本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第30回大田原マラソン

  • 2017年11月23日 (木)
  • 栃木県(大田原市)
Information

大会オフィシャルページ:http://ohtawara-marathon.com
種目:42.195km,10km

  • RCチップ
  • RUNPHOTO
  • ランナーズアップデート
  • 大会100撰選出大会
  • 全日本マラソンランキング
  • 出走権譲渡 ゆずれ~る
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


91.0

(現在の評価数303人)

いちろべえさんのレポート

走れたことが誇りに思えるレースらしいレース

出場種目: フルマラソン 

サブ3.5ではあるものの、失速すると制限時間オーバーもあり得る、私にとっては敷居の高い大会でしたが、学生時代からの友人が続けて出走していることもあり、今回初めて大阪から参加しました。
 結果、遠征の甲斐がありました。正直に申告したタイムでのスタート管理で、ちょうど抜かれることもない先が詰まることもない、一団が並行移動しているようなレース運び、スペシャルドリンクの対応もあるが、極めて質素な給水、イベント色を感じさせないスタート・フィニッシュ会場、今まで経験した市民マラソンとは一線を画するスパルタンな雰囲気。
 規模を求めないためか、競技運営はしっかりしていて、更衣やトイレなどまったく不満を感じない素晴らしい大会でした。
 レースとしては後半に登りが続くコースに体力消耗、平凡な記録となりましたが、雨対策、痙攣の予兆など、コンディション変化に早めの対応が出来て良かったかな。
 全体として、速い方ばかりの大会で完走でき、達成感を感じることができました。
 前半の冷たい雨の中でも、沿道から熱心に声をかけていただき、勇気づけられました。ありがとうございます。

■総合評価

全体の感想
スタッフやボランティア A
大会の地元への浸透度 A
大会運営全体を通しての印象 A
来年も参加したいですか? A
会場
会場へ(から)のシャトルバス A
会場案内看板や場内アナウンス A
会場のレイアウトと移動経路 A
荷物預かり所 A
トイレの配置と管理 A
スタート、コース、フィニッシュ
スタートエリアの管理 B
コースは混雑しなかったか? A
距離看板 A
景色など楽しめるコースか? A
沿道での応援 A
給水所の水、スポーツドリンク A
ゴール後のドリンクフード A
記録、表彰
ネットタイム計測 A
ネットやスマホへの記録配信 A
参加賞 A
年代別表彰について B
インフォメーション
大会パンフ(募集要項付き) A
当日案内(ハガキ、封書) A
大会ホームページ A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 4

みんなのレポート

評価者:303人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

ゴール目前励ましてくださったランナーさん、ありがとう。

出場種目:フルマラソン

最終関門を4分前に通過。サブ4は大丈夫だろうと甘く考えていました。競技場に入るとき沿道の人から「あと3分サブ4できるよ」との声。しかしドラマが待ってました。ハンガーノックです。1コーナーを過ぎたところで転倒。起き上がって走るも腰砕けでよれよれです。そして3コーナーを回ったところで再度転倒、頭から倒れます。眼鏡もゆがみました。。近くのランナーさんが助け起こしてくれ「まだ1分50秒ある、ゴールできるよ」と励ましてくれます。ゴールまで200mありません。でももう足が動きません、前のめりになりながらやっと歩きます。そしてゴール目前、3回目の転倒です。時計を見ると3時間59分56秒でした。サブ4の夢は消えました。でも満足です。サブ4目前にして、自分のタイムにもかかわらず励まして下さったランナーさん本当にありがとうございました。

走る意味を考えさせられる最高の市民大会。

出場種目:フルマラソン

4時間をぎりぎり切れる程度の爺です。何度かここで走っていますが、いつも思うのはこんな大会が他でも、地元(神奈川)でも、開催してほしいという事です。なぜか地方振興におもねってイベント的な大会が多く、本当に走りたい人が出たい大会が少なく感じます。仮装をしたい人はそういう大会に出ればいいし、給食が楽しみな人はそれまでです。走ることに真摯に向き合う大会が少ないことを憂います。その意味でこの大会はこのまま、ずっと、スタイルを変えることなく続いていただきたいと思います。毎年厳しい気象だったりしますが、それも含めて大田原マラソンですから、この大会に挑戦し続けることが長生きの秘訣と思っています。ボランティアのみんな、特に最初の6.5kの中学生有難う、大変だったよな。心から関係各位に感謝申し上げます。来年も頑張ります。

これぞ競技会!

出場種目:フルマラソン

会場全体がストイックな雰囲気に包まれてて、記録会というか競技会といった感じ! 高校総体などの〝部活の大会〟を彷彿とさせます◎。
自家用車でのアクセスは良く、駐車場からトラックまで近いので荷物を預ける必要は無し◎。
沿道の応援は「粘って粘って」「行ける行ける」と他の大会では聞かないような玄人の声援に叱咤されます◎。
ペーサーが正確に刻んでくれるので目安になります〇(ボクは3.5ペーサーに抜かれました^^;)。
毎年、自分の走力を計る大会として、何より「何歳になってもこの大会に出場し続けられるようになろう」と自信を奮い立たせるのに役立つイイ大会でした◎

このレポートは参考になりましたか? 12

安定の硬派なフルマラソン大会

出場種目:フルマラソン

練習もろくにしないで出る人も多い都市型マンモス大会とは対極の、少数精鋭(とは言っても4000人前後)の、競技志向の大会。毎年変わらない安定感を感じる部分と、小さな改善がある部分がバランス取れている。

安全のためにも、マラソン大会とは本来こういう大会であって欲しいし、競技以外の過剰なサービスは不要。競技そのものに集中できる環境が揃っているこの大会は素晴らしい。

何度も出ているが、タイムが良かろうと悪かろうと、陸上競技場に戻って来た時の感動は格別。

素晴らしい。真にランナー思いの大会。

出場種目:フルマラソン

冷たい雨。バスは入口まで乗り入れてくれて濡れることも歩くこともなく、そして体育館の中はとても暖かでした。会場は参加人数に対して充分に広く雨宿りの方が多く留まるも混雑もなく。屋内のトイレは清潔で待ち時間もなく全てが順調。スタート直前に強い雨になるも雲が切れてゆく気配。トラック半周の整列に収まる参加人数、マラソンは陸上競技だと再認識できる景色にほどよい緊張感。気持ちが上がってきます。集団が伸びるまでそれなりに詰まりますが下り始めるころ(7km)からは走力が揃ってきて非常に走りやすい。次第に雨も上がりまだ風もなくハーフまでは楽しく行けます。23km底を打ってここからは上り流石にじわじわきます。噂通りの北風向かい風。参加者の全員がサブ4なので脚が重くなり気持ちが切れそうになるのは35kmあたり。そのあたりからの応援が温かいのです。4時間制限なので前半のエイドを担当していた人達が集まってきてくれる。苦しいところがわかっている。しかし風が強い風速7m。日差しが戻り那須連峰も顔出して絶景に。"風に負けるな"声援に後押しされてトラックに戻る頃には笑顔が戻ります。レース後の温泉に至るまで本当に素晴らしい

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    181件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    178件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    135件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    107件投稿
  5. 5位 Flintstone さん
    95件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2020/08/25
    こもれびマラソン in 柏の葉
    「こもれびマラソンin柏の葉」にご参加いただき心より感謝申し上げます。コロナウイル・・・

  2. 2020/05/21
    第12回 文京 20km駅伝大会・ハーフマラソン
    「文の京 12時間リレー・3時間マラソン」は、2020年の第12回から「文京 20km・・・

  3. 2020/02/14
    第11回さがみ風っ子トレイルランニング
    神奈川県相模原市をフィールドに、親子、友人との絆を深められる初心者向けトレイルラ・・・

  4. 2020/01/16
    第46回大阪府チャレンジ登山
    満開の桜の下、ハイカーとランナーが共に楽しい1日を過ごせるイベントです。

  5. 2020/02/27
    第20回あやはし海中ロードレース
    3月22日に予定されておりました本大会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止およびラ・・・