本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第8回飛騨高山ウルトラマラソン

  • 2019年6月9日 (日)
  • 岐阜県(高山市)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.r-wellness.com/takayama/
種目:100km,71km

  • RCチップ
  • ランナーズアップデート
  • 大会100撰選出大会
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


82.6

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.7 pt

(現在の評価数307人)

ニックネーム未登録さんのレポート

初ウルトラマラソン

出場種目: ウルトラマラソン 

初めてのウルトラマラソンでしたが、完走することができました。エイドが充実していて、私設エイドもあるので、給水や食事はエイドだけで大丈夫だと思います。
富山から電車でいったのですが、ゴール時間が遅いと帰りは最終電車しかないのが残念です。駐車場行きのシャトルバスは沢山でていたので、来年はマイカーでいこうと思います。

■総合評価

全体の感想
次回大会の参加 A
参加料に見合った大会 A
スタッフ、ボランティア A
会場
会場へのアクセス A
スムーズな誘導、受付 A
トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
楽しめるコース設定 A
参加人数に見合ったコース A
コースの安全管理 A
距離表示、コース誘導 B
コース上の給水 A
記録、表彰
ネットタイム計測 A
記録計測、記録配信サービスの充実 A
充実した年代別表彰 A
インフォメーション
分かりやすい大会情報、参加案内 A
大会HPの更新 A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 0

みんなのレポート

評価者:307人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

コースも自然も参加者も関係者も、みんながウルトラな大会

出場種目:ウルトラマラソン

コースも凄いがそれだけじゃない。世の中にここまでウルトラな大会ってあるんでしょうか?

・国内屈指の過酷なコース。距離と標高差は、半日でフルマラソンを2回走ってそのあと富士登山をしてくるのに匹敵。冷静に考えると改めて凄い。
・今回の天候はバリエーションが豊か。雨が降ったり急に晴れたり、気温が上がったり下がったり。その度に戦略変更や対処が求められ、まるでウルトラ向けに用意されたような天気。
・過酷な大会と向き合ってるからか、参加者のマナーが良い(立小便してた輩を除く)。コース上にゴミが全く落ちていない大会は初めて。自然と周囲との会話が生まれ、お互い助け合ってる。走ってると皆が旅仲間に思えてきた。
・大会前後は地域を挙げてウルトラの話題で持ち切り。ウルトラを走るだけで何かリスペクトされてると思うくらい、地域の方々のおもてなしが半端ない。
・最後に。早朝から晩までランナーに笑顔で向き合って下さってた市長さんと副市長さん、それに1,400人ものボランティアの皆さん、数々の私設エイドの方々のサポートには感謝してもしきれない。あなた方が一番のウルトラです!

念願の参加、そして完走

出場種目:ウルトラマラソン

栃木からの参戦なので移動時間を考えると躊躇していた飛騨高山ウルトラですが「高低差のある厳しいコース、エイドで飛騨牛が振舞われる」そんな話を聞くたびに一度は走りたいと思い、今年初参戦しました。
前半のスキー場までの長い登りは歩くことなく走り切れましたが千光寺に向かう最初の登り、これにはビビりました。歩かないことを目標にしてましたが走るより歩いたほうが早いかもと思うぐらいの急勾配で心拍限界まで追い込まれましたが、なんとか走り切れました。これだけでも自慢になりそう(^-^)
エイドステーションの充実ぶりは本当に良かったです。次は何があるのかなとワクワクしながら走り続けられました。飛騨牛に関しては「どうせ冷めて硬い肉かな」なんて事を思っていましたが、一瞬でも疑ってスイマセンでした。めちゃめちゃジューシーで旨い。ちゃんと焼き立てを提供するよう工夫されているのでしょう。スタッフの準備と飛騨牛のスペックの高さに感服しました。
私設エイドや応援も多く、地元の方たちにも愛されている大会なんだなと思い、実に気持ち良く走ることが出来ました。躊躇していましたが参加して良かったと思う良い大会でした。

厳しいコースとあたたかいおもてなし

出場種目:ウルトラマラソン

地元ランナーですが、他の大会に出ると、改めてこの大会の良さを実感します。
各エイドは、高山市合併前の市町村単位で編成されており、アットホームな雰囲気です。オススメは70k過ぎ、国府B&Gで出される飛騨トラフグの唐揚げ。丹生川支所の飛騨牛もいいのですが、終盤での揚げ物、「食えるモンなら食ってみろ」というチャレンジ感がまたイイ(笑)
アップダウンに富んだハードなコースですが、65k過ぎから続く平坦な区間が、返って苦しく感じてしまうほど、変化を楽しめるコースでもあると思います。

このレポートは参考になりましたか? 8

エイド充実度NO1

出場種目:ウルトラマラソン

100キロの部に初参加致しました!
何度となく続くアップダウンに体力を奪われますが、一度も歩くことなく走りきりました!
エイドの皆さんや沿道の方々の応援あってこそ、心が折れずに完走できたと思ってます。

本当にありがとうございした!

総合的、とても素晴らしい大会だと思いました。

今までは、
コース難易度、エイド充実度、歓迎感などなど、において野辺山がダントツ一番だと思ってきましたが、飛騨高山も甲乙付けがたい素晴らしい大会でした!


私感では、、、

■コース難易度
野辺山>飛騨高山>白川郷>富士五湖

■エイド充実度
飛騨高山>野辺山>富士五湖>白川郷

■歓迎度
飛騨高山>野辺山>白川郷>富士五湖

首都圏からのアクセスに少し難がありますが、それでもなお魅力ある大会ですね(^^)

初ウルトラ、無事完走!

出場種目:ウルトラマラソン

これまでフルマラソンばかり走っていましたが、少しマンネリ気味だったので、今回、初めてウルトラマラソンに挑戦しました。どうせキツイ思いをするなら100kmで、と考えエントリー。激坂は覚悟していましたが、予想を遥かに超えていました。71kmと100kmが分かれた瞬間、千光寺の前の坂が現れますが、あの坂は、とても走るのは無理です。途中、何度も心が折れそうになりましたが、エイドの位置が絶妙で、坂を登りきったところだったり、これから坂を登るぞという位置でエイドがあったので、そこで少し回復し完走することが出来たと思っています。「給水所まで500m」の標識を見て、何度、救われたことでしょう。振り返ればフルとウルトラは全く別物でした。苦しさはフルの5倍だが達成感も5倍という感じです。これからウルトラ中毒になりそうです。スタッフ、ボランティアの皆さんをはじめ、素晴らしい大会を支えて下さった方々、本当にありがとうございました。

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    127件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    116件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    86件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    78件投稿
  5. 5位 レッドベレーねこ さん
    57件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  2. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・

  3. 2020/10/13
    第2回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道には美味しい食品がまだまだたくさんあります。 これを機会に、RUNと北海道の・・・

  4. 2020/08/25
    こもれびマラソン in 柏の葉
    「こもれびマラソンin柏の葉」にご参加いただき心より感謝申し上げます。コロナウイル・・・

  5. 2020/05/21
    第12回 文京 20km駅伝大会・ハーフマラソン
    「文の京 12時間リレー・3時間マラソン」は、2020年の第12回から「文京 20km・・・