本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第25回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

  • 2019年5月19日 (日)
  • 長野県(南牧村・小海町・北相木村・南相木村・川上村)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.r-wellness.com/nobeyama/
種目:100km,71km,42km

  • RCチップ
  • ランナーズアップデート
  • 大会ガイド
  • 大会結果

この大会を評価する

 


72.8

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.4 pt

(現在の評価数127人)

kamskyさんのレポート

25回大会スペシャルコース、でもやっぱり国内屈指の難コース

出場種目: ウルトラマラソン 

過去5回他の100kを経験した上で、満を持して「あの」野辺山にチャレンジしました。
今年は特別に(^_^)前半のトレイル区間を迂回するルートになったそうです。しかし、それでも17~36kmはいつ果てることのないアップダウン、37kmから10kmに渡るダウンヒルですっかり脚を使い果たしました。50~71kmはまあ平穏でしたが、そこから最難関の馬越峠や90~97kmあたりの終盤にあるまじき登りなど心を挫くポイントが満載です。やはり国内屈指の難コースであったと思います。
しかし今年は本当に天気に恵まれ素晴らしい景色を堪能しました。マラソン抜きでも再訪したくなりました。

残念だったのはコース途中で立ち小便しているランナーをぼちぼち見かけたこと。歴史が長い分過去の慣習をひきずっているのかもしれませんが、気持ちのいいものではありません。参加者各人の自覚を促したいです。

■総合評価

全体の感想
次回大会の参加 A
参加料に見合った大会 A
スタッフ、ボランティア A
会場
会場へのアクセス A
スムーズな誘導、受付 B
トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
楽しめるコース設定 A
参加人数に見合ったコース A
コースの安全管理 B
距離表示、コース誘導 A
コース上の給水 B
記録、表彰
ネットタイム計測 A
記録計測、記録配信サービスの充実 A
充実した年代別表彰 C
インフォメーション
分かりやすい大会情報、参加案内 B
大会HPの更新 B

みんなのレポート

評価者:127人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

粘り勝ちか偶然の逃げ切りか

出場種目:ウルトラマラソン

4年連続4回目の出場。一昨年には馬越峠で関門OUTを経験。今年は前半ペースに乗れず、中盤も内臓の不調で低迷、終盤にやや持ち直したがタイムはワーストのギリギリ完走。どちらかと言えば拾い物に近いが、前向きに捉えれば粘り勝ち。完走実績は3勝1敗。

今年は暑すぎず寒すぎずとはいえ、昼には被り水、朝夕には長袖ウエアが欲しくなるくらいの温度差がありました。補給もエネルギーや塩分やミネラル等を意識して補給。そして終盤のエイドで頂いたホットドリンクで内蔵が復調、その後は心折れずに走れました。

100kmは野辺山駅近くの会場発着のループコース。今年は前半の林道区間(一部ダート)で崩落があり、ロードの迂回路を使用。稲子湯の先のピークからは長い下りで小海の郷へ。50kmのエイドからはだらだらと上っていき、北相木役場で折り返し。分岐点まで下り、今度は南相木方面への上り。馬越峠まで登りきると今度は麓まで一気に急降下。残り15kmは平坦からゆるい上りを経てゴール。

エイドが2km〜6km間隔であり、食べ物も豊富。私設エイドも多数有り助かりました。

写真はスタート直前、八ヶ岳とチアの競演。

このレポートは参考になりましたか? 1

いつもありがとう野辺山!

出場種目:ウルトラマラソン

今年もいっぱい苦しみました。
70キロ以降が辛くて辛くて。
でも、贅沢で、幸せで、楽しい時間を頂きました。
地元の人のサポート、スタッフの皆さんの支え、ランナー仲間同士の励まし合い、そして家族の理解。
沢山の条件があってこそ、走らせてもらっていることを毎年実感しています!
来年もよろしくね!野辺山の景色とコースよ。

このレポートは参考になりましたか? 0

野辺山サイコー

出場種目:ウルトラマラソン

新しいコースでも野辺山は野辺山でキツいコースでしたがここのウルトラは最高です(笑)
新しいコースは歩いてはいけない程度のアップダウンだったので歩かず走り続けた結果が50km以降の大失速に繋がりましたがそれば自業自得だし完走出来たのでかまいません(笑)
エイドに行くと小学校低学年の子らが頑張る姿が見られます。
少し田舎なレースに行くと中学生の姿はよく見られますが小学校低学年は私の参加するレースでは野辺山のみです。
お年寄りからこんな小さな子らが頑張ってくれる野辺山ウルトラはサイコーです!
来年も必ず参加します。
林道コースでも完走じゃ(笑)

このレポートは参考になりましたか? 0

エイドの内容、間隔が素晴らしいです!

出場種目:ウルトラマラソン

噂には聞いていましたが、本当にキツかったです。マラソン人生の中でたいへん良い思い出になりました!

このレポートは参考になりましたか? 0

前半、走りやすかっただけに残念。

出場種目:ウルトラマラソン

今回、コースの変更で稲子湯エイドまでの未舗装路がほぼほぼ無くなり、走りやすくなりました。

愚痴になりますが前年までのコースは、狭い未舗装路を横並び・くっちゃべって・歩いている。後ろが詰まる。避けようとしたら、何故か同じ方向に移動しやがります。
声をかければ良いのでしょうが、何回も続くと精神的に……
それが無くなっただけでも、嬉しい限りです。

が、しかし。
コース変更に伴い、最高到達地点が1908mから馬越峠の1620mにスケールダウン。獲得標高も去年と比べて若干(ガーミンで100m程)ダウン。
ここだけが残念な所ですね。
何とかと煙では有りませんが、最高到達地点、獲得標高。それだけでテンションが上がるものですから。

さて、デカフォレストまで後4回。来年も頑張って出走します。

このレポートは参考になりましたか? 0

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ハセP さん
    194件投稿
  2. 2位 カトちゃん さん
    189件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    133件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    108件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/07/13
    第4回十和田湖マラソン大会
    全国各地からたくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。 みなさまの・・・

  2. 2019/07/11
    第39回ひろしま国際平和マラソン
    小学生以上なら誰でも参加できます。比較的平坦で、無理なくランニングを楽しめるコー・・・

  3. 2019/06/23
    第8回 佐賀大学本庄キャンパスジョギング
    本大会では学生ボランティアを中心に企画・運営しています。学生ボランティアの良かっ・・・

  4. 2019/06/21
    第42回“日本のへそ”西脇子午線マラソン
    毎年多くのご参加ありがとうございます。第42回目を迎えるこの大会は、西脇工業高校の・・・

  5. 2019/06/11
    第39回南木曽町・妻籠健康マラソン
    第39回大会実行委員会です。6月2日の大会では多くのランナーにご参加いただき誠に・・・