本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

志賀高原エクストリームトライアングル

  • 2014年8月30日 (土)
  • 長野県(志賀高原)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.nature-scene.net/shiga_ex
種目:63km

  • RCチップ
  • 大会ガイド
  • RUNNETからエントリー
 


--.-

(現在の評価数3人)

supraさんのレポート

超過酷なレースでした

出場種目: 63k 

事故に遭いほとんど練習できないまま参加しました。
いろんな情報を見る限り標高が高く上り下りもきつく厳しそうな予感はし、さらに天気は悪く悪条件が揃いました。
ぬかるんだ道ですぐにシューズは水没、さらに進むと容赦のない下りが出てきてウォータースライダーのような状況でした。平らなところも水が溜まり横に滑りどこでも転べるコースでした。
10数キロあたりで激しく足が横に滑り転倒し足首に骨折したかと思う激痛が走りました。
立ち上がり何とか動くので慎重に歩き始めましたがすぐ同じように滑って転び激痛が走り心は折れエスケープできる第1関門まで残り10数キロを足を引きずりひたすら進みました。
テーピングを持たなかったので後続ランナーの方に消炎剤を塗ってもらいテーピングをしてもらいました。その後の急斜面はお尻をついて滑って下りました。
下半身は泥まみれで、第1関門まで予想外の10時間51分もかかり、バスの出発まで時間があり川で体とウエアを洗い川のすぐ脇の砂地を掘ると自然に沸く天然温泉で温まりました。
このままでは悔しいので来年も参加したい気持ちはありますが、どうなるか分かりません(^_^;)

■総合評価

インフォメーション
HPの大会前情報 B
大会間近の情報公開 B
大会後のHP更新 B
分かりやすい参加者案内 B
会場
会場案内 A
受付/ナンバーカード事前送付 B
スタッフ、役員 A
更衣室 B
荷物預かり A
スタート前、フィニッシュ後の給水 B
飲食ブース B
コース・スタートエリア
スタートエリア管理 B
楽しめるコース設定 A
見やすく正確な距離表示 B
エイドステーション/救護所 B
トイレ B
応援 B
記録
年代別表彰区分 B
計測ポイント B
オンラインの記録速報 B
後日発送の完走証 B
当日完走証 B
総評
レース以外のランナーサービス B
来年の参加 A

不適切なレポートとして報告する

共感するましたか? 25

みんなのレポート

評価者:3人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

超過酷なレースでした

出場種目:63k

事故に遭いほとんど練習できないまま参加しました。
いろんな情報を見る限り標高が高く上り下りもきつく厳しそうな予感はし、さらに天気は悪く悪条件が揃いました。
ぬかるんだ道ですぐにシューズは水没、さらに進むと容赦のない下りが出てきてウォータースライダーのような状況でした。平らなところも水が溜まり横に滑りどこでも転べるコースでした。
10数キロあたりで激しく足が横に滑り転倒し足首に骨折したかと思う激痛が走りました。
立ち上がり何とか動くので慎重に歩き始めましたがすぐ同じように滑って転び激痛が走り心は折れエスケープできる第1関門まで残り10数キロを足を引きずりひたすら進みました。
テーピングを持たなかったので後続ランナーの方に消炎剤を塗ってもらいテーピングをしてもらいました。その後の急斜面はお尻をついて滑って下りました。
下半身は泥まみれで、第1関門まで予想外の10時間51分もかかり、バスの出発まで時間があり川で体とウエアを洗い川のすぐ脇の砂地を掘ると自然に沸く天然温泉で温まりました。
このままでは悔しいので来年も参加したい気持ちはありますが、どうなるか分かりません(^_^;)

このレポートは共感度になりましたか? 25

ハード過ぎ!楽しすぎ!

出場種目:63km

2000m級のピークの縦走、泥んこの激下り、累積標高、高地のナイトラン、どれを取っても1級のハードさでした。レース後時間が経つにつれ、コースごとの思い出深いシーンが脳内リフレインしています。このレースを走ってよかったと皆さんに伝えたいです。
きついコースです。天候も厳しかった。低体温症の対策ばっちりで臨みました。結果荷物持ち過ぎでザック壊れました(泣)。先週来の雨でコースはドロドロ、転びまくりで全身至る所泥だらけ。躊躇なく泥まみれになるにつれ、テンションup!転ぶのも楽しい!って間違った感情が覚醒してきました。
そんなこんなの63km、主催者の事前コース整備、レース後のトレイル復元、頭が下がります。レース中のスタッフの声援、感激です。第2関門でのリタイア者の搬送では、コースPやトップランナー自らが車を出したとか。なんという贅沢。献身的なコース整備、救護体制、臨機応変の対応、スタッフの志の高さに感謝です。
ぜひ来年も参加したいと思います。皆さんにお勧めしたいレースですが、きついですから覚悟をもってエントリーしてください。

このレポートは共感度になりましたか? 36

刺激的な超難コース

出場種目:63km

とても辛く刺激的な1日を過ごさせていただきました。間違いなく今までのどのトレラン大会よりもハードでしんどいコースでした。マゾ的(?)なトレラン大会を求める我々の欲望を満たすべく、このような標高2000mを越え、エスケイプルートもないエリアでの大会開催を決めた主催者に敬意を表したいと思います。前日のコース説明会は楽しく、とてもわかりやすかったです。ただし、頂いた地図の高低図は実際と差異があるように感じました。たとえば西大倉山の次のピークのあと高低図では第2エイドまで下りのみのように見えますが、実際には何回も登り下りを繰り返しました。高低図をしっかり見ていたひとはここで心が折れたかもしれません。分岐点や危険箇所には誘導のかたがいてくださり、とても心強かったです。前夜からテント泊というかたもおり、本当に感謝です。プログラムの配布はありませんでした。参加者名簿だけでもいただけたら知人をさがしたりできると思います。当日は雨で路面はぬかるみ、しかも元々テクニカルなトレイルであり、私は30回以上転倒しました。泥だらけでゴール後、靴やおしりの泥を水で流してくださる配慮は素晴らしいと思いました。

このレポートは共感度になりましたか? 31

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    141件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    116件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    97件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    89件投稿
  5. 5位 ニックネーム未登録さん
    67件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  2. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  3. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・

  4. 2020/10/13
    第2回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道には美味しい食品がまだまだたくさんあります。 これを機会に、RUNと北海道の・・・

  5. 2020/08/25
    こもれびマラソン in 柏の葉
    「こもれびマラソンin柏の葉」にご参加いただき心より感謝申し上げます。コロナウイル・・・