大会情報

第5回白山白川郷ウルトラマラソン

開催日:
2017年9月10日 (日)
開催地:
石川県(石川県(白山市)、岐阜県(白川村))

種目:100km,70km

79.8

(現在の評価数161人)

  • RCチップ

評価&ランキング

みんなの評価

全体の感想
  • スタッフやボランティア
  • 大会の地元への浸透度
  • 大会運営全体を通しての印象
  • 来年も参加したいですか?
会場
  • 会場へ(から)のシャトルバス
  • 会場案内看板や場内アナウンス
  • 会場のレイアウトと移動経路
  • 荷物預かり所
  • トイレの配置と管理
スタート、コース、フィニッシュ
  • スタートエリアの管理
  • コースは混雑しなかったか?
  • 距離看板
  • 景色など楽しめるコースか?
  • 沿道での応援
  • 給水所の水、スポーツドリンク
  • ゴール後のドリンクフード
記録、表彰
  • ネットタイム計測
  • ネットやスマホへの記録配信
  • 参加賞
  • 年代別表彰について
インフォメーション
  • 大会パンフ(募集要項付き)
  • 当日案内(ハガキ、封書)
  • 大会ホームページ

みんなのレポート

評価者:161人

5年ぶりの100キロマラソン

出場種目:ウルトラマラソン

四年間の子育て期間を経て一年前にランニングを再開。ウルトラマラソンを完走するのを目標に練習してきました。結果12時間28分。後悔のない満足な結果となりました。7月にこちらの大会への参加を決めて以来、ネットで情報を集め、坂道や気温、そして新コースであることで起きるであろうトラブルを考えメニューを作成し実践しました。
ウルトラマラソンは何が起きるかわかりません。エイドへの不満等それぞれあると思いますが、まずは走らせていただいたことへの感謝の気持ちが大切かなと思います。嫌な言い方ですが、しっかりと練習をし、情報を元に作戦を立てれば走れないコースではないように感じます。飲み物がぬるかったのは確かですが、疲れた胃に冷え切った飲み物を飲んだら余計に体調を崩したかもしれません。ましてこの大会は新コースになって1回目。対応が追いつかないことがあって当然だと思います。
大会運営に対し、関わった皆様本当にありがとうございます。
そして参加をされた全てのランナー様、本当にお疲れ様でした。嫌な書き方をして申し訳ありませんでした。レポを読んでいてとても悲しくなってしまい、思わず書き込んでしまいました。

総合評価:
69.0点

R2 さん 2017年9月13日 16時19分

詳細を見る

28

ウルトラマラソンは甘くない

出場種目:ウルトラマラソン

100kmの部に参加しました。昨年の能登半島すず、今年の飛騨高山に続いて3回目の出走。
決して速いタイムでは無いですが、100kmのPB更新できました。
大会運営やエイドに苦言を呈している方が多いですが、結局はご自身の準備不足を他人のせいにして責任転嫁している様にしか思えません。補給エネルギーや水分は基本的には自分で用意するものです。おもてなしがなってないやら、改善が無いなら来年以降は出てやらないなんて何様のつもりでしょうか?そんなにウルトラマラソンは甘く無いですよ。
エイドや大会運営が完璧でも完走率100%にはならないかと。
確かにコンディションは大変でしたが、逆に言えば大変良い精神修行になりました。
大会運営に携わった皆様方には深謝申し上げます。批判の声に負けずに来年以降も頑張って下さい。

総合評価:
79.1点

おにさん さん 2017年9月12日 16時2分

詳細を見る

18

文句があるなら完走あるのみ

出場種目:ウルトラマラソン

河川敷での炎天下?
そんな事は分かってたはずだし天候に文句言うなんてナンセンス!これがウルトラの過酷さなのですよ。
俺は完走したし来年も是非出たいな!
応援して頂いたキッズおじいちゃんおばあちゃん JD 全てにメダルを!

総合評価:
93.0点

Tetu さん 2017年9月12日 4時56分

詳細を見る

12

かくも素晴らしき大会に参加できてこの上なく幸せです!

出場種目:ウルトラマラソン

◎大自然の中の極上の風景
◎困難だが攻め甲斐のあるコース設定
◎おもてなしの精神に満ち満ちた役員、スタッフの方々
◎エイドにおける趣向を凝らした補給食
◎地元の皆さんの素朴な笑顔の応援

⇒疲労も極限に達していた残り約4km地点、コース誘導の方に「お疲れさま、来年もまた来てね」と言われたとき、思わず「はい、ありがとうございます!」と大声で返事をしている自分に気づきました。

×唯一例外的に大ペケだったのは、オフィシャルツアー担当のT社! 説明、連絡不足で“行ってみないと分からないこと”が多かったです。一例を挙げると、私が乗ったツアーバスでは、白川郷のスタート会場に到着した後約15分車中で待たされました。察するところT社担当者からバスの運転手さんへの連絡が不行届きで、運転手さんは現地到着後にどうして良いか困っておられました。しかもそのバスが停車したすぐ近くにはT社のスタッフが何人もいたのに無関係を決めこんでいる様子でした。これによりスタート直前の貴重な時間を浪費させられました。
T社には猛省を促すか、来年からは他社に変更すべきと思います。

総合評価:
100.0点

RunSuga さん 2017年9月13日 1時16分

詳細を見る

12

白山白川郷河川敷ウルトラマラソン

出場種目:その他

スタッフの方の対応はすばらしかったです。ありがとうございました。
でもこのマラソンにはもう参加したくありません。
理由は
(1)スタート地点とコース上のトイレが少な過ぎ
おまけに70kmと100kmを同時にスタートしているのでさらに混雑
(2)エイドの質の低下
以前参加した時には工夫を凝らした食事を提供してくれていましたが明らかに質が落ちました。また、下位の方には品切れで供給できないケースも発生しています。
(3)つまらないコース
100kuにしても70kmにしても景観が良く楽しめるのは50kmまで、その後は川沿いのサイクリングコースと川の土手で風景はつまらないです。
(4)キロ表示もなく応援も少なく日差しを遮らない河川敷が30km
あの天気の中土手を30km走らせるのは酷です。
(5)「白山白川郷ウルトラマラソン」ではなく「白山白川郷河川敷ウルトラマラソン」です。

以上踏まえて100kmと70kmに上げ底するのにつまらないコースにしている限り参加はできないです。
このマラソンは50kmが正しいかと思います、検討ください。

総合評価:
38.1点

サイクロンジョーカー さん 2017年9月11日 20時21分

詳細を見る

11

運営よかった ありがとうございます‼

出場種目:ウルトラマラソン

100kmの部に参加しました。
大会運営やエイドに文句を言ってる方が多いですが、結局はご自身の準備不足を責任転嫁している様にしか思えません。何様でしょうか?
大会運営に携わった皆様方には深謝申し上げます。来年もよろしくお願いいたします(..)

総合評価:
95.5点

たつお さん 2017年9月12日 21時54分

詳細を見る

11

幸せな1日でした

出場種目:ウルトラマラソン

去年の50キロに続き、今年は70キロの部に参加
今年も超かっこいい参加Tシャツを着れた事
車でしか走行できないホワイトロードを走れる喜び、
エイドでの美味しい給食(特に半堅豆腐とそばソフト)
決して大人数ではないけど地元の方達の応援や励ましの声、
私設のエイドでのおもてなし
コースに階段(笑)とゴールまでの急坂のユニークさ
残り3キロ付近では角を曲がるたび遠くにいる誘導の方が「頑張って~!」と大きく手を振って大声で呼んでくれた事
ゴール後に自分の名前と盛り上げてくれる大コール
今までもらった中で一番綺麗で重量感のある立派なメダル
号泣しながらも完走できた事
とっても幸せな一日でした!

飲み物がぬるかったとか、暑かったとか、コースがダメだとか、
良くない意見もあるようですが
ぬるくても飲み物を提供してくれるスタッフに感謝
暑いのは自然な事で、事前にわかりきっている事。
各個人が好む完璧なコースなんてないのでは?
完璧な運営なんて求めてはいけないと思います!

この大会に参加できた事に感謝です。
スタッフの皆様、ランナーの皆様、お疲れ様でした!

総合評価:
97.0点

noriko さん 2017年9月15日 11時19分

詳細を見る

9

甘くはなかった

出場種目:ウルトラマラソン

60キロは経験していましたが、100キロは初挑戦。
甘くはないと覚悟して臨みましたが、覚悟が足りませんでした。
コースは40キロまでがアップダウンで残りは平たん。
66.7キロの第二関門でリタイアしましたが、
足や身体どうこうよりも精神面の強さを問われるコースだと感じました。

エイドや運営には特に不満はありません。
給水・補給食はドロップバッグ含め事前に準備したもので十分間に合いました。
むしろ、天候・気温のことはわかっていたにも関わらず、日差し、給水対策をしていないランナーが結構いたことに驚きました。

いろいろ意見はあるとは思いますが、参加者は自らできる準備・対策は必要だと思います。

運営関係者・ボランティアの皆さん、ありがとうございました。

総合評価:
60.5点

みやとし さん 2017年9月14日 22時2分

詳細を見る

9

本当に2万円必要でしたかね…?

出場種目:ウルトラマラソン

前コースを2回走った者です。

エントリー費が増額したけど、満足できるか確認で出走…したのがまずかった…。
70キロと同時にスタート。おかげでコースはハチャメチャ大混乱。前半のエイドはほぼ水しかもらわんかった。
どなたかウェーブスタートってご存知ですか?

今まで全エイドで名産が食べられたのに、今回はパンか果物しか食べてない。残り1キロのエイドにあんころもち。そのタイミングで必要ですか?ぬるいコーラも後日まで残るトラウマ。
手数料含め3千円の増額って何に必要?

コースもこれまではこの大会でしか味わえなかったのに、どの大会にでもあるような平凡な日陰の少ない道をひたすら走る。最後は珠洲を意識したのか、走りにくい海岸沿いを無駄に走る。帳尻合わせで同じ場所を行ったり戻ったり。地元の何を表現したいのかわからんコース。
新規顧客の得た代わりにアイデンティティを失った大会。

残念ながら、今回でこの大会も最後になりました。
暑い中、頑張って頂いたボランティア・沿道の方に感謝します。

総合評価:
35.2点

JAG さん 2017年9月11日 22時3分

詳細を見る

8

微妙なコースです

出場種目:ウルトラマラソン

コースが変更されたので、第2回の出場以来、3年振りに挑戦してみました。皆さんがおっしゃっているとおり、今回はかなり楽なコースになったと甘く見ていましたが、70キロ以降の延々と続く川から海への直線・・・暑さのせいで意識がもうろうとなり、生まれて初めて給水所の蜃気楼を見ました(笑)
それでも完走できたのは、やはり地元の方々の温かい声援のおかげです。給水所での何気ない会話も癒されて力になりました。本当にありがたいです。
コース的にはやはり前回までのコースの方が良かったと思います。あのホワイトロードのアップダウンを売りにした方が、過酷さは増しますが、コースの特徴が明確となり、他の大会との差別化が出来ると思います。
来年以降もコース変更が無いのであれば70キロの部がオススメですね。
ゴール地点も70キロの方がにぎやかだった気がしますし。

総合評価:
76.6点

バッチ さん 2017年9月13日 20時53分

詳細を見る

7

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.9点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.5点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上