本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

大会情報

2018 X-RUN CHIBA クロスカントリー大会

  • 2018年2月4日 (日)
  • 千葉県(千葉市緑区)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.jaaf.or.jp/competition/detail/1218/
種目:20km ,20km 団体戦,10km ,10km 団体戦,5km,1.5km キッズ

 


67.9

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

3.7 pt

(現在の評価数35人)

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

次回大会の参加
参加料に見合った大会
スタッフ、ボランティア

会場

会場へのアクセス
スムーズな誘導、受付
トイレ、荷物預かり、更衣室

スタート、コース、フィニッシュ

楽しめるコース設定
参加人数に見合ったコース
コースの安全管理
距離表示、コース誘導
コース上の給水

記録、表彰

ネットタイム計測
記録計測、記録配信サービスの充実
充実した年代別表彰

インフォメーション

分かりやすい大会情報、参加案内
大会HPの更新

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色

地元への浸透
会場の盛り上がり
特色あるエイドステーション
参加賞のオリジナリティ
エコ、環境保護
大会独自の取り組み、地元色
この大会を評価する

みんなのレポート

評価者:35人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

日本陸連が主催なので、硬派な感じの大会

出場種目:10kmマラソン

中学生の全国大会が同日に行われるレースなのか、着ぐるみやコスプレのランナーは皆無。
現役の学生の陸上競技部が多く参加してるので、市民大会とは一味違う雰囲気。コースはアップダウンがありますが、ペースは上げやすいので、記録を更新狙えます。シューズはロードレース用でもいいですが、トレラン用のもの方が、地面を噛むのでいいと思います。

このレポートは参考になりましたか? 1

非常に楽しめる大会

出場種目:10kmマラソン

今回で2回目の参加ですが、中学、高校、大学の陸上競技部員が記録更新のため真剣に走っている光景を見ていると刺激になる大会です。私自身も普段以上の力がわき、大変刺激を受けました。また、来年もエントリーして刺激を受けたいと思っています。また、大会役員やボランティアの方たちにも良くしてもらい、気持ちよく走れました。DJの語りも楽しいです。今回の完走賞(ポンチョ)については、必要な方もいるとは思いますが、必要の無い方にとっては残念な品物だと思います。昨年のTシャツは良かったと思います。

このレポートは参考になりましたか? 1

ロードとトレランの間だけど初心者にもおススメ

出場種目:ハーフマラソン

アクセスは車、もしくはJR外房線土気駅から無料シャトルバスもしくは徒歩。シャトルバスが無料なのが嬉しい。
コースは私が出走した20Kだと1周2.5Kを8周回。芝は短め、土は硬めが多いので、シューズはロードでもトレランでも良いかと。今回は事前に雪が降ったので、一部ぬかるんだところもあったが、うまく避ければほとんど汚れずにすんだ。
スタートは写真の通り幅が広くて走り出しやすく、下りなので勢いに乗れる。そのあとはアップダウンが続きますが…w
ロードより足に優しいので、意外と初心者の方にもオススメできると思います。
全国中学生クロカン選手権が併催されており、中学トップクラスの走りが間近で見れるのも○。キッズもあるので、家族づれで参加してもいいかも(^^)
今年はトレイルランナーの上田瑠偉選手も出ていて盛り上がりました(^。^)

このレポートは参考になりましたか? 1

クロスカントリーならでは

出場種目:10kmマラソン

普段はフラットな舗装されているところを走る事が多く。近くの柏の葉公園も芝生やちょっとした丘陵の様なものもあるが、ここのような高低差はない。
芝生も厚く柔らかい部分がコースの多くを占めている感じで脚への負担は思った以上になだらかだと感じる。一般10Kmに出場したが10Kのレースでのベストタイムだったので2018年の1発目のレースとしては手応えを感じた。クロカンならではの苦しさもあるが楽しさもあり来年も参加したい。

このレポートは参考になりましたか? 1

トップレベルと市民ランナーの融合

出場種目:5kmマラソン

距離にバリエーションがあり、それぞれに、トップレベルのガチレースの方とのんびり市民ランナーが融合していたと思います。
以前は千葉国際クロスカントリーとしてトップランナーのみのレースでしたが、市民ランナーにも開放し、クロカンを広めたいという意義は感じました。

駅からのバスもさほど待たずに乗れましたし、バスを降りてすぐに受付と銅線も考えられていました。

クロカンきつかったですが、楽しい大会でした。
来年も参加させていただきたい大会です。

このレポートは参考になりましたか? 0

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    286件投稿
  2. 2位 アナザースカイ さん
    242件投稿
  3. 3位 ハセP さん
    227件投稿
  4. 4位 to_ma_to さん
    211件投稿
  5. 5位 こここ さん
    182件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2018/12/04
    交野マラソン2018
    交野マラソン2019を4月21日(日)に開催いたします! 前回大会では初夏を感じ・・・

  2. 2018/12/04
    交野マラソン2019
    交野マラソン2019を4月21日(日)に開催いたします! 前回大会では初夏を感じ・・・

  3. 2018/11/26
    第31回野馬追の里健康マラソン大会
    本年も現時点で3,200名を越えるエントリーをいただきありがとうございます。 参加・・・

  4. 2018/11/22
    第8回 赤穂シティマラソン
    第8回赤穂シティマラソン大会は晴天のもと無事終了いたしました。参加していただいた・・・

  5. 2018/10/05
    オホーツク網走マラソン2018
    オホーツク網走マラソン2018に参加いただいたランナーのみなさん、本当にありがと・・・