本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第1回 南伊豆町75kmみちくさウルトラマラソン

  • 2014年11月15日 (土)
  • 静岡県(南伊豆町)
Information

大会オフィシャルページ:http://run.class14.com
種目:75km

  • 大会ガイド
 


--.-

(現在の評価数14人)

Bさんのレポート

まさにマラニック

出場種目: 75km 

今回が第1回ということで事前にコースに関する予備知識がなかったのだが、ここまでハードなアップダウンが続くとは思ってもみませんでした。75kmという距離はウルトラでは決して長いほうではないが、海沿いから石廊崎等の観光地をつなぎ、峠越えあり、トレイルランと言って差支えない部分もあり、とても充実したコース取りでウルトラ経験者でも決して侮れないと思いました。

もちろん最大の売りは充実したエイドで、地域名産品・手作りのおにぎり・お味噌汁、ブダイの竜田揚げは絶品でした。フルーツや飲み物なども盛りだくさんで食べることを楽しみに参加している人も多いのだろうと思います。

途中はコースの都合で走行禁止・徒歩のみだったり、タイム計測や表彰もないということで緩い気持ちで楽しめる大会です。全く知らない人達と声をかけあったり話をしたり、純粋に走ることを一日かけて楽しめます。
次回もぜひ参加したいと思います。

■総合評価

インフォメーション
HPの大会前情報 B
大会間近の情報公開 B
大会後のHP更新 A
分かりやすい参加者案内 A
会場
会場案内 B
受付/ナンバーカード事前送付 A
スタッフ、役員 A
更衣室 A
荷物預かり A
スタート前、フィニッシュ後の給水 B
飲食ブース A
コース・スタートエリア
スタートエリア管理 B
楽しめるコース設定 A
見やすく正確な距離表示 B
エイドステーション/救護所 A
トイレ B
応援 A
記録
年代別表彰区分 B
計測ポイント B
オンラインの記録速報 B
後日発送の完走証 B
当日完走証 B
総評
レース以外のランナーサービス A
来年の参加 A

不適切なレポートとして報告する

共感するましたか? 14

みんなのレポート

評価者:14人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

景色は最高

出場種目:75kmウルトラマラソン

とにかく景色が最高でした。
地域の方が盛り上げていただいている空気も感動しました。
レースは給食を楽しみながら走ることができてタイムも納得です。
ただ、絶景を楽しむために急な上り坂がコース設定されていて75kmという距離には厳しいアップダウンでした。

このレポートは共感度になりましたか? 4

南伊豆の素晴らしい景観を満喫

出場種目:75km

南伊豆には初めて行きましたが、この大会で南伊豆の見どころ(岬から山、アロエから野猿まで)を一度に満喫できるコースでした。何より地元の皆さんのおもてなしや応援が暖かく、エイドで提供される食事はどれもおいしかったです。コースは一部未舗装のトレイルコースも含み、アップダウンがきつく感じられました。前半の海沿いは想像よりずっと風が強かったので、風対策を考えた服装が必要だと思いました。

このレポートは共感度になりましたか? 1

景色最高

出場種目:75km

走ってはいけない場所があるマラソンなんて、なかなか無いでしょう。富士山も見えたし最高

このレポートは共感度になりましたか? 5

景色最高!が、とにかく腹ペコでした。。。

出場種目:75km

走援隊主催のイベントへは初めての参加となりました。手作り感のあふれるアットホームな運営で心が温まりました。が、制限時間ギリギリの到着とはいえ、エイドの品切れが続出。コンビニもないコースで給食なしは本当にキツく、エイドのおばちゃんに非はないものの文句を言ってしまい、反省しました。ゴール後の伊勢エビ汁とおにぎりを食べて生き返りました。

このレポートは共感度になりましたか? 6

コース設定のこだわりに脱帽!

出場種目:75km

南伊豆町の名所、見所をくまなく見せたいとの思いが伝わってくるコース設定で、上ったり、下ったり、迂回したりと、かなりハードなコースでした。そのこだわりに脱帽です。
 
ただし、足が終わって歩くのはやむを得ないにしても、急すぎて走れない上りが繰り返されるのは、ちょっとストレスでしたね。
 
そんな中、ゲストランナーの砂田貴裕選手(100km世界記録保持者)が急坂を風のように走り抜けていったのは、さすがと言うしかありあせん。

ウルトラとトレイルはなるべく多くの大会に出たいので、同一大会に2度の出場はしないできましたが、来年度、100kmのコースができるということですので、出場を検討したいと覆います。

このレポートは共感度になりましたか? 3

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    164件投稿
  2. 2位 ハセP さん
    136件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    109件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    95件投稿
  5. 5位 Flintstone さん
    91件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2020/01/16
    第46回大阪府チャレンジ登山
    満開の桜の下、ハイカーとランナーが共に楽しい1日を過ごせるイベントです。

  2. 2019/12/24
    第20回あやはし海中ロードレース
    今年で第20回を迎える「あやはし海中ロードレース大会」記念大会として、エントリーし・・・

  3. 2019/12/12
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)にご参加いただきありがとうございました。 ・・・

  4. 2019/11/27
    越後謙信 きき酒マラソン5
    ご参加いただいた皆様、いちにち楽しんでいただけたでしょうか。 次回もお楽しみいた・・・

  5. 2019/11/15
    第9回 赤穂シティマラソン
    この度は赤穂シティマラソン大会にご参加いただきありがとうございました。大会当日は・・・