本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第32回千歳JAL国際マラソン

  • 2012年6月3日 (日)
  • 北海道(千歳市)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.city.chitose.hokkaido.jp/chitosejalmarathon/kousiki/
種目:42.195km(個人),42.195km(団体戦),ハーフ(21.0975km/個人),ハーフ(21.0975km/団体戦),10km,3km

  • RCチップ
  • 大会100撰選出大会
  • 大会ガイド
  • 大会結果
 


82.4

(現在の評価数98人)

zergo67さんのレポート

他では体験できない貴重な大森林満喫フルマラソン

ここの最大の特徴はなんと言っても、未舗装の森林コースです。あまりのマイナスイオンのシャワーに何度も深呼吸しながら走りました。僕はフルマラソン8回目ですが、今まではシティマラソン中心だったので、このコースは本当に感激しました。時々砂利になるのも、足が取られそうになるのも、アップダウンもハードでしたが、楽しめました。タイムは期待できないと言われるコースですが、僕は自己ベスト更新することが出来ました。北海道は初めてでしたが、大自然だけでなく、美味しいものも満喫できて、本当に充実した大会でしたね。

■総合評価

インフォメーション
大会WEBサイト 4
分かりやすい最終案内 4
大会会場
アクセスが便利 5
充実した施設 5
充実した誘導・案内 5
参加者、応援者も楽しめる 5
参加者サービス
飲食物の提供 5
すばらしい参加賞 5
いち早い記録発表 5
独自の特色を持つ 5
コース
緩やかな制限時間 5
楽しめるコース設定 5
的確な距離表示 5
充実したトイレ・給水所 5
熱心な応援 5
走路の安全確保 5
総評 (最高評価は10です)
大会運営 10
来年の参加 10

不適切なレポートとして報告する

共感するましたか? 84

みんなのレポート

評価者:98人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

砂利道に 満ちる新緑 見違える

出場種目:フル

・天候:曇り(気温:約12℃)
・エントリー:フルマラソン(約5,000名参加)
・青葉公園内から一斉にスタート(AM10:20)
・コース:未舗装の支笏湖林道&サイクリングロード(高低差約155m)
・コース頂上部で折り返し(22.3km)
・千歳スポーツセンターでゴール!
・参加賞:特製タオル、完走Tシャツ他
・給水:8箇所(水、スポド、スポンジ)
・給食:3箇所(バナナ、レモン、パン他)

 当日の千歳は、曇り空で肌寒く。
 過去最高の参加者で、会場は混雑状態。
 道幅狭く、3km付近までは渋滞ラン。
 コースは中盤まで未舗装林道で走りづらく(~33km)
 折り返しまでの緩やかな登り坂に悪戦苦闘。
 何度も砂利が靴に入り、ペースダウン。
 終盤に信号機(2箇所)あるも、今年は運良く止められず。
 完走後、恒例の絶品「蒸かし芋」に舌鼓(無料配給)

 大会関係者の皆さん、大変お疲れ様でした。
 家族の声援もあり、ぎりぎりサブ4達成。
 新緑の森林浴を満喫できる身体に優しい大会です!

このレポートは共感度になりましたか? 173

最高の大会です。

出場種目:フルマラソン

今年で3年連続参加させてもらいました。
 今年は涼しいくらいの天気で,とても走りやすく,自己ベストを少しだけだけど更新できました。
 駐車場も余裕があるし,距離表示も1キロずつと走りやすいし,給水所の給食も充実しているし(最後の方の給水所では,山のようにパンが置いてあって,つい腰を下ろして沢山食べてしまいました),完走記念のTシャツも毎年のことながらいいものだし,何の文句もない,最高の大会です。
 ありがとうございました。

このレポートは共感度になりましたか? 145

修正に拍手です!

出場種目:フル男子35~49歳

昨年もこの大会のフルの部で走りました。
その際、フルマラソンの途中で倒れた人への対応に、不満を書いたのですが、今回はDrランナーさんの姿を多数見かけるとともに、前日に新聞でも存在が周知されていました。
また、コース内で伴走の原チャリも昨年の記憶と比べてかなり多数見かけました。
昨年の問題点をしっかり修正してきた実行委員会さんに拍手です!

駐車場がかなりはやめに埋まってしまったことには不便を感じましたが、それだけ大会が盛り上がっている証拠だと考えておいたほうが良さそうですね。

また来年、今度は安心感を持って参加したいと思います。

このレポートは共感度になりましたか? 144

皆伐跡地ではありません

出場種目:ハーフ

地元千歳のものです。今回はハーフに参加しました。
寒い中でのスタートとなりましたが、走り始めると寒さも感じずちょうど良い気候だったと思います。
さて(皆伐跡地にげんなり)と書かれていた方がおられましたが、違います。
あれは、10年前だったと思いますが、北海道に強烈な風台風がやってきて、風の通り道になった所の木々を根こそぎ倒していきました。
全道で見るも無残な状態の森林が数えきれないほど未だに残っています。
植林は少しでも元の森林に戻そうとの努力の結果です。むやみに伐材したわけではありません。
あのコースは普段立ち入ることのできないコースを(国有林・私有林)持ち主の方のマラソンに対する理解の元に好意で当日のみ貸していただいています。
感謝して、森林を破壊しないように走りたいものです。
この大会の魅力はやはり森林と川のせせらぎだと思いますから。

このレポートは共感度になりましたか? 141

泣きたい程の苦しさ、そして涙が出るくらい感謝

出場種目:42.195km(男子個人)

3年連続3度目の出場。3枚目の完走Tシャツを頂いた。やや肌寒かったものの、今年も雨に見舞われ事も無く何よりだった。しかし改めてタフなコースを実感!一見走り易いように感じるが、土、砂利、アスファルトと変わる路面と後半のアップダウンは徐々に身体のあちこちに大きなダメージを与える。呼吸はさほど苦しくないが足が思う様に動かない。何度も心が折れそうになり、泣きたい気持ちに陥る。それを救ってくれたのはやはり大勢のスタッフさん。充実したエイドや細かな気配り。そして叱咤激励。また、ゴールが近づくと一般の方々の声援も増え、ラストスパートの後押しをしてくれた。ゴール後の学生さん達とのハイタッチには毎年涙が出る思いである。スタッフそして観客の皆さん、貴重な休日なのに本当にありがとう。心より感謝します。来年も宜しくです!レース終了後は東京から参加の友人と居酒屋で一杯。何とビールが旨い事か!これもこの大会の何よりの楽しみの一つである…この為に走っていると言っても過言ではない…かな?

このレポートは共感度になりましたか? 124

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    141件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    116件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    97件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    90件投稿
  5. 5位 ニックネーム未登録さん
    67件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  2. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  3. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・

  4. 2020/10/13
    第2回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道には美味しい食品がまだまだたくさんあります。 これを機会に、RUNと北海道の・・・

  5. 2020/08/25
    こもれびマラソン in 柏の葉
    「こもれびマラソンin柏の葉」にご参加いただき心より感謝申し上げます。コロナウイル・・・