本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第32回大山登山マラソン

  • 2017年3月12日 (日)
  • 神奈川県(伊勢原市)
Information

大会オフィシャルページ:http://oyama-tozan-marathon.jp/
種目:9km

  • RCチップ
  • 大会ガイド
  • 大会結果
  • RUNNETからエントリー
 


85.3

(現在の評価数107人)

とうしろうさんのレポート

非常に悔しい !!!!!

出場種目: その他 

地元開催のため、毎年参加しています。
1時間切りを目標に、練習して来ましたが・・・・
まさかの 1:00:08 8秒足りず、涙です。
自分の時計では、30秒以上切っていたのですが、
Auto設定のため、何回か測定が停まった様で
記録証をみて本当にがっかりでした。
年々上がる年齢を言い訳にしようかと思うのですが、
わたしの周りは、50歳台でも、55分台が何人もおり、
自分の努力不足ですね。
大変良い大会ですが、1つだけ意見を申しますと、
70歳代の表彰無く、残念です。
70歳代の仲間が何人もいますが、入賞が狙えません。
出るだけでも、すごいのに・・・
検討いただきたいと思います。

■総合評価

全体の感想
スタッフやボランティア A
大会の地元への浸透度 A
大会運営全体を通しての印象 A
来年も参加したいですか? A
会場
会場へ(から)のシャトルバス C
会場案内看板や場内アナウンス B
会場のレイアウトと移動経路 A
荷物預かり所 A
トイレの配置と管理 B
スタート、コース、フィニッシュ
スタートエリアの管理 A
コースは混雑しなかったか? A
距離看板 A
景色など楽しめるコースか? A
沿道での応援 A
給水所の水、スポーツドリンク B
ゴール後のドリンクフード A
記録、表彰
ネットタイム計測 A
ネットやスマホへの記録配信 C
参加賞 A
年代別表彰について B
インフォメーション
大会パンフ(募集要項付き) A
当日案内(ハガキ、封書) A
大会ホームページ A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 2

みんなのレポート

評価者:107人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

楽しく走れました!

出場種目:トレイル

スタートは前方からスタートしてオーバーペースで苦しみましたが、参道手前で坂本さんとお話ししながら走れたのでとても良い想い出になりました。
私の質問に気さくに答えてくれました。
次回はペースを考えて走りたいと思います!

このレポートは参考になりましたか? 1

楽しかった!でも辛かった…

出場種目:その他

期待して臨みました。全て登りのコースは初めてだったので、不安もありましたが、マイペースで走れました!タイムはさっぱりでしたが…。でも、初めから覚悟して参加しているので、さほど苦にはならなかったです。参道を抜けてからの残りの2キロメートル、マラソンではなくまさしく「登山」です。

このレポートは参考になりましたか? 3

良い大会だが、なめてかかると痛い目に

出場種目:その他

4回目位の参加です。徐々にタイムも伸びて今年も自己ベストを更新をねらっていました。当日は朝大寝坊して朝食もそこそこに自宅を出発しました。
 スタートから狙い通りのペースで今年も自己ベスト更新かと思いきや、残り2キロくらいの道路の斜度がきつくなる辺りから大失速。最後の登山道は手すりにしがみつきながら、歩きつつゴールしました。結果は同大会での自己ベストならぬ「自己ワースト」を更新する有様で、ゴール時にはひどい悪寒と空腹がありました。失速の原因は時間不足で朝食を軽く済ませたことにハンガーノックと思います。
 本大会は8.6キロと距離こそ短いですが、スタートからゴールまでの標高差は600メートルあるので、それをレースペースで走りきるにはしっかりと朝食をとりエネルギーの補充をしなければいけないと痛感したしだいです。来年はリベンジします。

このレポートは参考になりましたか? 0

毎年恒例!苦し楽しいくせになる大会!

出場種目:その他

今回で5回目の参加!毎年苦しみながらゴール後の爽快感がくせになる大会です。ロードの登りの後半6kmからコマ通りを経て最後の石段までが踏ん張りどころ。どこまで踏ん張れるか自分との戦いで毎年昨年の自分越えを目標にしています。
ゴール後の野菜粥、お汁粉はお変わり自由。疲れた身体に癒されます。
参加賞のリュックも愛用。来年のリュックも楽しみです。

このレポートは参考になりましたか? 1

最後は苦しい。でも気持ちいい。

出場種目:その他

階段はさすがに息が切れますが、9kmと比較的短い距離なので疲労感は残らず、完走後のおしること七草がゆはほっとさせてくれます。
小学校に戻ってからも、地元の方の販売品がとてもうまくて、特に豚汁はて一気に2杯食べました。
また来年も参加したいと思います。

ボランティアの方もありがとうございました。

このレポートは参考になりましたか? 0

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    151件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    116件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    103件投稿
  4. 4位 ニックネーム未登録さん
    96件投稿
  5. 4位 アッキー さん
    96件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/09/28
    第4回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道の食を応援するために始まったRUN for HOKKAIDO。 好評につき4回目も開催する・・・

  2. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  3. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  4. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・

  5. 2020/10/13
    第2回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道には美味しい食品がまだまだたくさんあります。 これを機会に、RUNと北海道の・・・