本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

「富士の国やまなし」 第14回 Mt.富士ヒルクライム

  • 2017年6月11日 (日)
  • 山梨県(富士吉田市、富士河口湖町、鳴沢村)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.fujihc.jp/
種目:24km,富士ミニヒルクライム(約3km)

  • RUNPHOTO
  • ランナーズアップデート
  • 出走権譲渡 ゆずれ~る
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


46.6

(現在の評価数392人)

Takutoさんのレポート

初自転車大会

出場種目: その他 

新緑の中のコースで、傾斜も厳しすぎず、楽しめました。特にゴール地点の混雑はひどく、会場規模に対して参加人数が多すぎる印象があります。ある程度人数制限があるとより良い大会になると思います。

■総合評価

全体の感想
スタッフやボランティア A
大会の地元への浸透度 A
大会運営全体を通しての印象 A
来年も参加したいですか? A
会場
会場へ(から)のシャトルバス B
会場案内看板や場内アナウンス B
会場のレイアウトと移動経路 A
荷物預かり所 A
トイレの配置と管理 B
スタート、コース、フィニッシュ
スタートエリアの管理 A
コースは混雑しなかったか? C
距離看板 A
景色など楽しめるコースか? A
沿道での応援 A
給水所の水、スポーツドリンク B
ゴール後のドリンクフード B
記録、表彰
ネットタイム計測 A
ネットやスマホへの記録配信 A
参加賞 C
年代別表彰について B
インフォメーション
大会パンフ(募集要項付き) A
当日案内(ハガキ、封書) A
大会ホームページ A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 0

みんなのレポート

評価者:392人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

嘘つきをひたすら追い抜く大会

出場種目:その他

会場の問題は今年だけだと思うので割愛。荷物預け問題も来年には改善されると思いますので割愛。
何よりも問題なのは参加者が嘘つきだらけだということ。
申告タイム90分で申請(たぶん)、13ウェーブのスタートでしたが行けども行けども人だらけ。左を走ってくれればまだマシですが、みんな道幅いっぱいになり走るので追い抜きにくいことこの上なし。
混雑するから虚偽申告をするのでしょうが、混雑するのは貴方達が道を塞ぐからです。
もちろん何らかの事情があり早く走れなかった人も要るのでしょうが割合は少ないはずです。
申告タイムとの乖離が大きすぎる場合はペナルティを設けてほしいくらいです。

完走できました

出場種目:その他

コースはよいが運営は今一つ。来年参加するかは未定

このレポートは参考になりましたか? 0

初出場者的にはこんなものか?という感じ

出場種目:その他

初出場としての視点では、以下のような印象でした。
・早めの行動を心がければ全体を通して(帰宅への渋滞含め)混乱に巻き込まれることはなかった(逆に言うと、混雑するタイミングに遭遇してたらどうしようも無くなってたと思う)。
・特にトイレの場所とスタートグループの待機列が不案内すぎる。スマホがあったのでなんとかたどり着けたがなかったらかなり危うかったと思う。
・計測開始地点とゴールにゲートがなくわかりにくい。
・ゴール後の混雑が半端なく、下山しろ!と言う割に並んでも下山が始まらない。
・自己申告タイム以外のグループでのスタートが多々見受けられた。
・パレード区間で路駐多数。
・左側追い越しと譲らない選手が結構いる。
・参加人数の割に声掛けする人が少ない。
・全区間に渡って必ず他の選手がいるので心強いしモチベーションも維持できた。
・前日のイベントは楽しく、また抽選もその日のうちに終わらせるのは遠方からの参加者としてはありがたい。
・各ブースの特価品巡りが楽しい。
・飲食ブースは比較的良心価格。
・試乗&ウォーミングアップコースが長めで嬉しい。

このレポートは参考になりましたか? 1

参加者数に対して処理しきれていないのでは?

出場種目:その他

当日会場に入場出来ず、荷物預かりやスタートに間に合わない人が続出してました。

自走とバスでの入場にもう少し工夫が必要だと思います。

仮設トイレの数も明らかに不足。
トイレ待ちの間にスタート時間を過ぎてしまう人もいました。

このレポートは参考になりましたか? 1

参加人数に寛大すぎる?

出場種目:その他

毎年参加者が増えてきてヒルクライムが人気であることはうれしいコト。
しかし去年の8,000人から今回は1万人over。。。
コースも待機場も駐車場も変わらないのにうまく進行出来なくなるのは目に見えているはず。
トイレ・荷物預けなど混乱状態が頻発していた。
天候に恵まれていたことがせめてもの救いだが、雨天などでは体調不良者が続出することでしょう。
健康増進の為にやっている自転車で体を壊してしまってはなにもならない。

このレポートは参考になりましたか? 0

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ハセP さん
    194件投稿
  2. 2位 カトちゃん さん
    191件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    134件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    108件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/07/21
    第5回 奥比叡・仰木棚田トレイルラン大会
    多数のご参加ありがとうございました。 5回目にして熱中症がなく大会が終われたこと・・・

  2. 2019/07/13
    第4回十和田湖マラソン大会
    全国各地からたくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。 みなさまの・・・

  3. 2019/07/11
    第39回ひろしま国際平和マラソン
    小学生以上なら誰でも参加できます。比較的平坦で、無理なくランニングを楽しめるコー・・・

  4. 2019/06/23
    第8回 佐賀大学本庄キャンパスジョギング
    本大会では学生ボランティアを中心に企画・運営しています。学生ボランティアの良かっ・・・

  5. 2019/06/21
    第42回“日本のへそ”西脇子午線マラソン
    毎年多くのご参加ありがとうございます。第42回目を迎えるこの大会は、西脇工業高校の・・・