本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第25回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

  • 2019年5月19日 (日)
  • 長野県(南牧村・小海町・北相木村・南相木村・川上村)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.r-wellness.com/nobeyama/
種目:100km,71km,42km

  • RCチップ
  • ランナーズアップデート
  • 大会ガイド
  • 大会結果

この大会を評価する

 


72.8

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.4 pt

(現在の評価数127人)

ゆたかさんのレポート

野辺山は辛い!

出場種目: ウルトラマラソン 

林道トレイルがコース変更になったけど野辺山の辛さはなかなかのものでした。あの辛さこそ野辺山であり何故かまた走りたくなるくせのあるコースですよね。前半の八ヶ岳が綺麗に見えるコースも最高です☆デカフォレスト目指してあと最低6回頑張ります。

■総合評価

全体の感想
次回大会の参加 A
参加料に見合った大会 A
スタッフ、ボランティア A
会場
会場へのアクセス A
スムーズな誘導、受付 A
トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
楽しめるコース設定 A
参加人数に見合ったコース A
コースの安全管理 A
距離表示、コース誘導 A
コース上の給水 A
記録、表彰
ネットタイム計測 A
記録計測、記録配信サービスの充実 A
充実した年代別表彰 A
インフォメーション
分かりやすい大会情報、参加案内 A
大会HPの更新 A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 0

みんなのレポート

評価者:127人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

25回大会スペシャルコース、でもやっぱり国内屈指の難コース

出場種目:ウルトラマラソン

過去5回他の100kを経験した上で、満を持して「あの」野辺山にチャレンジしました。
今年は特別に(^_^)前半のトレイル区間を迂回するルートになったそうです。しかし、それでも17~36kmはいつ果てることのないアップダウン、37kmから10kmに渡るダウンヒルですっかり脚を使い果たしました。50~71kmはまあ平穏でしたが、そこから最難関の馬越峠や90~97kmあたりの終盤にあるまじき登りなど心を挫くポイントが満載です。やはり国内屈指の難コースであったと思います。
しかし今年は本当に天気に恵まれ素晴らしい景色を堪能しました。マラソン抜きでも再訪したくなりました。

残念だったのはコース途中で立ち小便しているランナーをぼちぼち見かけたこと。歴史が長い分過去の慣習をひきずっているのかもしれませんが、気持ちのいいものではありません。参加者各人の自覚を促したいです。

初の野辺山、初の100Km

出場種目:ウルトラマラソン

直前までころころ変わる天気予報にどうなることやらと不安でしたがスタートしてみたら青空に映える美しい八ヶ岳が目を楽しませてくれました。
大会1週間前から禁酒、カフェイン抜き、睡眠をたっぷりとって万全の調子で挑みましたが10km過ぎから胃腸の調子が悪くなり、固形物が全く食べられず、常に吐き気との戦いでした。口に出来たのは水とコーラ、87kmエイドのグレープフルーツだけでした。リタイアを考えましたが行ける所まで頑張ろうと気持ちを奮い立たせ97km地点でタイムアウトとなりました。

沿道の暖かい応援、特に50km過ぎからの私設エイドには何度も助けられました。ボランティアさんや大会スタッフにも元気をもらえました。どうもありがとうございました。

こんな辛いコースはもう二度と走りたくないと思っていましたがやっぱり完走したい!来年またチャレンジします!共に悔し涙を流した友達とこれからの1年しっかり練習して挑みます。

このレポートは参考になりましたか? 3

コース変更は自分にはキツかった

出場種目:ウルトラマラソン

台風の影響で、一部コース変更になり
高度は無いがコースのアップダウンが少しあったので・・・
以前は、定速で登って1,900mからの位置エネルギーを利用し
一気に下る事が出来て距離を稼げたのですが
(また、トレランで楽しい箇所だった。)
今回は、地味に足を使わされた印象でした。

60kmまでは、調子良かったのですが・・・
一昨年、同様お腹を壊し、なんとか完走。

言っても100kmの長丁場で、ちょっとアクシデントがあると完走も危ういです。

縦にゆれると、出ちゃいそうなので(笑)
馬越えの下りから、ひたすら早歩き・・・
馬越えからのトイレはスタンプラリーを作って欲しいほど全制覇。

90kmからは、バンバン抜かれるし、風が吹いて寒いわで
散々な年でした。(辛いだけでなんも面白くない)
若干、フテ気味でゴール。当然トイレへ直行。
ただ
記録証をもらう際、坂本トレーナーがいらっしゃって
ガッチリ握手をしてくれ
なんか、その手の力強さに救われました。

完走メダルが欲しいばかりに馬鹿なことをした。

出場種目:ウルトラマラソン

レース中にランナー膝を発症。10km地点から痛みと戦いながら走りました。50kmで限界に達し、歩く事しか出来ませんでした。前半50kmをキロ6分で走った貯金を、後半50kmで切り崩しながら歩きました。「あのメダルが欲しい。」その一心でした。
今では、完走メダルが欲しいばかりに馬鹿な事をしたと思っています。病院に行ったら、大腿外側広筋が肉離れを起こしており、4週間走れません。
ウルトラランナーは皆優しく、足を引きずりながら歩く私に、「これからのマラソンライフの為にやめるべきだ。」「若きランナーをこの大会で失いたくない。」と声をかけてくださった方々がいました。私は「足が痛いのは皆同じ。」「計算上はメダル獲得までにゴールできるから諦めるものか。」と意地を張ってしまいました。声を掛けて頂いた方々、すみませんでした。
今は、治療に専念しています。
もし、また走れる様になれば、無理をして走ろうとするランナーを助けられる存在になります。このウルトラマラソンで大切なことが学べました。

100kmには毎年違う景色がある

出場種目:ウルトラマラソン

今年で7年連続7回目の完走に向けてのチャレンジでした。今年は序盤の林道トレイルが、昨年の豪雨の影響で舗装路での「う回路」となり、いつもと違う景色がありました。

とはいえ、それ以外は例年通りの行程で、7回目ともなれば「慣れたもの」。そう思っていましたが、今年は序盤に飛ばしすぎてしまい、60kmからは「地獄の行脚」。走ることもままならず、上り坂では、ほとんど歩いてしまいました。

これまでも、暑さあり、寒さあり、降雨ありと、いろんな表情で我々を迎え入れ、1度として同じ表情を見せない野辺山。更に100kmという道のりでは、1日の中でも色々と表情を変えて、我々の心を試しに来ます。

今年は、中盤の暑さと終盤の強風に苦しめられましたが、何とか完走。

デカフォレストに向けて、後3回の完走ができるよう、来年に向けてトレーニング開始です。

このレポートは参考になりましたか? 2

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ハセP さん
    208件投稿
  2. 2位 カトちゃん さん
    203件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    138件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    109件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/07/25
    第40回しおや湧水の里マラソン
    しおや湧水の里マラソン大会の魅力は ①安い参加料・・・・一般2,000円、小中高生1,50・・・

  2. 2019/07/21
    第5回 奥比叡・仰木棚田トレイルラン大会
    多数のご参加ありがとうございました。 5回目にして熱中症がなく大会が終われたこと・・・

  3. 2019/07/13
    第4回十和田湖マラソン大会
    全国各地からたくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。 みなさまの・・・

  4. 2019/07/11
    第39回ひろしま国際平和マラソン
    小学生以上なら誰でも参加できます。比較的平坦で、無理なくランニングを楽しめるコー・・・

  5. 2019/06/23
    第8回 佐賀大学本庄キャンパスジョギング
    本大会では学生ボランティアを中心に企画・運営しています。学生ボランティアの良かっ・・・