大会情報

東京マラソン2021

開催日:
2022年3月6日 (日)
開催地:
東京都(新宿区他)
ユーザー登録大会: マナーと大会運営向上提言さん

種目:10km,フルマラソン

76.3

(現在の評価数52人)

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.1 pt

評価&ランキング

みんなの評価

全体の感想
  • 次回大会の参加
  • 参加料に見合った大会
  • スタッフ、ボランティア
会場
  • 会場へのアクセス
  • スムーズな誘導、受付
  • トイレ、荷物預かり、更衣室
  • 感染症対策
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定
  • 参加人数に見合ったコース
  • コースの安全管理
  • 距離表示、コース誘導
  • コース上の給水
記録、表彰
  • ネットタイム計測
  • 記録計測、記録配信サービスの充実
  • 充実した年代別表彰
インフォメーション
  • 分かりやすい大会情報、参加案内
  • 大会HPの更新

大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透
  • 会場の盛り上がり
  • 特色あるエイドステーション
  • 参加賞のオリジナリティ
  • エコ、環境保護
  • 大会独自の取り組み、地元色

大会のおすすめポイント

みんなのレポート

評価者:52人

感謝だが賞賛ではない、コロナ前からの値上幅一覧検証、東京最悪

出場種目:フルマラソン

安全安心事由で出場料等値上げ、サービス外出し有料化で実質的に大会側経費負担範囲削減が頻発。ある程度は不得已。結果的に中止の大会も含め主催者公表額で思考比較。安全安心料で飲込も、無言抗議で拒絶も個人次第。従来大会なら出場可能金額を丸々値上げ大会も。申込規約応諾/開催感謝だが、東京マラソン主催者は最悪だし、賞賛には値しない。

21,000東京(参加賞・完走者新聞・手荷物預かり有料化・PCR検査料を含む単位円省略)
12,210大阪
8,700神戸
8,000横浜、下関海響、柴又100K
6,000金沢、奈良
5,500湘南国際、丹波篠山
5,000いわて盛岡、別大、鹿児島、大阪国際女子
4,700富士山
4,500高知龍馬
4,400青島太平洋
4,000おかやま、ぐんま、名古屋ウイメンズ
3,500長野
3,000富士登山(山頂)、長井、防府、延岡、かすみがうら
2,900北九州
2,750愛媛
2,500富山、加賀温泉郷
2,000福岡、榛名湖、黒部名水
1,200松本
1,000瀬戸内海、水戸黄門
値上げなし いわて北上、いわき、姫路城

総合評価:
20.5点

マナーと大会運営向上提言 さん 2022年3月6日 17時35分

詳細を見る

14

さすが日本最高レベルのマラソン、しかし課題も。

出場種目:フルマラソン

2013年以来の当選で2回目の参加です。今年は感染対策の為に今までにない異例の厳しい大会になりました。特に複雑な健康アプリの導入で2月24日からは開催当日まで毎日記入し、一日でも記入漏れがあると参加できなくなったり、荷物預かりがなかった事です。本当に開催当日までスタートラインに立てるか、毎日が不安でストレスになりました。しかしそれでも走りたくなる東京マラソン。今年は世界記録保持者のキプチョゲ選手、日本記録保持者の鈴木健吾選手など豪華な顔ぶれでした。
今年はギリギリまで開催の合否に迷ったとは思いますが、またコロナ前のような本来の東京が一つになるような大会に戻れる事を期待しています。ありがとうございました。

総合評価:
44.8点

カナディアンランナー さん 2022年3月7日 1時43分

詳細を見る

1

やはり東京マラソンは別格

出場種目:フルマラソン

湘南国際、大阪、東京の3連戦のうち東京同様の厳しい感染症対策がとられていた先の二大会がドタキャンとなり東京も半ば諦めていたら、よもやの開催決定。当日は開催を祝福するかのような好天に恵まれました。今回は手荷物預けも更衣室も無しという事で新宿のホテルに前泊し当日朝チェックアウト時に荷物をホテルに預ける。そして前日には日比谷駅地下コインロッカーにゴール後の着替えを入れておき、ランステでシャワーを浴びて、再び新宿のホテルに戻り荷物を受け取ってようやく帰路についた。走った後に何の罰ゲームかと思いながらも夢のようなマラソンを振り返って感動した。毎回の事であるが、GPSの距離が43.6kmと長く出た。一緒に走った仲間の中には44.2kmと表示されのも居た。皆さん如何でしたか?

総合評価:
74.3点

Tishman さん 2022年3月7日 4時54分

詳細を見る

1

13回落選後、初めての東京マラソン

出場種目:フルマラソン

もはや諦めていた東京マラソンだったが、都民繰上げ当選によって、よもやの出場が叶った。昨日に至る2度の延期については省略するが、実際に出場して思ったのはメジャーを自負するだけあって、その規模、その準備、そのコースと、他のレースとはレベルが違う大会であったことだ。「なるほど、これが東京マラソンか」と、振り返って納得できる大会だったと思う。

何より心に刺さったのが、スタート前にボランティアさんが言った言葉である。「今年は私たちも声を出して応援してはいけないことになっているので、ボランティアは手を振って応援します。みなさんも手を振ってください」。それを聞いてランナー全員がボランティアさんに手を振るのを目にして、なぜか涙が出てしまった。ウクライナ侵攻のさなか、ここ東京で開かれた平和なマラソン大会。スターターの小池百合子知事の「この後、私は競技用ピストルを撃ちますが、出るのは音だけです」というスピーチにもグッとくるものがあった。これだけの規模の大会の運営に関わった大勢の方に、感謝を伝えたいのと同時に、来年の大会には懲りもせずエントリーしたいと心より思った。

総合評価:
87.9点

MOTTOYEE さん 2022年3月7日 6時33分

詳細を見る

8

この大会の開催が今後の他の大会に与える影響ははかり知れません

出場種目:フルマラソン

天気はマラソン日和。少し寒いくらいではじまり、やや暖かくなりましたが、走りやすかったです。風は丸の内で感じましたが、その他ではそれほどではありません。ゼッケンの末尾の数字でのドリンクエードはわかりやすいし、間違っても怒られませんでした。羊羹やバナナ、エナジードリンクは非常に分かりにくかったですが、取るつもりもなかったので何とも言えません(それほどランに集中できました)。応援の声がなかったけど、手を振っていただき目頭が何度も厚くなりました。さすがの高速コースで、年末の奈良マラソンの記録から一気に25分も縮めることができました。開催にかかわったすべての方、他のランナー、応援の方々に感謝します。

総合評価:
81.5点

tarashi さん 2022年3月7日 9時14分

詳細を見る

0

やっぱり素晴らしいボランティアさんたち

出場種目:フルマラソン

2014、2015と走り、その後はボランティアとして参加し、2021大会は3次抽選で当選しました。
最初はコロナも収束する気配もないのでどうしようか迷ったのですが、思い切って参加決意しました。
EXPOなど、事前のPRイベントも控えめなのは致し方ないですが、本番当日、ボランティアさんたちの笑顔に迎えられ、スタートに立つとやっぱり東京マラソンを走れることの喜びを感じることができました。
コースは旧コースよりもより洗練されてて、キツイ登りもなく、最後まで楽しめました。
参加人数に対して給水も充実してたので、混雑もなく最初から最後までスムーズだったと思います。

やはり国際大会なので、次回開催は世界中のランナーさんが戻ってきてくれることを願ってます。
これからもランナーとして、ボランティアとして参加し続けたいと思います。

総合評価:
100.0点

ゆうき さん 2022年3月7日 10時48分

詳細を見る

0

コロナ禍からの復活を象徴する大会

出場種目:フルマラソン

コロナ禍での中止連鎖の中、英断により開催された貴重な大会。
レギュレーションに則り、喜んで参加させていただきました。

待ち時間は凍える寒さだったものの、走り始めると暑すぎるくらいの陽気。
コロナ禍の大会中止の中でもあきらめずに走り続けてきた成果、ここで出さなければどこで出す。
また開催してくださった運営・ボランティアのみなさまへの感謝を糧に、自己ベストを4分近く更新できました。

残り4kmくらいでの強烈な向かい風に心が折れそうでしたが、感謝の気持ち、またせっかく開催いただいた大会で折れてなるものかという決意で、ふくらはぎの痙攣など身体が悲鳴をあげる中でもなんとか走り切れました。

大会の開催を心よりお礼申し上げます。

総合評価:
96.8点

papa さん 2022年3月7日 12時0分

詳細を見る

0

マラソンはやっぱり楽しい!

出場種目:フルマラソン

フル25回目、東京は11年ぶり2回目、以下感想です。

■連続落選からやっと当選の2020年。いつの間にか2022年。コロナ憎し。
■健康管理アプリ。毎日体温等報告要。慣れれば本人確認リストバンドなどより合理的で楽かも。アフターコロナの主流となるか?
■レース持込荷物チェックあり。パウチされたもののみOK、プロテインバーはNG。仕方ないので入口で食す。いまいち判断基準がわからない。
■前回出場時はビッグサイトゴール。東京駅ゴールはやはり便利。
■都心を走れるコースは魅力的。マラソンはやっぱり楽しい!
■削られた給食。レース中の支給はようかん、カロリーメイト、塩飴くらい。無いものと思ったほうがよい。
■ゴール後支給されるガウンが暖かくてよい。荷物預かり無でも問題ないかも。
■コロナ禍で開催してくれた関係者、ボランティアの皆様に感謝します。制約の多い中、できる限りの対応をしていただいたと思います。来年以降も議論を重ね、“できること”を増やしていってほしいです。
■次はいつ当選するだろうか・・・

総合評価:
67.3点

みやも さん 2022年3月7日 12時51分

詳細を見る

0

関係者、スタッフの皆様のおかげです。

出場種目:フルマラソン

コロナ感染の時期に開催できるとは正直思ってもおりませんでしたが、どうしても一度は東京マラソンを走ってみたい思いが強く今日に至りました。
奇跡的?に開催できた背景には主催者以下各方面のスタッフ、ボランティアの力があったと思います。これらの方々には感謝してもし過ぎることはありません。

ただし、開催前までは慣れないスマホアプリ等の操作で疲れる日々でした。体温アプリでの毎日検温、PCR検査、スマホによるチケット購入、本番前毎日のように来る【重要】メール等など。。。
これからの新しいマラソン開催のモデルで時代の流れかもしれません。便利なところはどんどん取り入れていってもらいたいと思います。
 
因みにTATTAアプリでの距離は45.3kmでした。。(自身のスタートミス?)

総合評価:
50.5点

きしきし さん 2022年3月7日 15時50分

詳細を見る

1

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 94.8点 オホーツク網走マラソン2022 (北海道)
2 94.3点 第5回日本最北端わっかない平和マラソン2022 (北海道)
3 91.8点 第39回カーター記念黒部名水マラソン (富山県) 参加者7千人以上
3 91.8点 第24回長野マラソン (長野県) 参加者7千人以上
5 85.6点 2022函館マラソン (北海道) 参加者7千人以上