本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

ULTRA-TRAIL Mt.FUJI【UTMF・STY】

  • 2014年4月25日 (金) ~ 27日 (日)
  • 山梨県(山梨県・静岡県)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.ultratrailmtfuji.com/
種目:約161km UTMF,約84km STY

  • RCチップ
  • ランナーズアップデート
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


--.-

(現在の評価数8人)

たいまるさんのレポート

人生最大のチャレンジ

出場種目: UTMF 

第3回にして、ようやく参加資格を得て、無事当選して出場しました。
スタートしてからは、最初はスピードを抑えようとゆっくり目に入るが、杓子山でついに渋滞に巻き込まれ、全く動けず。恐らく1時間以上は停滞しました。
今にして思えばここが最大のハイライトだったように思います。
その後は不思議とトラブルもなく、WSの粟倉からの送電線には辟易したものの、A5の御殿場、A8西富士中学校で受けたマッサージも効いて日没にA9麓まで着く。
ここからは眠気との闘いがすさまじく、意識が朦朧とする中で頭の中から延々と意味不明の問いが発せられるような状態。
そしてようやく朝9時少し前にゴール。ゴールしたときは感動で涙するかと思ったが、実際頭をよぎったのは、「歯を磨きたい」「風呂に入りたい」「横になりたい」ということばかりで、ゴールゾーンで記念撮影に時間をかけることもなく、さっさと退出してしまった。
ゴールしたときより、そのあと寄ったふじやま温泉での入浴→「フツーの」食事→仮眠のほうが至福のひとときだった。
(タイトルは、第1回の大会紹介ビデオでの三浦雄一郎の言葉をそのまま拝借しました)

■総合評価

インフォメーション
HPの大会前情報 A
大会間近の情報公開 A
大会後のHP更新 A
分かりやすい参加者案内 A
会場
会場案内 A
受付/ナンバーカード事前送付 A
スタッフ、役員 A
更衣室 A
荷物預かり A
スタート前、フィニッシュ後の給水 B
飲食ブース A
コース・スタートエリア
スタートエリア管理 B
楽しめるコース設定 A
見やすく正確な距離表示 B
エイドステーション/救護所 A
トイレ A
応援 A
記録
年代別表彰区分 B
計測ポイント A
オンラインの記録速報 A
後日発送の完走証 B
当日完走証 A
総評
レース以外のランナーサービス A
来年の参加 A

不適切なレポートとして報告する

共感するましたか? 10

みんなのレポート

評価者:8人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

甘くはなかった

出場種目:STY

2日に渡り走るトレイルレースは初めてでした。
大会参加案内の必携品リストにある物を忠実に用意して臨みました。
しかし自分にとって足りなかったものは、汗でビショビショになったシャツ&インナーの着替えでした。
A9麓に着いた時には気温の低下で汗で濡れ冷えた上半身のウェアがかなり不快で、しかもそこまでのきつい登りで足の疲労もピークに来ていて2時間以上滞在しましたがリタイアを決断しレースはそこで終えました。
トレイルの経験不足が露呈しました。
西富士中では楽しみにしていた富士宮焼きそばはなくショックを受けました。
麓エイドでは選手以外のサポーターや応援者がうろちょろし過ぎていて選手の休めるところが少なかったと思います。
この失敗を次回には活かし必ず完走したいと思います。

このレポートは共感度になりましたか? 49

自分との対話をする「旅」でした。

出場種目:ウルトラトレイル・マウントフジ

場所ごとの景色を愉しみ、スタッフや他のランナーとの対話を愉しむ、また、自分に起こる様々なものに対応して克服していくという、まさに「旅」というのにふさわしいものでした。
サポートや応援があった人は、より楽しいものであったかもしれません。私は、ノンサポート、応援者無し、同行者無しの完全ソロでしたが、自分との対話をする点では、良かったと思います。充実感もありました。
スタッフや関係者のホスピタリティは素晴らしいし、エイドも充実しています。
主催者側の体制もしっかりしているし、コース整備もきちんと行われているので、ロングトレイルの完全ソロでも安心でした。
いい大会ですね。3回目にして、ようやく参加できましたが、今後も(抽選に通れば)参加したいです。
今回、天子山地で、元気なSTYの選手に道を譲り続け、自分のペースを乱されたのが残念。UTMFとSTYは別の日に行うなど、改善を望みます。
また、本栖湖のエイドは混雑でパニック状態でした。自分は、ここで、少し休養と思っていたのですが、とてもそんな状況ではありませんでした。
今後のよりよい大会のために参考にしていただければと思います。

このレポートは共感度になりましたか? 21

来年こそは…

出場種目:STY

地元の名物が食べることができ、とても美味しかった。エイドに着くと応援がひときわ大きく励みになりました。通常味わうことのできない絶景を楽しみながら走ることができました。昨年と合わせて1周することができ、来年こそはUTMFを絶対に完走したいです。樹海の中を走ったのと河口湖の眺めが最高でした。

このレポートは共感度になりましたか? 19

生涯記憶に残る素晴らしい大会

出場種目:STY

STYで無事完走できました!生涯記憶に残る大会になると思います。
スタッフ、ボランティアや応援の方々が素晴らしく、大変励まされました。
あえて苦言を言わせて頂くと、エイドステーションに問題が有ったと思います。
・UTMFとSTYの関門時間が近い事による大混雑。
・サポーター・応援者が椅子やストーブ前を占領していて、選手は地面に座るしかない。
・STYの中位でしたが、西富士中で焼きそばや餅は既に無し。本栖湖のゆば丼は混雑で確認できず。
来年はエイドステーションのスペースを広げて頂き、選手の休憩場所を確保して頂きたいと思います。

このレポートは共感度になりましたか? 19

やはり素晴らしい大会でした!

出場種目:UTMF

UTMFに初参加させていただきましたが、苦しみながらもなんとか完走させていただきました。
運営・救護体制・サポートすべて問題なく安心して走れました。
(※いちお本格的な山岳パートも含まれるトレイルレースなので参加するのも、途中ケガして動けなくなるのも全部自己責任。トラブルはなるべく自己で完結が基本です。)
そしてこの大会も選手もまだまだ成長できる可能性を走っててヒシヒシと感じました。
レース中はキツク今はもう走りたくありませんがww、機会があればまたいつか走ってみたいと思います!!

このレポートは共感度になりましたか? 18

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    173件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    165件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    125件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    101件投稿
  5. 5位 Flintstone さん
    95件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2020/05/21
    第12回 文京 20km駅伝大会・ハーフマラソン
    「文の京 12時間リレー・3時間マラソン」は、2020年の第12回から「文京 20km・・・

  2. 2020/02/14
    第11回さがみ風っ子トレイルランニング
    神奈川県相模原市をフィールドに、親子、友人との絆を深められる初心者向けトレイルラ・・・

  3. 2020/01/16
    第46回大阪府チャレンジ登山
    満開の桜の下、ハイカーとランナーが共に楽しい1日を過ごせるイベントです。

  4. 2020/02/27
    第20回あやはし海中ロードレース
    3月22日に予定されておりました本大会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止およびラ・・・

  5. 2019/12/12
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)にご参加いただきありがとうございました。 ・・・