本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第9回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース

  • 2017年4月23日 (日)
  • 神奈川県(愛甲郡清川村)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.k-y-trail.com/higashitan/index.html
種目:32.1km

  • RCチップ
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


76.5

(現在の評価数37人)

太郎さんのレポート

初?トレイルマラソン

出場種目: トレイル 

前にコースが山っぽいハーフマラソンは出たことがあったが、トレイルマラソンは初めて。
アップダウンが激しく、体感と実際進んだ距離の違いに苦しんだ。
給水所がもう少し欲しかったが、ゴール後の豚汁はとても美味しかった。

■総合評価

全体の感想
スタッフやボランティア B
大会の地元への浸透度 A
大会運営全体を通しての印象 B
来年も参加したいですか? B
会場
会場へ(から)のシャトルバス A
会場案内看板や場内アナウンス B
会場のレイアウトと移動経路 B
荷物預かり所 A
トイレの配置と管理 A
スタート、コース、フィニッシュ
スタートエリアの管理 A
コースは混雑しなかったか? A
距離看板 B
景色など楽しめるコースか? B
沿道での応援 C
給水所の水、スポーツドリンク B
ゴール後のドリンクフード A
記録、表彰
ネットタイム計測 A
ネットやスマホへの記録配信 C
参加賞 B
年代別表彰について B
インフォメーション
大会パンフ(募集要項付き) C
当日案内(ハガキ、封書) B
大会ホームページ B

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 1

みんなのレポート

評価者:37人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

楽しかったです

出場種目:トレイル

自分のような初心者にはうってつけの大会だと思いました。
全体としてトレイル率は低いですが、それなりに山道は厳しかったです。
ベテランの人々がビュンビュン追い抜いていくので、自分ももっと練習をしなくちゃなあという気になりました。
沿道のお姉さま方の黄色い声援に励まされました。

来年参加される方へひとつだけ。
スタート場所から見て、道路を挟んだ反対側の公園のトイレは空いてましたよ。

このレポートは参考になりましたか? 1

爽快感ある下りが魅力の大会

出場種目:トレイル

3年ぶりに参加させてもらいました。
個人的にトレイルデビューの印象深いレースで
ロード比率も多く、ショートコースの為
足が残っている内にピーク(姫次)から下りに入れるので
疾走感を感じれるコース設定になってます。

トレイル初心者向けで、初参加には良い大会かと思います。

今回も橋本で前泊し、シャトルバスで会場に入りましたが・・・
都内からでも交通機関でギリ、アクセス可能かと。

3年ぶりでも、ゴール後の豚汁は美味しゅう御座いました(笑)

このレポートは参考になりましたか? 0

トレラン初参加

出場種目:トレイル

トレランのレースに初参加しました。山道の上り下りがあんなにハードなものだとは想像していませんでした。しっかりトレーニングしてまた来年参加したいです。

このレポートは参考になりましたか? 0

ロードの多い高速レース

出場種目:トレイル

30kのうち20kがロードということで高速レース。
景色が良くて丁度良い涼しさもあって走りやすかった

このレポートは参考になりましたか? 0

シンプルな、ロード往復+「登って下る」トレイル

出場種目:トレイル

昨年は他の大会と被ったため2年ぶり3回目の参加です。今年は奥野林道の土砂崩落により、松茸山を通らないルートに変更。このためトレイル区間は完全に中間部だけとなりました。例えれば往復型のロードのハーフマラソンの途中に標高差700mのトレイルのアップダウンを挟んだもの。標高差は全体で約1100m有ります。

会場は宮ヶ瀬湖畔園地。最初の11km程は川沿いの舗装の林道。その後トレイルの区間が10km程。ピークまでほぼ登り続け、一気に下ります。その後通常のルートを離れ仮設の橋で川を渡り往路と合流。第二関門もこの合流地点に変更。残り10km程は往路を逆走。最後は駐車場を廻り込むように会場脇を走ってゴール。

松茸山は帰路のアクセントになっていたので、迂回でかなりシンプルになり、元々高いロード率も更に上がりましたが、逆に迂回のための渡渉地点へのルートは普段とは違い新鮮でした。

給水は2カ所の関門にあり、第一関門は水のみ、第二関門は水とOS-1とバナナ。ゴール後にはトン汁、そして記録証もすぐに発行。

雰囲気は全体的にアットホームで、派手さはないが素朴で簡素な運営で好感が持てます。

このレポートは参考になりましたか? 2

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    165件投稿
  2. 2位 ハセP さん
    136件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    110件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    95件投稿
  5. 5位 Flintstone さん
    91件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2020/01/16
    第46回大阪府チャレンジ登山
    満開の桜の下、ハイカーとランナーが共に楽しい1日を過ごせるイベントです。

  2. 2019/12/24
    第20回あやはし海中ロードレース
    今年で第20回を迎える「あやはし海中ロードレース大会」記念大会として、エントリーし・・・

  3. 2019/12/12
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)にご参加いただきありがとうございました。 ・・・

  4. 2019/11/27
    越後謙信 きき酒マラソン5
    ご参加いただいた皆様、いちにち楽しんでいただけたでしょうか。 次回もお楽しみいた・・・

  5. 2019/11/15
    第9回 赤穂シティマラソン
    この度は赤穂シティマラソン大会にご参加いただきありがとうございました。大会当日は・・・