本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第32回大町アルプスマラソン

  • 2015年10月18日 (日)
  • 長野県(大町市)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.omachi-sports.com/alps-marathon/
種目:42.195km,ハーフ(21.0975km),10km,3km,3km

  • RCチップ
  • 全日本マラソンランキング
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


90.8

(現在の評価数36人)

アイアンギアさんのレポート

難コースですが自然とおもてなしに感動

出場種目: フルマラソン 

初めてのフルマラソン出場。フルマラソンの厳しさを存分に味わってしまいました。30km過ぎの登りで両足の痙攣が始まり、登り切った後の下りでもほとんど走る事ができず、最後は歩き倒しました。アップダウンコースに惨敗しましたが、初フルがこの大会で良かったです。
自然豊かな山々の眺め、地域のゆったりした雰囲気やおもてなし、体はボロボロでしたが幸福な時間を満喫できました。レースが終わっても田舎ならではの和やかな会場は心地良く休めました。大会スタッフの方々には本当に感謝致します。来年はもっと走れる体になって参加させていただきますね。

■総合評価

インフォメーション
事前の大会情報 A
スムースな大会エントリー A
トラブル時対応の明記 A
大会ホームページの更新 A
会場
会場案内 A
会場内と周辺の導線 A
荷物預かり A
トイレ A
スタート前の給水 B
スタート、コース、フィニッシュ
スタートエリア管理 B
コースの走りやすさ B
見やすく正確な距離表示 A
楽しめるコース設定 A
正しいコース情報 A
応援 A
給水所・エイドステーション A
記録、表彰
計測ポイント B
記録証・完走証 A
年代別表彰区分 A
参加賞 A
全体の感想
大会の熱気、活気 A
コストパフォーマンス A
地域の特色 A
次回大会の参加 A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 5

みんなのレポート

評価者:36人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

最高の景色と温泉と…また参加します。

出場種目:フルマラソン

家内を同伴しての旅ラン。
天気にも恵まれ、コース中の景観や紅葉、リンゴのサービスなど素晴らしい大会運営で、遠くから参加した意義の高い大会でした。
コースはアップダウンの連続で、タイムは散々でしたが、シーズン初戦の練習目的だったので、十分に満足です。
次回は、大会後も泊って2泊したいと思います。

このレポートは参考になりましたか? 1

日本屋根を走ろう!そのものの大会

出場種目:フルマラソン

天気も含め景観、美化も最高の大会でした。
前日仕事であることが判っていて申し込んだのですが、大町に高速バスが深夜着いた頃には大丈夫かな?と不安あり。予約していた旅館には、大会会場への自家用車での送りも含め良くして頂きました。
大会当日の受付も円滑で回数を重ねた大会であることが判ります。
レースはスタート後の下り、中間点までの登りと過酷なコース設定ですが、そこまではあまり負荷を感じませんでした。その過酷さが脚にきたのが、僅かですが木崎湖の周回道路部分。普段なら気にならない程度の少し整地が良くない道路ですが、負荷が掛かっているのか、一気に走れなくなり、折り返し地点までが異常に遠く感じました。
以降中間点までの登りも自滅状態。最後はとぼとぼ走りができて、無事完走できましたが、やはり過酷で「日本の屋根」そのものでした。それでも時間内完走できたのは、沿道の地元の方々、ボランティアの方々の応援と納得できるエイドの内容、そして雄大な景観の全てが、後押ししてくれました。大会関係者の方々も含めありがとうございました。
次回も日程が合えば是非参加申し込みしたい大会です。

このレポートは参考になりましたか? 2

日本の屋根を走る ~2015食べ&旅ラン(16)~

出場種目:10kmマラソン

発着点となる陸上競技場。バックには、峻厳なる北アルプスの山々。これは絶景です。これを眺めるだけでも、走る価値あり。写真のフレームにおさまりきらない風景の広がり。造山運動にどんな過程があったのかとても想像できないけれど、長い時間の中で風雨にさらされ削り取られた表情は、険しいけれど美しい。こんな素敵な場所で走る事の出来る幸!

この”思い”はうまく説明できないけど、ここに足を運び、自分の眼をシャッターにして脳裏に保存し、持ち帰るしかない。では、どうやって頭の中のキャビネットから検索するか? きれいだったなって言葉にしたり、データになった映像をパソコンの画面に映し出したりしてみる? いやいや、それだけじゃ”思い”にまで辿り着かない。スタート前の緊張感、痛くなってきた脚、ゴール前の声援、漬け物とリンゴ、汗でぐっしょりになったTシャツ・・・そして何よりも走る仲間(4人全員完走! うれしいっ!)
検索のキーワードは、走った事実から導き出さなくちゃ。

前夜、松本が新潟に完敗しJ1残留が厳しくなったのは残念だったけど(新潟も熱かった!)幸いっぱいの大会になりました。ありがとう。

このレポートは参考になりましたか? 2

気持ちいい大会でした。

出場種目:ハーフマラソン

天気、景色もよく、楽しく走れました。
途中の10kmの合流に驚きましたが、現地スタッフ皆さんの誘導も混乱なかったと思います。
給水ポイントでのリンゴは、美味しくいただきました。ありがとうございました。
来年も参加します。

このレポートは参考になりましたか? 0

力不足でした・・・

出場種目:フルマラソン

山ヤの私にとって「山を見ながら走れる」というだけで特別です。
蓮華、爺ヶ岳、鹿島槍どれも登った親しい山です。

さてレース当日の朝は、そんな楽しみにしていた山々の姿も真っ白な霧で見えず(T_T)
荻原次晴さんの挨拶に送られスタート。出だしから混雑はすくなく走り出しはスムーズです。そして次第に空は晴れ、安曇野の山々が顔を出します。テンションは上がりましたが8kmから先は、21km地点まで延々と続く登りに…
(抑えて抑えて)
と言い聞かせて走ったつもりでしたが
「さて下り!」
というところで、足が出ないことに気づきました。
木崎湖を回ってスタート地点に戻る30kmから先は本物の地獄でした。
往路の下りはえぐい登りに変わり、結果は大撃沈。自己ワーストの成績に。
やはり力がないと走れないハードコースであると痛感しました。

とはいえそれは私が力不足だっただけで、大会は雰囲気も景色も素晴らしい。選ばれた人が楽しめる通の大会だと思いました。

このレポートは参考になりましたか? 0

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    142件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    116件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    98件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    90件投稿
  5. 5位 ニックネーム未登録さん
    69件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  2. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  3. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・

  4. 2020/10/13
    第2回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道には美味しい食品がまだまだたくさんあります。 これを機会に、RUNと北海道の・・・

  5. 2020/08/25
    こもれびマラソン in 柏の葉
    「こもれびマラソンin柏の葉」にご参加いただき心より感謝申し上げます。コロナウイル・・・