本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第28回大田原マラソン

  • 2015年11月23日 (月)
  • 栃木県(大田原市)
Information

大会オフィシャルページ:http://ohtawara-marathon.com
種目:42.195km,10km

  • RCチップ
  • RUNPHOTO
  • ランナーズアップデート
  • 大会100撰選出大会
  • 全日本マラソンランキング
  • 出走権譲渡 ゆずれ~る
  • 大会ガイド
  • 大会結果
  • RUNNETからエントリー
 


90.8

(現在の評価数134人)

ひろさんさんのレポート

自分自身と向き合う大会

出場種目: フルマラソン 

初サブフォーを達成することができました。
前半の下り坂、後半の上り坂にペース配分が難しいですが、沿道の声援に励まされ、最後は気力で走り抜けました。

途中冷たい雨が降る中、体力的にも厳しい状態でしたが、無事にゴールできたのも、制限時間4時間に挑む周りのランナーと、ギャラリーのあたたかい声援のおかげです。

次回も参加したい大会の一つです。

■総合評価

インフォメーション
事前の大会情報 A
スムースな大会エントリー A
トラブル時対応の明記 A
大会ホームページの更新 A
会場
会場案内 A
会場内と周辺の導線 A
荷物預かり A
トイレ A
スタート前の給水 A
スタート、コース、フィニッシュ
スタートエリア管理 A
コースの走りやすさ A
見やすく正確な距離表示 A
楽しめるコース設定 B
正しいコース情報 A
応援 A
給水所・エイドステーション A
記録、表彰
計測ポイント A
記録証・完走証 A
年代別表彰区分 A
参加賞 A
全体の感想
大会の熱気、活気 A
コストパフォーマンス A
地域の特色 A
次回大会の参加 A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 1

みんなのレポート

評価者:134人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

素晴らしいのひと言。

出場種目:フルマラソン

昨年初めて参加して安定した運営、ファンラン指向とは一線を画す硬派な競技指向に惚れ込み今年も迷わずエントリー。
以来、大田原マラソン一本に絞り込み、雨の日も、風の日も、雪の日もこの日を目標にトレーニングを積んできました。結果、自己ベストで見事サブスリーを達成しました。
今年もクールな運営、最高でした(気温もチョッとクールでしたが 笑)。
「最高の舞台は用意しますよ。でも給食だの平坦なコースだのヤワなお膳立てはしませんからね、自分の脚で勝負してみなさい!」と言った感じでしょうか。
大田原マラソンでサブスリーを達成した事を誇りに思います。自分にとっての勲章です。来年も挑戦しますので今まで通りでお願いします!

ペースメーカーの方が素晴らしかったです

出場種目:フルマラソン

陸連登録のBブロックからスタートし、陸上競技場を出てすぐのところで、ペースメーカーの方に追いつくことができました。2キロを過ぎたところで、私の時計表示は8分30秒とぴったりのサブスリーペース。そこからペースメーカーの方の頭についた風船を目印にひたすら走り続けました。私は少し離れたところにいたので聞こえませんでしたが、何キロかおきにペースメーカーの方が周りにアドバイスやゲキ飛ばしていたようで、みんなで一丸となってサブスリーを目指す雰囲気ができて、すごく走りやすかったです。最後は残り6キロでペースメーカーを抜き、ゴール目指して駆け抜けました。人生初のサブスリー。間違いなく一人ではできなかったと思います。沿道のみなさんの応援も含め、感謝しています。またサブスリーペースだとスペシャルドリンクを見つけるのはかなり難しいです。私は2か所におきましたが、どちらも取れませんでした。取れればラッキーぐらいの感覚がいいと思います。

参加賞のデザインがキュート

出場種目:フルマラソン

準エリート大会として有名なこの大会。
今回はあいにくの雨でしたが、運営は昨年と同様文句なしです。
ペーサー(3時間、3時間半)もいるので、自分の走りに集中出来ます。
参加賞のTシャツは例年とは違い、キュートなデザイン。
栃木県内にある芸術大学の学生によるデザインだそうです。
「大田原マラソンを目の前に、与一(大田原市公認キャラクター)を置いて走り出してしまうおちゃめなお馬さん」(大会パンフレットより)がデザインコンセプト。
私は好きです。地元への愛着も感じられますし。
昨年までのデザインは年配の方には好まれると思いますが、正直パジャマとしてしか使えない><。。
係の人が、Aブロックに紛れ込んでいたBゼッケンのランナーを注意して本来のブロックに戻してくれていました。ブロック毎にゼッケンのカラーが違う(?)ので、不正行為を見つけやすい。これもこの大会の優れたポイントです。

2年連続2度目のフルマラソン

出場種目:フルマラソン

「自己への挑戦状!」というサブタイトルが示す通り、本気で練習してきた市民ランナーが本気で自分の実力を試すために用意された大会。制限時間4時間、4000人という規模、サブ3、3.5のペーサー設定、スペシャルドリンクの配置等、走ることに集中できるの全ての環境が整っていると感じます。
 2年連続の参加ですが、昨年から改善されたと思う点について、
・ゼッケンの郵送による事前配布・スタートの並び順が陸連登録に関係なく申告タイム順となった・スタートエリアの割り込み防止のためのフェンスの設置・ゴール後のショルダーバッグの配布等
 他にもたくさんありますが、ランナーの意見を聞いてこの大会をより良いものにしようという運営側の気概を感じます。このクオリティーで参加料6000円は安すぎるのではないかと思うほど素晴らしい大会です。
 冷たい雨の中、沿道で声援を送っていただいた大会スタッフ、学生さん、地域の方々、本当にありがとうございました。おかげで最後まで力を出し切ることができました。また来年も参加したいと思います。

競技場の時計の遅れ

出場種目:フルマラソン

毎年恒例の大田原マラソン。雨が降り続くのは初めてでしたが、どうにか走りきれました。スタッフの方々に感謝です。
 どなたもまだ触れていませんが、公認大会であることを踏まえて苦言を一点。記録症のタイムに比べて競技上のゴールの時計が3-4秒遅れていたことです。サブ3、サブ4などは個人の自己満足の問題で笑って済ませられるのですが、国際資格に関係してくる可能性もあるのではないでしょうか。スタートのミスのためかと思いますが、選手がゴールするまで2時間以上あるので、調整できたはずだと考えます。本当にごくわずかな時間ですが、その1秒、2秒を短縮しようと選手は努力しているので、見過ごしてはならない問題だと思います。

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ハセP さん
    186件投稿
  2. 2位 カトちゃん さん
    182件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    131件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    107件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/06/11
    第39回南木曽町・妻籠健康マラソン
    第39回大会実行委員会です。6月2日の大会では多くのランナーにご参加いただき誠に・・・

  2. 2019/06/09
    水見色Trail Running -第5回水見色トレラ・・・
    静岡市の中心市街地から約30分と気軽に行ける水見色です。第4回大会までは高山市民の・・・

  3. 2019/04/25
    第6回 南伊豆町100km・78km・66kmみちくさ・・・
    2014年より始まりました「南伊豆町みちくさウルトラマラソン」も、今回で6回目の大会・・・

  4. 2019/03/18
    第35回日本大正村クロスカントリー
    この度は、第35回大正村クロスカントリーへのご参加誠にありがとうございました。今年・・・

  5. 2019/06/17
    第26回女神湖ビーナスマラソン2019
    昨日は大勢のご参加ありがとうございました。しかし大会本部の不手際により10kmコー・・・