴うスタートからの混雑渋滞については大会サイドも真剣に考えるべき。あまりにも遅い虚偽申告ランナーが恥ずかしげもなく走っており沢山の人がスタートから思うように走れずイライラが募っている状況、もってのほかはながらスマホランナー(ながらスマホなんて発見次第失格とすべき) 。参加人数をコントロールするよりウェーブスタートや記録証の提示(少なくとも2時間半以内)を取り入れて少しでも走りやすくして欲しい。手間は増えるが大会サイドも常により良い大会運営を考えていただきたい。ところで虚偽申告ランナーはどの大会でもいるけどスタート後沢山のランナーにガンガン抜かれて恥ずかしくないのかね?

総合評価:
80.5点

妖怪ぬらりひょん さん 2019年2月19日 16時40分

詳細を見る

3

普段滅多にしないことすると「青」ざめることになる……

出場種目:30kmマラソン

4年連続出走、毎年タイムが良くなり今年はAブロック😆ゲストの高橋尚子様や野口みづき様が身近に見える!会場最寄りの河辺駅は小さいのに間違いなく一年で最多乗降客数、ホームに人が溢れる🙎当日は河辺小学校が受付、貴重品預り100円、荷物は更衣室体育館に置く。仮設トイレで用を足しジョグで1km先スタート地点へ。コースは青梅街道奥多摩へ行って帰る単純道程、行きは登り基調帰りは下りだ。でも21km付近で長い登りが心身を試す👊22km地点でQ様とハイタッチで元気もらう……前半少し飛ばしたツケが後半に……いつ歩こうか泣きそう😢 街中入ってから長い……最後の角を曲がり脚がつり始めた……後ろから猛ダッシュ音、ダッシュ合戦を制した!相手のうめき声が……至福かつゲロゲロだ😱まだ俺も青ガエルだな。 知人夫婦の嬉しい応援もあり昨年よりネットで1:30秒縮め2:06:×× 来年も当然くる、行きの電車で珍しく座りうたた寝し直前で買った飲食物を忘れたので取り戻す為に!結城に出た悪友は勇気あるか?歩かずに済んだのは尽きない応援のおかげ、良いムチ打ちありがとう😂

総合評価:
89.5点

ハセP さん 2019年2月19日 20時59分

詳細を見る

3

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.8点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 91.4点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
3 90.5点 世界遺産姫路城マラソン2024 (兵庫県) 参加者7千人以上
4 90.3点 第44回館山若潮マラソン (千葉県) 参加者7千人以上
5 89.8点 第41回いぶすき菜の花マラソン (鹿児島県) 参加者7千人以上