本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

TAKASAKI CITY 第21回はるな梅マラソン

  • 2012年3月11日 (日)
  • 群馬県(高崎市)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.city.takasaki.gunma.jp/shisho/haruna/index.htm
種目:ハーフ(21.0975km),11km,5km,3km,2km

  • RCチップ
  • RUNPHOTO
  • 大会ガイド
  • 大会結果
  • RUNNETからエントリー
 


--.-

(現在の評価数16人)

backhomeさんのレポート

きついコースだが落ち着いた雰囲気

出場種目: ハーフマラソン 

昨年もエントリーしましたが中止だったため、今回改めての参加となりました。近場の駐車場が満車で、会場から離れた所に止めました。・・・が、会場までのバス待ちの行列・・・。仕方なしにそこから歩いて(jogで)会場入りしました。ただ、不満点はそれだけで、落ち着いた雰囲気の大会だったと思います。コースは起伏が凄く楽しかった。スタートしていきなり急な上り坂はさすがにきつかった。ゴール後飛び賞で梅干しをもらえたのはうれしかったです。いろいろな大会に出ていますが、初めてこういった賞をもらえました。梅が名物ということで、来年も梅干し目当てで参加します。

■総合評価

インフォメーション
大会WEBサイト 5
分かりやすい最終案内 4
大会会場
アクセスが便利 2
充実した施設 5
充実した誘導・案内 5
参加者、応援者も楽しめる 5
参加者サービス
飲食物の提供 5
すばらしい参加賞 5
いち早い記録発表 4
独自の特色を持つ 3
コース
緩やかな制限時間 5
楽しめるコース設定 5
的確な距離表示 4
充実したトイレ・給水所 5
熱心な応援 4
走路の安全確保 5
総評 (最高評価は10です)
大会運営 10
来年の参加 10

不適切なレポートとして報告する

共感するましたか? 83

みんなのレポート

評価者:16人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

アップダウンの厳しいコース

出場種目:ハーフ

ハーフには、一昨年に続いて2回目の参加ですが、前回は坂に負けて、途中、何度か歩いてしまいましたが、今回はなんとか歩かずに完走出来ました。
コースは、アップダウンが続き、平坦な所はほとんどないという感じです。
給水の数は十分で、トイレも何か所かあり、距離表示も1キロ毎にあって、途中、景色の良いところもあるので、坂が嫌いでなければ、楽しめます。
今日は気温が低く、走る前は身体が冷えてしまいましたが、走るにはちょうど良い気候でした。

駐車場や会場の広さからすると、今回の3000人程度が限界かもしれません。

このレポートは共感度になりましたか? 211

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    224件投稿
  2. 2位 ハセP さん
    208件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    157件投稿
  4. 4位 まつのき さん
    118件投稿
  5. 4位 Flintstone さん
    118件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/12/12
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)
    第12回いすみ健康マラソン(増田明美杯)にご参加いただきありがとうございました。 ・・・

  2. 2019/11/27
    越後謙信 きき酒マラソン5
    ご参加いただいた皆様、いちにち楽しんでいただけたでしょうか。 次回もお楽しみいた・・・

  3. 2019/11/15
    第9回 赤穂シティマラソン
    この度は赤穂シティマラソン大会にご参加いただきありがとうございました。大会当日は・・・

  4. 2019/11/11
    第4回大崎上島HAPPYトライアスロン
    メイン会場となる大串海岸は全長約1kmの「西の天の橋立」と称されるほど美しい自然海・・・

  5. 2019/11/10
    第11回びわ湖レイクサイドマラソン2020
    琵琶湖の豊かな自然と景観に恵まれた湖岸のコースを舞台にびわ湖を丸ごと満喫しよう。