大会情報

信越五岳トレイルランニングレース2019〜パタゴニアCUP〜/Shinetsu Five Mountains Trail 100mile/110km

開催日:
2019年9月14日 (土) ~ 16日 (月)
開催地:
新潟県(新潟県妙高市、長野県長野市、信濃町、飯綱町、飯山市)

種目:【一般枠】100mile(9/14),【一般枠】110km(9/15),【ふるさと納税枠】110km(9/15)

79.5

(現在の評価数48人)

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.6 pt
  • RCチップ

評価&ランキング

みんなの評価

全体の感想
  • 次回大会の参加
  • 参加料に見合った大会
  • スタッフ、ボランティア
会場
  • 会場へのアクセス
  • スムーズな誘導、受付
  • トイレ、荷物預かり、更衣室
スタート、コース、フィニッシュ
  • 楽しめるコース設定
  • 参加人数に見合ったコース
  • コースの安全管理
  • コース誘導
  • コース上の給水
記録、表彰
  • 記録計測、記録配信サービスの充実
  • 充実した年代別表彰
インフォメーション
  • 装備品の明示
  • 分かりやすい大会情報、参加案内
  • 大会HPの更新

大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色
  • 地元への浸透
  • 会場の盛り上がり
  • 特色あるエイドステーション
  • 参加賞のオリジナリティ
  • エコ、環境保護
  • 大会独自の取り組み、地元色

大会のおすすめポイント

みんなのレポート

評価者:48人

初マイル達成‼️

出場種目:トレイル

平日休暇を取らずに参加できるマイルレースとしてエントリー。走らされるコースと厳しい関門との評判にスピードとスタミナ強化のトレーニングをやったつもりでしたが、甘くはなかった。石川さんが何度もおっしゃっていた「100マイルは長い」の本当の意味がわかっていませんでした。100キロ過ぎからは記憶もとぎれとぎれで足はもつれ、小川を石伝いに渡っていたら、すぐ横に板が渡してあったり、2日目の夜には幻覚が見えました。予定の30分遅れで到着した戸隠のエイドで、リタイアするか悩んでいるときに、スタッフさんから、「関門時刻まで時間あるし、おそば食べて考えてみたら。でも、諦めないんだよね、マイルの人は。」の言葉で、「諦めたら後悔する。進んで関門アウトなら仕方ない」と割り切ることが出来ました。戸隠そばが本当に美味しかった。その後もギリギリでしたが、なんとか制限時間内にゴール出来ました。特に瑪瑙山頂からの残り約12キロはほとんど走りました。脚が残っていたものだと自分でも信じられません。スタッフの皆さんの励ましが、最後の力を出させてくれたと思っています。信越五岳、最高です。ありがとうございました。

総合評価:
94.5点

どどんぱ さん 2019年9月20日 21時52分

詳細を見る

3

走れるトレランレース

出場種目:トレイル

・会場移動用のバスが遅れた点について指摘される向きはあるかも
 しれませんが、来年は対策が取られると思います。
 (一つ下の事例もあるので)
・例年、吊り橋手前で混雑する点が指摘されていましたが、今年は
 対策することで解消してました。
・おそらく開催上の制約があるのでしょうが、表彰式(翌日開催)と
 スタートは同じ場所がいいのではないでしょうか。
・エントリーのためには前後の2泊が必須な点については、長く
 この大会を継続するには必要なことなのでしょう。となると、
 トレランの大会にコストパフォーマンスを望んではいけないの
 だと思います。
・走れる部分の多い大会でもあり、少し余計に費用をかけて
 エントリーする価値のある大会だと思います。

総合評価:
68.5点

さば さん 2019年9月16日 17時39分

詳細を見る

2

関門の厳しさは日本屈指では。

出場種目:トレイル

マイルに参加しました。
石川さんから「バンフまではウォーミングアップだと思って、ペース抑えて。」と言われていましたが、周りに引っ張られてペースを上げてしまい、バンフから失速。
第一エイドを辛くも突破したものの、次の関門には到底間に合わず、途中リタイヤ。

速すぎても遅すぎても駄目。
160kmを、たった33時間で走り切らないと行くと言うのは、尋常じゃないスタミナとスピードが必要なのだと思い知りました。
レース前の6~8月 、峠練に明け暮れていましたが、ガレた林道などのトレイル練習をもっとやるべきだと思いました。

1年後の再挑戦の為、これから始まるフルマラソンシーズンを、サブ3.5目指してがんばります。

総合評価:
68.5点

しんのすけ さん 2019年9月22日 13時2分

詳細を見る

2

信越五岳初参加でした。

出場種目:トレイル

信越五岳110kmに初参加しました。良かったところはほかの方のレポにお任せし、気になったところをコメントします。

〈気になったところ〉
・とにかくアクセスが悪い
 車が無いと同伴の家族は身動きが取れない。
有料でも良いので、応援バスとか巡回してもらえたら良かった。
ちなみに我が家は斑尾からタクシーで熊坂まで移動、それから長野まで電車で戻って飯綱まで路線バス移動、その後夜中の4時近くまでずっと待ってました。
・ドロップの荷物をなぜ翌日返却?しかも赤倉?
これは考え直した方がいい。
6時近くに宿に戻れ、ろくに寝れずに赤倉まで移動する羽目に。

少ない人員でやりくりされているのにこれだけの大会を11回も続けて来られて、頭の下がる思いですが、斑尾、飯綱、赤倉と分散しすぎかなと思います。

それ以外はエイドも運営も大きな問題は無かったと思います。

総合評価:
56.0点

ずらお さん 2019年9月18日 16時9分

詳細を見る

2

早くリタイヤすると大変(100マイル)

出場種目:トレイル

55Kのエイドで午前3時半頃にリタイヤ申告しました。

そこからスタート地点へ戻るバスの初便が5時半で、それは仕方ないとして、バスが飯綱高原に着いたのが7時40分過ぎ。問題はそこに事務局の方が誰もいないことで、荷物の受け取りはどうなるのか、宿への送迎は本当に17時まで待つのか等々疑問だらけで長時間放置されました。

結局、11時に送迎バスの臨時便が出ましたが、宿に着いたのが12時半、実にリタイヤ申告から9時間かかりました。

リタイヤ者向けバスの初便が飯綱高原に8時前後に着くことは分かっていたはずですが、その後の運営がお粗末です。後泊を必須にするなら、その辺りの改善が必要です(事務局にも要望を出しました)。

また、多数の利害関係者に配慮するあまり(想像ですが)、スタートと荷物預け、ゴールと宿泊、宿泊と表彰式がそれぞれ離れているのは(公共交通機関で参加している)参加者ファーストではないと感じました。

コースの走りやすさやエイド、ボランティアの方々の働きぶりについては、申し分ないです。あとは参加費用が高額なので、収支を公開してもらえると、納得感が出ると思います。

総合評価:
69.5点

Jun さん 2019年9月17日 14時22分

詳細を見る

2

キツくて、楽しかった!また出たい!p

出場種目:トレイル

Good
・昨年から吊り橋渋滞、レギュレーションチェック渋滞が改善されていた。
・春先からのスズメ蜂対策は嬉しかった。
・ボランティアさんのホスピタリティが半端ない。
・どのコースにも深い意味があるようで、バリエーションにも富んでいる。
・パーティも早めの時間で助かる
・戸隠エイドの蕎麦がめちゃ美味しい
・ゴール後の軽食はホントに嬉しい
・翌日のパーティは余韻に浸れ、再会思い出づくりができるので嬉しい
・家族同伴でも宿の手配をしてくれるし、周辺で楽しめる所がある

Motto(欲を言えば)
・エイドによってはクエン酸飲料がすこぶる薄い所があった。
・水以外はハイドレに入れるの禁止と事前案内されていたが実際はそうでなかった
(それはそれで助かっているし、禁止しなくても良いのかな?と思いました)
・ゴール後、昨年あったおにぎりが食べたかった(美味しかったという意味)
・ゴール後の豚汁はもう少し具沢山にして欲しかった(贅沢すみません)
・地域貢献の観点から仕方がないとおもうがゴール会場から宿まで1時間は遠く感じた

総合評価:
88.0点

Mac さん 2019年9月16日 20時45分

詳細を見る

2

コースは良いけど、運営が、、、

出場種目:トレイル

3年ぶりの参加ですが、100マイルコースが出来てからオペレーションが複雑になり運営に問題が出てきているように思えます。
宿泊場所とスタート、ゴール地点が離れており、移動に大会側が用意したバスに乗る必要があります。バスの配車がスムーズであれば問題ないのですが、慢性的に遅れます。110kでは、バスの到着がスタートに間に合わず時間変更になりました
ドロップバッグの預け場所がスタート会場と離れていたり、レース後の引き取りも翌日の表彰式のみです。表彰式会場キャパと人員が不足しており、バッグの引き取りの入場制限をするほどでした。
ボランティアの大半は長時間頑張っています。ただ、中には大会側が設定したと思われるルールに縛られて、選手への対応が横柄になっている人も見受けられました。(例えばコーラはカップ1杯分に制限)
地域振興という理想を掲げているのはわかりますが、スポンサー撤退の予算不足、人員不足のしわ寄せがボランティアスタッフにきているように見えます。
大会プロデューサーは自らコース整備等を汗を流しているとのことですが、大会運営に必要な予算の確保といった根本的な問題を解決してほしいです。

総合評価:
39.0点

ニックネーム未登録 さん 2019年9月17日 15時19分

詳細を見る

1

6回目、今年で卒業します

出場種目:トレイル

2013年から、翌2014年を除き、毎年お世話になっています。

おかげさまで大会の流れがつかめて、前夜祭、朝食、トイレ、表彰式など、何事も一番混まないタイミングで列べるようになりました。

レースについても同様で、ゴールまで老獪に攻めることができるようになりましたw。

よかった点:
1)なによりも天気に恵まれた。
2)ほぼ毎年あちこちで騒ぎになっていた、ハチ騒動がなかった
3)吊り橋渋滞がなかった!昨年は40分待った。
4)表彰式後の長野行きバスが、早く集まった人から順次出発してくれた。

残念だった点:
5)バンフの巨峰が1人1粒に制限されていた。戸隠では問題なし。
6)エイドによって、ドリンクのボトルへのドリンク補給が制限されていた。場所によっては水だけしか補給できなかったと思う。

総合評価:
72.5点

まいきぃ さん 2019年9月18日 0時22分

詳細を見る

1

最高のトレイルラン大会

出場種目:トレイル

トレイルランの魅力を凝縮した贅沢な大会
コース、エイド、ボラを含む参加スタッフ、熱烈な応援等どれをとっても素晴らしい。
ペーサー制度、ウエルカムパーティ、表彰式(食べ物、飲み物あり)など至れり尽くせり
宿泊必須の為、参加料+宿泊費と金額はかさむが十分参加する価値がある
安全面には特に配慮されており、すべての分岐には矢印看板、危険個所、つらくなるポイントにはスタッフが配備されて声かけしてくれるので不安は全くない。
そして今年は絶好のトレイルコンデション、昼は青空(灼熱)夜は満月の恵まれた天気で信越を堪能できた。
とはいえ走力もなく100mileを完走したことがない私は最後尾からスタート、慎重にペースコントロール、こまめな補給と体のケア、そして覚悟していた吊橋渋滞も全く無し、眠気は他人のペーサーさんに話しかけられて復活、奇跡のmaile初完走となった。

総合評価:
93.5点

タケ さん 2019年10月2日 21時33分

詳細を見る

1

信越五岳110km 初参加

出場種目:トレイル

何とか20時間台でゴール出来ました
走れるコース? 走らされるコース? 
走れる平地、下りは走らないと関門でアウトです
戸隠エイドまでは順調で行けましたが、瑪瑙山で身体がヤラレてそこから約15kmは歩いてゴールまで・・・
後半は苦しみましたが、全体的に楽しく走る事が出来ました
参加してみるとエントリー時のクリック合戦の意味がわかり分かります(*^^)v
来年は・・・100mile参戦してみたいなぁ
マイラーはカッコイイし尊敬する(バックル欲しいだけ)

総合評価:
86.5点

コージ さん 2019年9月17日 14時1分

詳細を見る

1

大会ランキング(種目・フルマラソン)

順位 評価平均点 大会名
1 93.6点 熊本城マラソン2024 (熊本県) 参加者7千人以上
2 93.0点 フラの街 いわきを翔ける 風になれ!第15回いわきサンシャインマラソン (福島県) 参加者7千人以上
3 92.9点 第62回延岡西日本マラソン (宮崎県)
4 91.5点 第61回愛媛マラソン (愛媛県) 参加者7千人以上
5 91.3点 鹿児島マラソン2024 (鹿児島県) 参加者7千人以上