本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第10回記念果樹王国ひがしねさくらんぼマラソン

  • 2011年6月12日 (日)
  • 山形県(東根市)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.sakuranbo-m.jp
種目:ハーフ,10km,5km,3km,ウォーク5km,ウォーク3km

  • 大会100撰選出大会
  • 大会ガイド
 


90.4

(現在の評価数98人)

キャンドゥーさんのレポート

"もしドラ"を彷彿させる大会です

出場種目: ハーフ男子一般 

「もしマラソン大会の主催者がドラッガーを読んだら」というフレーズがピッタリの見事な大会でした!旅館組合、さくらんぼ農園はじめ、協力者みんなが大会を盛り上げています。県名のプラカードを持った子供たちの声援は、参加者全員に向けられた、心のこもった応援でした。霧のシャワー、冷たいタオルのエイドもgood!枝ごと切ってさくらんぼを振る舞った農家の方、甘くて最高でした。そして帰りにまた感動が!新幹線の逆側のホームで横断幕をもって「ありがとう、また来て下さい」と小旗を振る皆さんには目頭が熱くなりました。コースもいいし来年も参加します。

■総合評価

インフォメーション
大会WEBサイト 4
分かりやすい最終案内 5
大会会場
アクセスが便利 5
充実した施設 5
充実した誘導・案内 5
参加者、応援者も楽しめる 5
参加者サービス
飲食物の提供 5
すばらしい参加賞 5
いち早い記録発表 5
独自の特色を持つ 5
コース
緩やかな制限時間 5
楽しめるコース設定 5
的確な距離表示 4
充実したトイレ・給水所 5
熱心な応援 5
走路の安全確保 5
総評 (最高評価は10です)
大会運営 10
来年の参加 10

不適切なレポートとして報告する

共感するましたか? 227

みんなのレポート

評価者:98人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

おくればせながら

出場種目:ハーフマラソンの部

震災後、さまざまな大会が中止となっていた中、開催していただけたことにまず感謝申し上げたい。
非常に楽しい大会でした。

前日に行われた歓迎レセプションでは、瀬古さんやQちゃん、千葉さんといった豪華なゲストの皆さんのトークは非常に楽しく、会場内での食事も美味しいものばかりでした。

また、応援が手厚い大会と事前にネットなどで情報を見ておりましたが、本当に熱気を感じる応援で
あたかも自分が主役になったかのような嬉しい錯覚を何度も覚え、近隣の方々の沿道での応援を楽しんでいるうちにあっという間に終わってしまった感があります。
給水も手厚く、安心して走ることが出来ました。

ゴール後にいただける山形のブランド米?の「つや姫」おにぎりの美味しかったこと。
すがすがしい気持ちで参加できた素晴らしい大会です。来年も是非とも参加したいものです。

このレポートは共感度になりましたか? 122

来年も参加したいと思わせる大会でした!

出場種目:ハーフマラソン

大変暑いコンディションな中で個人的には全然ダメなレースでしたが、大変楽しいレースでした。
応援も多く、参加賞のTシャツも最高だし、ゲストの方々のスピーチも最高でした。
結構遠く、正直行くのが来年も是非参加したいと思っています。

このレポートは共感度になりましたか? 163

楽しい大会でした。

出場種目:ハーフ

まずは、震災の影響もある中、しかも会場が自衛隊駐屯地なのに、開催していただけたことに感謝します。
地元の方々の熱意が強く感じられる大会でした。
小中学生が県の名を書いたプレートを持って応援してくれたのが嬉しかったです。
ゲストも豪華(瀬古さんにQちゃんに千葉ちゃんというのだからすごい)で、開会式・閉会式も盛り上がっていました。
距離表示については、途中5kmおきにしかありませんでしたが、暑い時期であり記録を狙うレースでもないので、問題ないかなと。それより、たわわに実ったさくらんぼや沿道の応援を楽しんで走りました。
とにかく楽しい大会でした。関東在住の僕にとっては、毎年出る、というわけにもなかなかいきませんが、是非また今度参加してみたいです。
なお、家族には「東北に行くことが一番の復興支援なんだから。これから毎年1本は東北のレースに出るよ」と宣言し、来年はどのレースに出ようかと思案しております。(東根さん済みません。近かったら毎年出てると思います)

このレポートは共感度になりましたか? 270

熱気あふれるいい大会でした。

出場種目:10㎞

昨年に続き、会社の同僚と参加しました。
今年は震災復興の中、東北地方で開催される大会であるのと第10回の記念大会であるので、参加者・大会関係者・応援しにきていただいた全ての人たちの熱気にあふれていました。
前日のレセプションに続き、瀬古利彦さん・高橋尚子さん・千葉真子さんが大会を盛り上げてくれました。
ハーフにはQちゃんが、10kmには瀬古さん・千葉ちゃんが参加してランナー達や沿道で声援している方々とハイタッチ。
走りながら感動してパワーをいっぱいもらったのが地元東根のこどもたち。
たくさんのこどもたちが沿道に出て、みんなが北海道から沖縄まで47都道府県に対する応援メッセージ。
「がんばれ~北海道!」「ファイト!千葉!」「がんばろう!日本!!」etc…
画用紙に書いた一人一人のメッセージに胸が熱くなりました。
イベント盛りだくさんの大会で本当に盛り上がりました。
たくさんのランナーたちが「がんばろう東北!~走り出そう仲間とともに~」と書かれたピンクのリストバンドをつけて疾走!!
大会関係者のみなさん、応援してくれた全てのみなさん本当にお疲れ様でした。

このレポートは共感度になりましたか? 219

走れること全てに感謝せねば。

出場種目:ハーフ

第10回の記念すべき大会は、「がんばろう東北!走り出そう仲間とともに」をスローガンに、震災復興支援として開催されました。
東北各地の大会が中止に追い込まれ、この大会のメイン会場となっている陸上自衛隊神町駐屯地にも被災地支援と書かれた大型車両が待機。ウエディング挙式をあげた方のご実家も被災されたとかで、震災の影が未だ色濃く残る中での開催でした。
しかし、総エントリー数11,442名と、人気は健在。
当日の気温は25度と高めながら、コース上にある小中学の生徒さん達の、各「県名」を書いての応援や、沿道の皆さんのたくさんの声援・ハイタッチ、充実した給水などで、本当に元気をもらって走ることができました。
今回、生涯初めてハーフへ挑戦。3/11以降、ランニングどころではなく、全くの練習不足だったので、制限時間内での完走は諦めていましたが、途切れない声援に何度も背中を押され、何とか収容車に乗らずにゴールすることができました。ゴール付近でのQちゃんとのタッチもうれしかった。
一つ一つの思い出を、「赤い宝石」と共に持ち帰ることができました。
東根の皆さん、ありがとうございました。

このレポートは共感度になりましたか? 422

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ハセP さん
    193件投稿
  2. 2位 カトちゃん さん
    189件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    133件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    108件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/07/13
    第4回十和田湖マラソン大会
    全国各地からたくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。 みなさまの・・・

  2. 2019/07/11
    第39回ひろしま国際平和マラソン
    小学生以上なら誰でも参加できます。比較的平坦で、無理なくランニングを楽しめるコー・・・

  3. 2019/06/23
    第8回 佐賀大学本庄キャンパスジョギング
    本大会では学生ボランティアを中心に企画・運営しています。学生ボランティアの良かっ・・・

  4. 2019/06/21
    第42回“日本のへそ”西脇子午線マラソン
    毎年多くのご参加ありがとうございます。第42回目を迎えるこの大会は、西脇工業高校の・・・

  5. 2019/06/11
    第39回南木曽町・妻籠健康マラソン
    第39回大会実行委員会です。6月2日の大会では多くのランナーにご参加いただき誠に・・・