本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第30回まつの桃源郷マラソン

  • 2019年4月14日 (日)
  • 愛媛県(松野町)
Information

大会オフィシャルページ:http://matsunotougenkyou-marathon.jp/
種目:ハーフ(21.0975km),10km,3km,ウォーキング2km

  • RUNPHOTO
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


53.9

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.0 pt

(現在の評価数107人)

ウララさんのレポート

出場種目: ハーフマラソン 

天気予報と真逆の展開で走りだしてからずっと雨。レースの間は気持ち良い雨でしたが、ゴールしてから土砂降りになり後続のランナーさん達が気の毒に感じました。ゴールしてから楽しもうと思っていた露天や松野の探索を雨で断念。体が震えて寒くて仕方ないので直帰しました。車で往復400km走るよりも会場への移動に疲れました。コースは町内をグルグル駆け回る感じなので土地勘がないと何処を走ってるかわかりません(笑)アップダウンもそれほどキツくなかったので楽しく走れるコースだと思います。コース上で折り返しのランナーとのすれ違い時は気をつける必要がありました。雨の中頑張ってランナーを支えてくれたスタッフの方々に感謝の大会でした。ありがとうございました。

■総合評価

全体の感想
次回大会の参加 B
参加料に見合った大会 B
スタッフ、ボランティア B
会場
会場へのアクセス C
スムーズな誘導、受付 B
トイレ、荷物預かり、更衣室 C
スタート、コース、フィニッシュ
楽しめるコース設定 B
参加人数に見合ったコース B
コースの安全管理 C
距離表示、コース誘導 B
コース上の給水 C
記録、表彰
ネットタイム計測 B
記録計測、記録配信サービスの充実 C
充実した年代別表彰 B
インフォメーション
分かりやすい大会情報、参加案内 A
大会HPの更新 A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 2

みんなのレポート

評価者:107人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

最悪

出場種目:ハーフマラソン

初めてこんな最悪の大会に出ました。
まず、コースの交錯があること。
選手同士がぶつかるなんてありえない。
スタッフも適当に誘導している。
あと、線路上を走るのに何も養生されていない。
雨も降っていてかなり危なかった。
あと、子供たちのレースとコースが被っている。
普通にぶつかってこけてる子がいた。
一回も主催者がコースを走ってないんじゃないか。
一生いかない。

このレポートは参考になりましたか? 4

雨天でしたが、楽しめました。

出場種目:ハーフマラソン

あいにくの天気でしたが、歓迎ムードで個人的には楽しく走ることができ、自己ベストも記録することができました。おおむね満足でしたが、距離表示と給水が少なく、もう少しあれば良いと思いました。

このレポートは参考になりましたか? 2

雨だったけど楽しく走れた

出場種目:ハーフマラソン

晴れてたらなぁ〜というのは主催側も参加者も思ったけど、自然の中を走る感じはとても良かった。素朴な地元の人達の応援も嬉しかった。コースは少し走りにくいところもあったけど、それも味かなと。また、参加したい。豚汁配布が途中で足りなくなっていたのは少し残念。

このレポートは参考になりましたか? 0

コースの見直し

出場種目:ハーフマラソン

コース上で折り返しランナーと交差するポイントがあり非常に危険でした。また、コースの往路、復路で線路を横断するポイントがあり、足元が悪く、また、電車の通過と重なると非常に危険です。重大な事故が発生する前に安全なコース設定となるように見直しが必要だと強く感じました。

このレポートは参考になりましたか? 0

地方色豊かないい大会 走路の管理を!

出場種目:ハーフマラソン

いい大会です。ただ駐車場が会場近くにもらえたしラッキーでした。
問題点は桃園から道路に出る7km過ぎの地点。誘導員が返ってくるランナーとクロスするような走路指示をだしていたこと。つまり桃園は左側通行なのに道路は右の歩道走行を支持。折り返して帰ってくるランナーは車道を走ってきて行きのランナーとクロスして桃園に入る。ここで斜走してきた「古希」のランナーと激しくぶつかりました。とてもよけられませんでした。大丈夫だったのでしょうか?あと折り返し近くの8.4km地点も走路が交差しています。アールビーズが監修?(計測だけ?)してる大会とは思えない大失態でありませんか?
 タイム計測タグの回収がいいかげん。こんな大会は初めて。

このレポートは参考になりましたか? 1

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    141件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    116件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    97件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    89件投稿
  5. 5位 ニックネーム未登録さん
    67件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  2. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  3. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・

  4. 2020/10/13
    第2回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道には美味しい食品がまだまだたくさんあります。 これを機会に、RUNと北海道の・・・

  5. 2020/08/25
    こもれびマラソン in 柏の葉
    「こもれびマラソンin柏の葉」にご参加いただき心より感謝申し上げます。コロナウイル・・・