本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

ULTRA-TRAIL Mt. FUJI 2019

  • 2019年4月26日 (金) ~ 28日 (日)
  • 山梨県(山梨県・静岡県)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.ultratrailmtfuji.com/
種目:約167km UTMF

  • RCチップ
  • ランナーズアップデート
  • 大会ガイド
 


72.1

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.4 pt

(現在の評価数100人)

いさぽんさんのレポート

心より感謝申し上げます!!

出場種目: トレイル 

寒い中、長時間のボランティア、沿道応援の方々は素晴らしかったです。
レースを支えてくれる関係者や地元の人々、皆様に感謝申し上げます。おかげでとても楽しく走る事が出来ました!!

悪天候での途中打ち切りは懸命な判断でした。杓子山を越えていましたが、あの寒さとコースでは夜間は危険すぎます。事故や怪我のリスクが大きかったです。身の危険を感じる寒さでした。中止になって安心しました。

ロングトレイルですから、自己責任はつきもの。コース上での渋滞や、エイドでの過不足は予測できるでしょう。良い準備をして参加するべきだと個人的に思います。なんでも主催者に頼るのは、おかしいと思います。

改善点はスタート地点の仮設トイレの行列。コースの渋滞緩和のため、参加資格を見直す。コース上のゴミが多かった。拾える物はランナーが拾う。

■総合評価

全体の感想
次回大会の参加 B
参加料に見合った大会 A
スタッフ、ボランティア A
会場
会場へのアクセス C
スムーズな誘導、受付 B
トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
楽しめるコース設定 A
参加人数に見合ったコース B
コースの安全管理 B
コース誘導 A
コース上の給水 A
記録、表彰
記録計測、記録配信サービスの充実 A
充実した年代別表彰 B
インフォメーション
装備品の明示 A
分かりやすい大会情報、参加案内 A
大会HPの更新 A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 2

みんなのレポート

評価者:100人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

本当の勇者

出場種目:トレイル

通常、トレランの渋滞は数分毎に数m進むのが一般的だが、今回は全く進まない渋滞だった。夜間で寒い山中である。微動だにしない渋滞に、皆震え出し、恐れていたことが起き始めた。極寒の中、ほぼ全てのランナーが、整然と列を崩さないで順番を守っていたが、ある一人が脇から前に出た。我々の後方の勇気ある方がそれを注意したが、身勝手な言い訳をし、周囲に不穏な緊張感が走り、空気が凍りついた。只でさえ寒いのにだ。案の定、暫くすると同じ事をする奴が現れた。一人がやると真似する奴が必ずいる。これがマナーを無視する人間の常なのであり、壮大な富士山を巡るこのレースに於いても例外ではなかった。皆誇り高きランナーだと思っていたのは、残念ながら私の勘違いだったようだ。STY廃止で参加者2倍になり、渋滞が増えたので、主催者には次回の検討課題として頂きたい。
どんな時でも列を乱さず整然と並ぶ国民性は、東日本大震災でも海外から高く評価されたほど、日本が誇る美しい文化の一つなので、UTMFでも実践して頂きたいと思います。
最後に、なぜあの時、勇気ある若者をフォローしてあげなかったのか、悔やまれます。

無事ゴール

出場種目:トレイル

ゴール後、優勝者のインタビューで「天気は良かった。寒すぎず、熱すぎず、風も無かった。ちょっと雨が降ったけど山の人間ならその程度で楽です。」
流石に彼より遅いペースで走っていたので、もう少し寒くなったと思いますが、確かに大半は進みやすい天気でした。
杓子山で雪降った時に速くゴールしなきゃと思いました。
誘導員が山の奥まで多く、迷う事は一切無かった。
STYが廃止され、スタッフをUTMFに集中出来たのは良かったと思います。
最低目標だった土曜日の明るい時間帯でのゴール&優先権ゲットは達成出来て、満足です。

このレポートは参考になりましたか? 5

途中打ち切りでしたが

出場種目:トレイル

積雪、氷点下で山中の夜を迎えると思うと、途中打ち切りは全く妥当な判断だったと思います。到着エイドの距離に応じてポイントも申請いただけるようで、大変ありがたいです。トップ選手はゴールできていて、レースとして十分成立していると個人的に思いました。国内最高峰の大会だけに、ボランティアの皆様は本当に寒い中でも最高のご対応頂き、ありがとうございました。

このレポートは参考になりましたか? 5

大きいレースだけに課題もある

出場種目:トレイル

先ず、スタッフの方々熱意や対応は大変すばらしく、中止の判断も素早く適切で統率がとれていました。頭が下がります。ありがとうございました。
それを踏まえた上で指摘したいのは、
(1)JRの駅からこどもの国までのアクセスと時間を考えて欲しい。
(2)スタートからA1までの送電線の渋滞
(3)STYが無くなったからと言って2400人出走は適切であったか?
(4)熊森山下りの酷い渋滞とマナーの悪さ、ゴミが尋常じゃない。特に渋滞の緩和ができ無いようなら関門時間、スタート時間、ゴール時間の再検討を望みます。公平の様で公平ではないと思います。
(5)エイドの食べ物がほぼ一緒。ご当地熱も冷めたかな?特色出さないならせめてご飯とみそ汁、素うどん等、温かくて直ぐに口に流し込める物を常にある様にしてほしい。後半になると欲しいのは「温かい、エネルギーに直ぐに変わるもの」なので。
(6)海外のランナーのマナーの悪さを感じました。ただ、これは日本人が聞き分けが良いと言うか、マナーが良いと言うか、国民性なのかなとも思います。どちらが世界標準で、運営側はどちらを好しとするんでしょう。

このレポートは参考になりましたか? 5

選手ファーストではない大会

出場種目:トレイル

昨年にひきつずき参加です。
A4でドロップバックがありませんでした。
紐付きの袋に入らなかったのでザックの外に縛りましたが本部行になっていました。
紐無しの大きな袋もありそれもドロップバックだそうです。
だったら大きな紐付きの袋を2つ(赤袋本部、緑袋A4)にすれば良いだけです。
一昼夜雨の中を頑張っているのでA5迄我慢するからA5に届けるようにいお願いしましたがA5にはありませんでした。
A6で終了となりましたが、A6迄は予備の着替えを背負っていましたので其れで凌ぎました。
知人も参加しており雪が降る中A8迄頑張りましたが関門を通過出来ませんした。
A8のエリア長の回答は誘導はちゃんとした、それは残念でした。
ボランティアや応援は素晴らしいの一言につきますが、主催者は事務的な対応でしたしマーシャルの姿さえ見かけませんでした。
重要な箇所(熊森山下と竜ヶ岳下等)に誘導員もおりません(知人の女性は熊森山下で転倒し鎖骨に罅が入っていた)でした。
世界選手権大会にしては運営がお粗末と言わざるを得ない大会と感じております。

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    181件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    178件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    135件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    107件投稿
  5. 5位 Flintstone さん
    95件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2020/08/25
    こもれびマラソン in 柏の葉
    「こもれびマラソンin柏の葉」にご参加いただき心より感謝申し上げます。コロナウイル・・・

  2. 2020/05/21
    第12回 文京 20km駅伝大会・ハーフマラソン
    「文の京 12時間リレー・3時間マラソン」は、2020年の第12回から「文京 20km・・・

  3. 2020/02/14
    第11回さがみ風っ子トレイルランニング
    神奈川県相模原市をフィールドに、親子、友人との絆を深められる初心者向けトレイルラ・・・

  4. 2020/01/16
    第46回大阪府チャレンジ登山
    満開の桜の下、ハイカーとランナーが共に楽しい1日を過ごせるイベントです。

  5. 2020/02/27
    第20回あやはし海中ロードレース
    3月22日に予定されておりました本大会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止およびラ・・・