本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第24回星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

  • 2018年5月20日 (日)
  • 長野県(南牧村・小海町・北相木村・南相木村・川上村)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.r-wellness.com/nobeyama/
種目:100km,71km,42km

  • RCチップ
  • ランナーズアップデート
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


71.6

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.3 pt

(現在の評価数127人)

走るはり屋さんのレポート

ロードを走るトレイルレース

出場種目: ウルトラマラソン 

ウルトラマラソンの中でたぶん一番過酷なレース。
高原の空気、素晴らしい景観、きついけれどまた走りたくなる大会。

■総合評価

全体の感想
次回大会の参加 A
参加料に見合った大会 B
スタッフ、ボランティア A
会場
会場へのアクセス A
スムーズな誘導、受付 A
トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
楽しめるコース設定 A
参加人数に見合ったコース A
コースの安全管理 A
距離表示、コース誘導 A
コース上の給水 A
記録、表彰
ネットタイム計測 A
記録計測、記録配信サービスの充実 A
充実した年代別表彰 A
インフォメーション
分かりやすい大会情報、参加案内 A
大会HPの更新 A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 1

みんなのレポート

評価者:127人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

これぞウルトラマラソン!

出場種目:ウルトラマラソン

『野辺山を制するものは、ウルトラを制する』
と言われている通り、まだまだ力不足の自分にはきついコースでした。
80km地点で半分と思った方が良いとも言われてます。
きついですが、景色はとても良く、またチャレンジしたい大会です。
やはり下りでスピードを出し過ぎると、後半バテますね。
計画性を持って次回はチャレンジします!

このレポートは参考になりましたか? 9

71km初参加

出場種目:ウルトラマラソン

初めての野辺山でしたが今まで参加したコースよりも厳しく辛く長い一日でした。
今回は71kmだったので、いつかは100kmに挑戦したいと思います。
メダルがカッコよくて最高でした☆

このレポートは参考になりましたか? 7

5回目の参加

出場種目:ウルトラマラソン

2点改善点を挙げさせてもらいます
1、トイレの数が少ない。レース中5回行きましたが。待ち時間計50分かかりました。エイド毎2個が多かったですが、倍は必要です。
2、距離表示、特に上り坂。最高地点まであと何キロとか。馬越峠も頂上まで何キロの表示はしてほしい。
あとは景色が良く、ボランティアの皆さま、馬越峠への登りの途中で頑張れの声援が一番ありがたかったです。

このレポートは参考になりましたか? 5

スタッフがいい加減すぎる。

出場種目:ウルトラマラソン

初めて参加した大会でしたが、スタッフの対応が最悪でした、
二度と参加したくないと思いました。
以下、私が受けたスタッフの対応です。
・受付時にゼッケンが入っていなかった。スタッフのゼッケン渡し忘れ。
・71kmでの参加だったが、温泉に入ろうとしたが、荷物が届いていなかった。走る前にスッタフに、71km地点に荷物を受け取る人は、こちらに置いて下さい。教えられた場所に置いたら、スタートの荷物預かり所であり、結局温泉に入れず。
・スタッフに新宿行きのバスを待ち合わせ場所を聞いたら、違う場所を教えたれた。
・スタート/ゴール地点に荷物を受け取る際に、ゼッケン確認をされると聞いていたが、何もされなかった。スタッフは、荷物預かり所の前で椅子に座っていただけ。何のためにいるのか分からなかった。

このレポートは参考になりましたか? 5

いつまでもこの自然が保たれますように

出場種目:ウルトラマラソン

今年は明るいうちにゴールできました。昨年は98.5KmでDNF
昨年よりは気温が低かったお陰でしょうか。エイドの皆さんとお天気に感謝です。野辺山のコース、12~13時間台のランナーにとってはなかなかタフですよね。痛みと苦痛無しにはゴールできません。単なる標高の高さや獲得高度ではなくそのUP/Downの配置が絶妙に思います。100kmの間には内臓と筋肉が徐々に損傷しますが、その時々の自分の身体や体調に合わせて、走りと補給をコースの変化にどう合わせてゆくか、その幾通りもの選択肢がある深みが素晴らしいと思っています。それにしてもどこを走っていても絶景。野辺山高原、美しいところです。

このレポートは参考になりましたか? 5

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ニックネーム未登録さん
    106件投稿
  2. 2位 torachan612 さん
    91件投稿
  3. 3位 ニックネーム未登録さん
    89件投稿
  4. 4位 マルピー さん
    74件投稿
  5. 5位 カトちゃん さん
    72件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/12/13
    第3回 川崎国際EKIDEN
    詳細は、川崎国際E EKIDEN ホームページをご覧ください。 https://kawasaki-inter-e・・・

  2. 2021/09/28
    第4回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道の食を応援するために始まったRUN for HOKKAIDO。 好評につき4回目も開催する・・・

  3. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  4. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  5. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・