本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第53回青梅マラソン

  • 2019年2月17日 (日)
  • 東京都(青梅市)
  • ユーザー登録大会: 野武士さん
Information

種目:10km,30km

 


66.9

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.3 pt

(現在の評価数121人)

kamikazeさんのレポート

遠くても、参加するだけの価値のある大会

出場種目: 30kmマラソン 

三度目の参加。昨年はアキレス腱不安から申込断念、今年は満を持して…と思ったら2ヶ月前に肉離れ。不安を抱えながらの参加。大会は変わらず、地元はマラソン大会一色で、沿道の声援や応援も途切れる事がない、応援に力を貰える大会。伝統があるからか、定員を考えるとマンモス大会なのだと思いますが、限られた場所やスペースは研究され尽して有効に活用されていて、動線もスムーズ。30kmはスタートもゆっくりなので、遠方からの参加可能。前回も書いたが、トイレはどこも混雑模様でしたので、もう少し増設して貰えると…と思います。個人的には、Qちゃんに会えるのを楽しみに頑張った。
タイムを狙える状態ではなかったが、最低限の2時間切りは出来てホッとした。有難うございました。

■総合評価

全体の感想
次回大会の参加 A
参加料に見合った大会 A
スタッフ、ボランティア A
会場
会場へのアクセス B
スムーズな誘導、受付 A
トイレ、荷物預かり、更衣室 B
スタート、コース、フィニッシュ
楽しめるコース設定 A
参加人数に見合ったコース B
コースの安全管理 B
距離表示、コース誘導 A
コース上の給水 A
記録、表彰
ネットタイム計測 A
記録計測、記録配信サービスの充実 A
充実した年代別表彰 B
インフォメーション
分かりやすい大会情報、参加案内 A
大会HPの更新 A

不適切なレポートとして報告する

このレポートは参考になりましたか? 2

みんなのレポート

評価者:121人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

ネームバリューと地元民の善意に甘えた大会

出場種目:30kmマラソン

ネームバリューにひかれて出場しましたが、運営が最低でした。私設エイドなど地元民の善意のおかげで好印象で帰るランナーが多いでしょうが、それであれば大会参加費7000円は異常と言えるほど高いと思います。

・東京から約80分のド田舎でアクセスが悪い上にJRなので運賃も高い
・荷物預かりが抽選かつ+500円かつメイン会場から遠い
・青梅市総合体育館で寒さはしのげるが、狭すぎてストレッチも難しい
・トイレが明らかに参加人数に対して不足
・コースがランナーに埋め尽くされていて距離掲示やエイドを見落とすこともあった
・タイムのサバ読み、対象ブロックより前からスタートしてるランナーが多すぎる(なぜ1000人以上抜かなければならないのか?)
・エイドは箇所が少ない上に量も少ない(私設エイドが無ければDNFがもっと多いと思う)
・センターラインに突っ立ている審判員が一番危険(最近流行りのキレる老人もいた)
・完走メダルは10kmとデザインが同じ
・参加賞のTシャツがダサい(別料金を取られるBEAMSのTシャツは良かった)
・Qちゃんとのハイタッチだけが、唯一の良い思い出

このレポートは参考になりましたか? 9

ランナーキャパオーバーを承知した上で参加しましょう

出場種目:30kmマラソン

2年ぶりの30キロ参加でしたが、走路混雑はよりひどくなっていた印象です。ストレスなく走れたのは折り返し以降でした。しかし、これが青梅マラソンの現状です。それが嫌ならエントリーしないことです。年に一度の自然豊かなコースでの30キロ走、私はあらゆる事象を飲み込んで喜んで走らせて頂いております。笑顔で接して頂いたスタッフの皆さま、沿道であつい応援をしてくださった地元の皆さま、素晴らしいひとときをありがとうございました。

13年ぶりに青梅路へ

出場種目:30kmマラソン

青梅は4年前に10キロに出場しましたが、30キロは平成18年以来となりました。懐かしい思いで完走しました。昔は完走メダルは無かったのでうれしく思いました。
東京マラソンが始まる前はこの青梅マラソンが日本一の大規模マラソン大会として一度は出たい憧れの大会でした。まだ携帯やスマホが無い時代でしたから申し込みは往復ハガキでの申し込みでしたがなかなか当たらず30キロに初当選したのは平成2年のことでした。
今回で8回目の30キロ完走となりました。一番キツかったのが雪が降る中走ったことがありましたけど寒さでは一番キツかった大会でしたね。
今回は昔からある大会だけに?コース上のトイレが少なくて参りました。
残念な点もあり、大会前日にあったパスタパーティは無くなったみたいです。あとはゴール地点も鉢植えとか無くなって質素な感じになりましたね。
記録計測はニシスポーツで昔からランナーズチップの計測は無いですね。なんででしょうね?
参加賞Tシャツとゼッケンは会場で引き換えが必要です。水色の爽やかなカラーですがプーマのTシャツは珍しいと思いました。

このレポートは参考になりましたか? 8

ながらスマホは止めろ!

出場種目:30kmマラソン

青梅30kmは22回目の完走でした。狭いoneway折返しコースですから、TOPランナーから最後尾までのランナーと至近距離ですれ違う。これが青梅の醍醐味だと思って参加し続けています。遠くを見れば山の稜線もきれいですし、今回は空もきれいでした。沿道の応援も温かく、来年も参加します。
一方、ランナーのマナーは年々落ちています。特に今年は強く感じました。
序盤2km位のところで、大混雑の中、4人の集団が明らかに周りのペースより遅く走っている。「迷惑な奴らだ」と思って抜いたら、集団の右前の女性がスマホを操作しながら走っていました。「遅い集団走だけでも迷惑なのに何をしてんのか!」って感じ。また11km地点では前のランナーがスマホを落とし、体を急転させて私の足元に突っ込んできました。本能的に避けましたが、ぶつかってもおかしくなかった。「一方通行の道で急にUターンするなんて!」って感じ。写真を撮りたかったり、何か操作したい気持ちはわからないでもありません。でも、それならコースアウトして周りに迷惑をかけないようにするのが当たり前でしょう。
レース中にかかわらず「ながらスマホ」は止めろ!!!

応援の熱い大会

出場種目:30kmマラソン

スタートブロックが細かく分かれて、改善の努力が見られた。
スタートからしばらくの混雑は致した方ないか。
直接、運営には関係ないがゴール近くのスーパーマーケットがなくなっていたことが寂しかった。

このレポートは参考になりましたか? 7

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    141件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    116件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    97件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    90件投稿
  5. 5位 ニックネーム未登録さん
    67件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  2. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  3. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・

  4. 2020/10/13
    第2回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道には美味しい食品がまだまだたくさんあります。 これを機会に、RUNと北海道の・・・

  5. 2020/08/25
    こもれびマラソン in 柏の葉
    「こもれびマラソンin柏の葉」にご参加いただき心より感謝申し上げます。コロナウイル・・・