本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

仙台泉ヶ岳トレイルラン2016

  • 2016年9月24日 (土) ~ 25日 (日)
  • 宮城県(仙台市)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.spf-sendai.jp/event/outdoor.php?__ex=&
種目:トレイルラン33km(25日),トレイルラン17km(25日),トレイルラン12km(25日),トレイルラン12km(25日)

  • RCチップ
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


73.6

(現在の評価数27人)

KAWAGOE-NEKOさんのレポート

なかなかハードなコースです

出場種目: トレイル 

トレイル17kmの部に初参加しました。泉ヶ岳は小学校の遠足以来ずいぶん久しぶりですが、こんなに傾斜の厳しいところだったのか、と思いました。
 17kmは最初のエイドを越えると、標高差150m位を一気に登ります。なだらかになってしばらく行くと、桑沼が見えて、こんなに登ったんだと思いますが、北泉ヶ岳まではまだまだ登ります。
 北泉ヶ岳の下りは急で、下りきると水場(水神)があります。すぐ近くのエイド2を過ぎると、泉ヶ岳の登りになり、ここがひどくハードです。熊笹平からスキー場までは、基本的に下りの山道ですが、ぬかるみがひどい急な坂なので足場に要注意です。私は滑り台のように進みました。
 ゴール後改めてパンフを見ると、山二つはどちらも400mの標高差があり、11日に走った白馬よりも、距離こそ短くもアップダウンが激しく、またエイドも少ない難コースといえます。

■総合評価

全体の感想
大会の熱気、活気 A
地元への浸透 B
ストレスを感じさせない運営 A
次回大会の参加 A
会場
わかりやすい会場案内 A
スムーズな移動経路 A
荷物預かり A
トイレ B
スタート前の給水 A
スタート、コース、フィニッシュ
スタートエリア管理・誘導 A
参加人数に見合ったコース幅 B
見やすく正確な距離表示 A
コースの安全管理 A
楽しめるコース設定 A
熱心な応援 A
コース上の給水 A
記録、表彰
記録計測 A
記録証・完走証 A
工夫を感じる参加賞 A
充実した年代別表彰 B
インフォメーション
わかりやすい大会情報 A
正しく詳しいコース情報 A
トラブル時対応の明記 A
大会ホームページの更新 A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 3

みんなのレポート

評価者:27人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

トレラン初参加

出場種目:トレイル

トレラン初参加を今大会の33キロの部にエントリー。なめてました。完膚なきまでに叩きのめされました。なんとかかんとか完走しましたが、初めて、レース中に途方に暮れました。27キロから29キロにかけての急坂が登れども登れども終わらない。足が死んでるので、そこからの下りもほうほうの体(笑)もしかしたら、17キロの部だったら、気持ちよくフィニッシュできたかなと、欲張った自分に反省のレースでした。エイドはコンパクトながら、親切な対応をいただき感謝しています。

このレポートは参考になりましたか? 1

なかなかハードなコースです

出場種目:トレイル

トレイル17kmの部に初参加しました。泉ヶ岳は小学校の遠足以来ずいぶん久しぶりですが、こんなに傾斜の厳しいところだったのか、と思いました。
 17kmは最初のエイドを越えると、標高差150m位を一気に登ります。なだらかになってしばらく行くと、桑沼が見えて、こんなに登ったんだと思いますが、北泉ヶ岳まではまだまだ登ります。
 北泉ヶ岳の下りは急で、下りきると水場(水神)があります。すぐ近くのエイド2を過ぎると、泉ヶ岳の登りになり、ここがひどくハードです。熊笹平からスキー場までは、基本的に下りの山道ですが、ぬかるみがひどい急な坂なので足場に要注意です。私は滑り台のように進みました。
 ゴール後改めてパンフを見ると、山二つはどちらも400mの標高差があり、11日に走った白馬よりも、距離こそ短くもアップダウンが激しく、またエイドも少ない難コースといえます。

このレポートは参考になりましたか? 3

なかなかハードなトレイルでした。

出場種目:トレイル

泉ヶ岳のトレイルコースは、他のトレイルコースに比べるとフラットなコースがほとんど無く、トレイルコースには砂利道ばかりです。そのため着地する際に足がぐらつき足の裏に豆ができました。また、北泉ヶ岳への下りは泥の傾斜が続き滑り台の激坂下りでした。景色は泉ヶ岳の頂上のみ視界が開くエリア。岩が多くなれないランナーには、転んだら怪我の恐怖との戦いです。制限時間7時間は、少々レベル高いコースだと感じました。復路の泉ヶ岳への登りであるカモシカコースは、ひたすら登りが続きます。心が折れる登りでした。残り3キロフィニッシュゲートまで迂回して下りますが、これもまた砂利道が続き足が取られます。快晴の天気で開催されましたが、天気が悪い場合は、また、厳しい条件が付加されます。
なかなかのトレイルでしたが、3時間代でフィニッシュするランナーもいて流石と感じます。日本でも屈指のコースかなと感じました。最後にフィニッシュゲートを通過する際に昔はランナーの名前をアナウンスしてましたが無くて残念でした。

このレポートは参考になりましたか? 1

トレイル初参戦

出場種目:トレイル

フルのタイム向上の為、クロカン&トレランをはじめ、初めてエントリーしました。
3回試走したものの、レースは違っていました。
未走部の黒鼻山からがきつかった。自分でも情けなくなる。
一度ロードに戻ってからの約5キロ、ほぼ歩きの速度。
最後の山登りは何度経験してもきつかった。ただ、四つん這いになってよじ登る私に『頑張れ、山頂はもう少し!!』と声を掛け、道を譲ってくれた登山の方々が本当に有り難く力が湧いた。
登頂後の下りの泥濘がすごく、何度もこけそうになり、最後のゲレンデ~砂利~ゲレンデの下りは足先が痛くてたまらないですが、根性だして掛け抜けました。
他の大会がわからないので、こんなもんなんだろうと思っていますが、確かにキツイ。ウルトラマラソンに匹敵する過酷さですが、達成感はあります。
そして、山の中を疾走するのは気持ちがいい。
今度は、岩場の下りのテクニックを身につけて楽しく下りたい。

秋のフルマラソンに向かってのとても良い脚修行になりました!!

エイドの方は毎回暖かい言葉・お褒めの言葉を下さり、自信になり元気になりました。

来年もまた来ます。

このレポートは参考になりましたか? 2

雨上がりのトレイルはやはりきつかったです。

出場種目:トレイル

全日まで降り続いた雨の為、すべることは覚悟していましたが、かなり滑りました。石の上も結構すべるので、あまりとばせず慎重に進んでいきました。雨の後のトレイルはかなりきついです。コースは昨年は台風の影響で短縮されましたが、今年は短縮なく走れましたが、山2つを超えるのは結構きつかったです。

このレポートは参考になりましたか? 3

大会ランキング(種目・フルマラソン)

  1. 1位 第39回いぶすき菜の花マラ・・・
    76.6点
  2. 2位 第21回ハイテクハーフマラ・・・
    54.7点

大会ランキングの続きを見る

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    164件投稿
  2. 2位 ハセP さん
    136件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    109件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    95件投稿
  5. 5位 Flintstone さん
    88件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2020/01/16
    第46回大阪府チャレンジ登山
    満開の桜の下、ハイカーとランナーが共に楽しい1日を過ごせるイベントです。

  2. 2019/12/24
    第20回あやはし海中ロードレース
    今年で第20回を迎える「あやはし海中ロードレース大会」記念大会として、エントリーし・・・

  3. 2019/12/12
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)にご参加いただきありがとうございました。 ・・・

  4. 2019/11/27
    越後謙信 きき酒マラソン5
    ご参加いただいた皆様、いちにち楽しんでいただけたでしょうか。 次回もお楽しみいた・・・

  5. 2019/11/15
    第9回 赤穂シティマラソン
    この度は赤穂シティマラソン大会にご参加いただきありがとうございました。大会当日は・・・