本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第10回ハセツネ30K

  • 2018年4月1日 (日)
  • 東京都(あきる野市)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.hasetsune.com
種目:32km

  • RCチップ
  • 出走権譲渡 ゆずれ~る
 


59.5

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

3.9 pt

(現在の評価数91人)

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

次回大会の参加
参加料に見合った大会
スタッフ、ボランティア

会場

会場へのアクセス
スムーズな誘導、受付
トイレ、荷物預かり、更衣室

スタート、コース、フィニッシュ

楽しめるコース設定
参加人数に見合ったコース
コースの安全管理
コース誘導
コース上の給水

記録、表彰

記録計測、記録配信サービスの充実
充実した年代別表彰

インフォメーション

装備品の明示
分かりやすい大会情報、参加案内
大会HPの更新

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色

地元への浸透
会場の盛り上がり
特色あるエイドステーション
参加賞のオリジナリティ
エコ、環境保護
大会独自の取り組み、地元色

みんなのレポート

評価者:91人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

暑かったです。

出場種目:トレイル

事前の試走で5時間50分かかってしまい、当日不安でしたが、何とか4時間50分でゴールして優先チケットゲットできました。

カッパ上下、スポドリ1.8L、お茶250ml。
走り終わってスポドリもお茶も残量が200ml。
他にゼリー&粉飴ジェルを500kcal分、塩分タブレット、ブドウ糖タブレット数粒ずつ。
最初のロードが55分から56分で走って北沢峠手前の渋滞が10分。
醍醐丸到着が約2時間35分。そこからトレイル&ロードを降りきったのが約3時間15分位。ロード下りは意識的にペース落としてキロ5分半くらい。めちゃくちゃ抜かれました。
登り返しの2キロのロードは周りのランナーはほぼ歩いている中、キロ7分から8分位で走りつづけました。
入山峠すぎて四時間位。
今熊山で四時間半をちょっと越えるくらい。
そこから下って4時間50分でゴールって感じです。
最初のロード以外は無理せず走れるトレイルも飛ばしすぎないように意識しましたが、それでも入山峠までのアップダウンからは度々足が攣り水分補給しながら走りました。
優先チケットが欲しい人に参考になれば。

30kとCUP戦は別もの

出場種目:トレイル

トレイルの大会であのガチンコさは30kならではですね。
たまたま当日は気温が高く風もなくなかなか厳しいコンディションでしたが自然相手がトレイルの醍醐味ですし、エイドがなく自己責任がハセツネ。
渋滞もハセツネ名物とはいえ、トレイルに入るとシングルトラックばかりで追い抜くポイントが殆どなく、ロード勝負でほとんど決まってしまうのは、秋のCUP戦に繋がらないコース設定です。なのに優先出場権が得られる予選会になっているのは何故でしょうね。30kはロードランナーが圧倒的に有利ですがCUP戦は全く違います。
それでも30Kは他ではないシビアさがまた魅力です。
意見をもう一つ。ポールを横にして持って走る選手が何人かいて、後ろにつくと顔にぶつかるのではとかなり怖かった。スキルの話にもなりますが、半分ロードでこの距離なら、ポールは不要(禁止)でいいと思いました。

楽しみではあるが...

出場種目:30kmマラソン

毎年楽しみにしている大会ではあるが、スタート順の取り合いで朝早く並ぶのはまだしも、並んでいる横から割り込んでくる輩の多さに腹が立つ。前に並びたく朝早く来る努力をしている人たちも多々いるのですから、その辺は大会側でも少し配慮を頂きたいと感じた。

又、必携品のチェックはあるものの、レース前には明らかにレインの入っていないザックを背負っている方もいます。本線への優先権への対策かもしれませんが、山岳レースとしての本質を外れているような気もします。
ルールがあってのレースかと思います。

個人のモラルと言われてしまえばそれまでですが....

このレポートは参考になりましたか? 3

初参加でした。

出場種目:トレイル

ランニングシューズで参加しました。会場入りすると既に人がびっしり。5時間の後方、大きなゴミコンテナの辺りからのスタートとなりました。
 最初のロードがとにかく勝負だという事でロードは「青梅マラソンみたいだなぁ」と思いつつ、できるだけ気を付けつつ、とばして走りました。少し並びましたがトレイルには比較的長い時間並ばずに入ることができました。自分が一番きつかったのは中間あたりに出てきたロードの下りです。下りに負け、つま先に体重がガンガンかかってしまっていたのでゴール後に靴下を脱ぐと、両足の爪が2本ずつ死んでいました。大会役員の方や支えてくださったスタッフの方には感謝の気持ちでいっぱいです。一点スタートだけ、もうちょっと広い所で行うか、目標タイムの列を長くするなどしてもう少し目標タイムの所に並びやすくなっているといいかなと思いました。(それを見越して早く来いと言われると、その通りっですが…)参加者の方にお願いなのですが、練習でご自分のタイムはなんとなくわかると思います。やはり目標タイムはきちっと設定し、無理ないスタート位置に並ぶことが円滑な大会の進行につながるのではないかと思いました。

このレポートは参考になりましたか? 3

参加ランナーのマナーあっての伝統へ。

出場種目:トレイル

三回目の参加です。
援助禁止・エイド無しの特徴もあってか、捉えようによっては殺伐としたレースになります。

私は数名のハイカーさんとすれ違いましたが、挨拶をするランナーさんは皆無で、ランナー同士の追い抜き時も、声かけが不十分な場面が目に付きました。
注意が入ってもロードもコーンの外側を平気で通るし…。
必要装備の確認が連呼されていましたが、もっと大切な事があるのでは…。
例えれば「一見さん」はゴミを捨てる・「リピーター」は戻って来るからゴミは捨てない。旅の恥は書き捨て?本選出場権を取る為の大会になっていて、このような感じなら大会の存続価値ってあるのでしょうか…。本選だけで良いのでは。

駅への帰路時、地元のおばあちゃんに話し掛けられ、お孫さんの事など歩き話を10分ほどしましたが、そんなレースの後なのでとてもホッコリ出来ました。

このレポートは参考になりましたか? 2

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    219件投稿
  2. 2位 ハセP さん
    208件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    152件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    115件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/11/15
    第9回 赤穂シティマラソン
    この度は赤穂シティマラソン大会にご参加いただきありがとうございました。大会当日は・・・

  2. 2019/11/11
    第4回大崎上島HAPPYトライアスロン
    メイン会場となる大串海岸は全長約1kmの「西の天の橋立」と称されるほど美しい自然海・・・

  3. 2019/11/10
    第11回びわ湖レイクサイドマラソン2020
    琵琶湖の豊かな自然と景観に恵まれた湖岸のコースを舞台にびわ湖を丸ごと満喫しよう。

  4. 2019/11/01
    第32回【リニューアル第1回大会】熊野本宮・・・
    熊野本宮八咫烏駅伝は、1チーム4人(4区間)、2人(1,2区と3,4区)、1人(1~4区)で・・・

  5. 2019/10/04
    第32回 矢掛本陣マラソン全国大会
    矢掛町総合運動公園をスタートして、歴史情緒溢れる旧山陽道を駈け抜けるコースが特長・・・