本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第28回仙台国際ハーフマラソン(杜の都ハーフ2018)

  • 2018年5月13日 (日)
  • 宮城県(仙台市)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.sendaihalf.com/
種目:ハーフ(一般の部)

  • ランナーズアップデート
  • 大会100撰選出大会
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


81.0

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.2 pt

(現在の評価数660人)

masaboさんのレポート

東北を代表する素晴らしい大会!!

出場種目: ハーフマラソン 

去年の雨と対照的に今年は気温20度、曇り空、無風状態と絶好のランナー日和でしたが、練習不足からの後半のペースダウンが大きな反省材料となりました。杜の都仙台の中心街を走るコース設定。定禅寺通り、青葉通りのケヤキ並木を抜ける所が、郷土芸能(雀踊り、さんさ踊り、花笠踊り)による応援にパワーをもらい、気持ちよく走れました。例年スタートから2,3Kmくらいまでは芋洗い状態が続きます。1万人を超える大会なのでしようがないですね。無理にすり抜けようとすると無駄にエネルギー消費するので我慢が肝心。全体的にフラットなコースですが、唯一後半の陸橋の往復が足に応えました。ナンバーカード、RSタグ、参加賞(Tシャツ)の事前郵送、当日受付なしで、大会当日はレースに集中できます。完走後はフィニッシャータオルをもらいました。ゴール後のスポーツドリンク、バナナ。宮城県産「みやこがね」の焼きたての餅はとてもおいしかったです。設備はもちろん、沿道の声援、会場・コースのスタッフの対応もスムーズで、ストレスなしのすばらしい大会でした。また来年も走りたいです。

■総合評価

全体の感想
次回大会の参加 A
参加料に見合った大会 A
スタッフ、ボランティア A
会場
会場へのアクセス A
スムーズな誘導、受付 A
トイレ、荷物預かり、更衣室 A
スタート、コース、フィニッシュ
楽しめるコース設定 A
参加人数に見合ったコース A
コースの安全管理 A
距離表示、コース誘導 A
コース上の給水 A
記録、表彰
ネットタイム計測 A
記録計測、記録配信サービスの充実 A
充実した年代別表彰 A
インフォメーション
分かりやすい大会情報、参加案内 A
大会HPの更新 A

みんなのレポート

評価者:660人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

愛されるフィニッシャータオル

出場種目:ハーフマラソン

今まで東北地方の大会に参加した事が無かったので、今年初めて参加しました。

全体的に素晴らしく、東北の方々の力強い声援に感動し、走る事が出来ました。

ゴール後は参加された参加された方々の多くがフィニッシャータオルを拡げて記念写真を撮られてる方々がとても多く、帰宅時にも肩にタオルを掛けて帰宅されてる方々も多く、こんなに愛されてるフィニッシャータオルって初めての経験でした。

あと、今まで意外と経験した事が無かったのですが、新緑のトンネルの中を走るって、あんなに気持ちいいのかと感じ、また次回も参加したいと思える大会でしたd(^_^o)

Aブロック人数

出場種目:ハーフマラソン

関東より前泊での参加です。Aブロックの基準をクリアして以来3年連続となります。
運営はいつもと同じく安心できる体制で、スムーズに走ることができました。ただ、ゴール後の混雑だけは辟易しました。
記録証、荷物受け取りのそれぞれ長蛇の列。雨だったら大変なことになっていたでしょう。ただ、いざ進んでみると何か特別なトラブルで起こったとも思えず、単純に人数が多すぎるだけなのかな、と思いました。
個人的には、Aブロックの参加基準を厳しくしてもいいと思います。自分はぎりぎりなので、参加できなくなるかもしれませんが、そこは競技大会。頑張ってタイムを上げればいいだけの話です。
5分厳しくするだけでも、相当な混雑緩和となるはずです(そうなると自分はアウトですが、、、)
基準が変わっても、また来年も参加させていただきます。

エリート未満、ファンラン以上の人には厳しい大会

出場種目:ハーフマラソン

コースも応援も開催時期も他の大都市圏の大会に負けないくらい素晴らしく、とても良い大会です。
だからこそ、毎年参加者のマナーが気になって仕方ありません。
登録の部の前方に位置しておきながら、スタート時に上のカメラに向かって両手を上げてアピール。その後はひたすら抜かれるだけ。そういう方々を相当数見かけましたが…何しに来たんですか。
多分、一般の部でも似たような光景が多数、あったと思われます。
登録の部は今年から記録(画像)の提出が要件となり、少しはタイム詐称やブロック分けに注力してくれるのかな?と思ったら期待外れでした。次回もきっと改善されないんだろうな…と思うと残念です。

とても楽しい良い大会 でも…………!

出場種目:ハーフマラソン

地元色が全面に出た良い大会だと思います。
スタッフ、ボランティアの方など気持ちの良い人ばかりでストレス無くレースに入れました。
駅から会場までがちょっと遠いかなと感じましたがアップがてらに丁度良いです。
しかし一つ残念な事が!
私はCでしたが間違えてEFGの所に行ってしまいましたが、そこに居た警備員が最悪でした!そこは入れないの一点張りで何処に誘導してよいか分からず、BCDのランナーが貯まっても横柄な態度で接してました。
正直他のスタッフ、ボランティアの方まで一緒にされてしまう恐れがあるので、そこは来年の課題だと思います。
兎に角あの警備員は最悪です。

市民ランナーなら小さい子供の応援には応えてあげてほしい

出場種目:ハーフマラソン

昨年は大雨で、杜撰な運営やブロック毎の待遇格差に非常に多くの批判がありましたが、今年は改善の動きもあり素晴らしかったです。が、よりよくしてもらうため運営・選手双方に要改善点を書きます。良い点と会場アクセスに関する助言はアドバイスの方に書きます。

●要改善点(運営)
・人数に対しての更衣室のキャパが少なすぎ。
・(Dブロックでは)アナウンスが小さい。黙祷も殆どの人が気付かず。
・雨対策等がパンフに今年から明記されたが、自分で雨対策を、という内容。上記の更衣室でもわかる通り、運営側の対策は微妙。

●要改善点(選手)
・小さい子供達のハイタッチを道路端を走る殆どの選手が無視。あれは無視される子供側はとてもキツイんです(無視された後の寂しい表情を見ましょう)。全ての応援者に応える必要はないと思いますが、ハイレベルなエリートランナーはともかく、一般市民ランナーは「走らせてもらっている」という感謝の気持ちを持ってせめて小さい子供には応えるぐらいの余裕を持ってもいいのでは。
・給水所でのコップ散乱がひどい。ゴミ箱へ入れましょう。

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    219件投稿
  2. 2位 ハセP さん
    208件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    152件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    114件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/11/11
    第4回大崎上島HAPPYトライアスロン
    メイン会場となる大串海岸は全長約1kmの「西の天の橋立」と称されるほど美しい自然海・・・

  2. 2019/11/10
    第11回びわ湖レイクサイドマラソン2020
    琵琶湖の豊かな自然と景観に恵まれた湖岸のコースを舞台にびわ湖を丸ごと満喫しよう。

  3. 2019/11/01
    第32回【リニューアル第1回大会】熊野本宮・・・
    熊野本宮八咫烏駅伝は、1チーム4人(4区間)、2人(1,2区と3,4区)、1人(1~4区)で・・・

  4. 2019/10/04
    第32回 矢掛本陣マラソン全国大会
    矢掛町総合運動公園をスタートして、歴史情緒溢れる旧山陽道を駈け抜けるコースが特長・・・

  5. 2019/09/11
    第34回壱岐の島新春マラソン
    新春の風を感じながら壱岐の島を走りましょう! 皆様のご参加をお待ちしております!・・・