本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第22回大田原マラソン

  • 2009年11月23日 (月)
  • 栃木県(大田原市)
Information

種目:42.195km,10km

  • RCチップ
  • ランナーズアップデート
  • 大会100撰選出大会
  • 全日本マラソンランキング
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


75.4

(現在の評価数74人)

takayanさんのレポート

とても感じの良い大会

受付を済ませて周囲を見ると、体育館でマッサージサービスがあったり、選手が円陣を組んだ中でコーチらしき人が指示を出しているチームがあったりと独特の雰囲気で、学生時代の大会風景を思い出し、気持ちの引き締まる思いでした。
今回、自己ベスト4時間19分で、完走サブフォーを狙いの参加だったため、最後尾付近でのスタートでしたが、最初の混雑も1km過ぎには解消し、その後は快適でした。給水は水とスポーツドリンクでしたが、スポーツドリンクはDAKARAのクールパック(300ml)が一本丸ごと(!?)手渡されてビックリ。一気には飲みきれなかったため、しばらく走りつつ飲みました。2周目の30km過ぎで大幅にペースダウンしてしまい、最終関門をギリギリでの通過となりましたが、制限時間ギリギリだったにも関わらず、沿道のたくさんの方々に暖かく応援して頂き、歩くのが気恥ずかしくなるほどでした。おかげで最後のひと踏ん張りができたのか、どうにか4時間以内に競技場に辿り着くことが出来ました。練習を積み、スペシャルドリンクも準備して、来年また挑戦したいと強く感じる大会でした。

■総合評価

レース前
分かり易い最終案内 5
大会WEBサイト 5
アクセスが便利 5
充実した施設 5
充実した誘導・案内 5
応援者でも楽しめる 5
レース後
すばらしい参加賞 5
いち早い記録発表 5
表彰対象者が多い 3
熱意ある大会運営 5
独自の特色を持つ 5
適切な参加料設定 5
レース中
障害者に優しい 5
適切なコース幅 5
緩やかな制限時間 3
楽しめるコース設定 3
的確な距離表示 3
充実した給水所 3
熱心な沿道応援 5
走路の安全確保 5

不適切なレポートとして報告する

共感するましたか? 622

みんなのレポート

評価者:74人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

記録を狙う大会

出場種目:

市民マラソンの中ではかなりタイム制限が厳しい部類のフルマラソン大会(タイム制限4時間)。
もちろん公認大会なので、このレースを目標にトレーニングを積んでいるランナーは多いです。
アップダウンの少ないコースを2周するためペースを掴みやすく、3時間、4時間のペースランナーもいるため記録を狙いやすい大会です。

スペシャルドリンクも置けますが、給水所ではきちんとスポーツドリンクも置かれており(パウチでキャップも空いています)、スポンジも給水と離れて置かれいて、至れり尽せり。
ただ食べ物だけは置いてないので、必要な人はエネルギージェルを持つか、スペシャルドリンクに貼り付けておくといいですね。

勤労感謝の日に固定の大会なので、週の半ばだったりすると遠方の方は参加しづらいかもしれません。

このレポートは共感度になりましたか? 1045

とても感じの良い大会

出場種目:

受付を済ませて周囲を見ると、体育館でマッサージサービスがあったり、選手が円陣を組んだ中でコーチらしき人が指示を出しているチームがあったりと独特の雰囲気で、学生時代の大会風景を思い出し、気持ちの引き締まる思いでした。
今回、自己ベスト4時間19分で、完走サブフォーを狙いの参加だったため、最後尾付近でのスタートでしたが、最初の混雑も1km過ぎには解消し、その後は快適でした。給水は水とスポーツドリンクでしたが、スポーツドリンクはDAKARAのクールパック(300ml)が一本丸ごと(!?)手渡されてビックリ。一気には飲みきれなかったため、しばらく走りつつ飲みました。2周目の30km過ぎで大幅にペースダウンしてしまい、最終関門をギリギリでの通過となりましたが、制限時間ギリギリだったにも関わらず、沿道のたくさんの方々に暖かく応援して頂き、歩くのが気恥ずかしくなるほどでした。おかげで最後のひと踏ん張りができたのか、どうにか4時間以内に競技場に辿り着くことが出来ました。練習を積み、スペシャルドリンクも準備して、来年また挑戦したいと強く感じる大会でした。

このレポートは共感度になりましたか? 622

厳しい制限時間だからこそ、頑張らねばと思います。

出場種目:

今回と前回の2回参加です。同じコースを2周するので2周目は先に待ち構える?難関?ではなくて、先が見えるので気持ちに余裕が持てます。給水はスペシャルドリンクを横目に(この準備、遠足の支度のようで楽しいだろうなと)普通の給水と水スポンジを頂きました。ここは速いランナー多いので参考にしたいのですが折り返しですれ違う事がないのです。しかし2周しかしないので追い抜かれる心配も少ないようです。大会の運営は素人目にも手馴れていて合理的で円滑に進行されます。本格的な試合に臨むのだと云う雰囲気濃厚で気合いが入ります。 ところで大田原へは遠いのではと心配でしたが。思った程でなく、前回はJRで駅前から送迎バスで、今回はかなり早起きしましたが渋滞前で、市内の案内看板と誘導で余裕で到着しました。スタート時間に余裕があるからですね。 参加賞にお米を頂きましたが、大田原市はお米の生産量が栃木県一位とのことです。更に上野のパンダにも食物の竹を供給しているとか。道の駅:那須与一の郷では特産のとうがらし生キャラメルやほうずきジェラート(オレンジチェリーと云うらしい)が有るとか、楽しみです。とにかく次回も頑張ります。

このレポートは共感度になりましたか? 548

ストレスのない大会

出場種目:

3年前に、この大会で初マラソンにチャレンジしてから、サブ4、サブ3.5、自己記録と全て気持ち良くタイムを更新できるストレスのない大会です。
やはり、参加人数を絞り込んだコンパクトな大会は、スタート前、ゴール後も含めて走りやすいですね。

このレポートは共感度になりましたか? 1135

参加人数が適度です

出場種目:

4時間という制限時間のためでしょうが、参加人数が適度です。
会場全体の混雑が無く、ランナーに配慮した運営を感じました。
走力を維持できれば、来年も是非参加したい大会です。

このレポートは共感度になりましたか? 656

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ニックネーム未登録さん
    106件投稿
  2. 2位 torachan612 さん
    91件投稿
  3. 3位 ニックネーム未登録さん
    89件投稿
  4. 4位 チームネボ さん
    77件投稿
  5. 5位 カトちゃん さん
    76件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2022/07/27
    第16回鏡石駅伝・ロードレース
    文部省唱歌として親しまれている「牧場の朝」。鏡石町にある岩瀬牧場がモデルとなった・・・

  2. 2022/07/01
    ネオフェニックスRUN 第40回 豊橋みなとシ・・・
    第40回の節目の大会として3年ぶりに開催します「豊橋みなとシティマラソン」の参加・・・

  3. 2021/12/13
    第3回 川崎国際EKIDEN
    詳細は、川崎国際E EKIDEN ホームページをご覧ください。 https://kawasaki-inter-e・・・

  4. 2021/09/28
    第4回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道の食を応援するために始まったRUN for HOKKAIDO。 好評につき4回目も開催する・・・

  5. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・