本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

東北・みやぎ復興マラソン2017

  • 2017年9月30日 (土) ・ 1日 (日)
  • 宮城県(名取市・岩沼市・亘理町)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.fukko-marathon.jp/
種目:フルマラソン 42.195km,フルマラソン 42.195km,フルマラソン 42.195km,フルマラソン 42.195km,フルマラソン 42.195km,フルマラソン 42.195km,フルマラソン 42.195km,フルマラソン 42.195km,ファンラン 6km,ファンラン 6km,ファンラン 6km,ファンラン 6km,親子ペアラン 2km,車いすジョギング 2km

  • 全日本マラソンランキング
 


76.9

(現在の評価数1037人)

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

スタッフやボランティア
大会の地元への浸透度
大会運営全体を通しての印象
来年も参加したいですか?

会場

会場へ(から)のシャトルバス
会場案内看板や場内アナウンス
会場のレイアウトと移動経路
荷物預かり所
トイレの配置と管理

スタート、コース、フィニッシュ

スタートエリアの管理
コースは混雑しなかったか?
距離看板
景色など楽しめるコースか?
沿道での応援
給水所の水、スポーツドリンク
ゴール後のドリンクフード

記録、表彰

ネットタイム計測
ネットやスマホへの記録配信
参加賞
年代別表彰について

インフォメーション

大会パンフ(募集要項付き)
当日案内(ハガキ、封書)
大会ホームページ

みんなのレポート

評価者:1000人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

Official Memorial Bookを読みましょう。

出場種目:フルマラソン

景色が単調だったとか殺風景だったとか言っているあなた、
帰りのシャトルバスまでの長い道や、バスに乗るまでの長い待ち時間で、終わりが最悪で全て台無しになったとか言っているあなた、
まだあなたの東北・宮城復興マラソンは終わっていません。
貰ったOfficial Memorial Bookを読みましょう。これを読んで、マラソン中や、その前後であったこと・見たことを振り返ってみましょう。そして、復興のためにこれから何ができるのか考えてみましょう。ここまでが東北・宮城復興マラソン2017です。
そして、これからも被災地をサポートするために、新たなスタートを切りましょう。

上から目線で済みませんが、酷評されるような大会ではないと思うので、あえて書かせていただきました。

地元岩沼市からの参加でした。

出場種目:フルマラソン

皆さんお感じのようにシャトルバスの待ち時間や誘導、トイレの混雑など全国各地からお集まりいただいたなか至らない点が多々ありまして大変申し訳ございませんでした。
私は地元岩沼市からフルマラソン初参加の市民ランナーです。
私自身津波の被害に合いまして多くの知人を失いました。そして震災から6年半たくさんの苦労がありました。
昨日はいろんな思いを噛み締めてみなさんと走り抜いた特別な一日でした。
必ず来年は今年よりも整備されています。
まだまだみなさんの力が必要です。みなさんの力を下さい!
また来年一緒に走りましょう!!

「ありがとう」がいっぱいの大会。

出場種目:フルマラソン

とにかく沿道から「頑張れ!」と同じくらい「ありがとう」の声をかけられ、途中何回も目がうるうるしてしまいました。
市街地でもなく、近くに民家がある訳でもない部分が多くを占めるコースで気持ちが切れそうになっても、コース途中にいるスタッフさんやエイドステーションで声をかけていただき、最後まで頑張ることが出来ました。
初回ということで改善点はありますが、考えていただきたいのは「この会場がどんな場所か」ということ。
決して完璧に整備された競技場ではなく、まだ復興途中の被災地です。
「42km走ったランナーに酷い仕打ち」なんて「ランナーファースト」を求める前に、沿道から「ありがとう」の笑顔と声援をくれた方々への「被災地ファースト」の大会にしましょう。

ボランティアの方々が大変ですが応援してもされても楽しい大会

出場種目:フルマラソン

職場である空港で被災し、自宅も1メートルの津波が押し寄せた地元ランナーです。
道幅的にもスタートでスピード域の違うランナーが入り混じると走りにくいのでウェーブスタートは大賛成。少し暑かった以外は走りやすいコースでした。エイドの間隔も喉の渇きを感じない程で大変助かりました。
シャトルバスですが、敢えて駐車場を設けず電車移動を原則として、帰りに関しては仙台空港駅のみを乗車駅にすれば全てのバスが会場↔空港のピストンになるので待ち時間自体は少なくなるかと。また、空港にシャワーが使えるランステがあったり、被災時の展示があったりするので、民営化した空港も巻き込んで(1割引位のサービス券を配布しもらい)お土産購入とか飲食の空港観光も楽しんで頂けるんではないかと思います。(すいません、空港関係者としての意見です)
父を含め多くの知り合いがボランティアとして参加しましたが、拘束時間が長いから走るより大変かもと言っていたらリアルに父の方が帰宅まで時間がかかりました。
地元民としてはまた来年が待ち遠しい位楽しめました。

文句を言う人は次回参加しなければ良いと思います

出場種目:フルマラソン

今回の大会以外でもそうですが
お金払って走ってやってるんだという「お客様は神様です」的な意識の方が多いんでしょうか?レポを見ると残念な気持ちでなりません。

第一回目という事を加味すれば自ずと状況は分かるはずです、復興マラソンと言う大会名なんですから、被災地の方々の力になれればそれで良いじゃないですか
応援は少ないけれど温かいものだし「走ってくれてありがとう」と声を掛けてくれるのは復興マラソンならではだと思います。
コースは殺風景ですが、当時の状況と復興の進み具合を表示すりというコンセプトですしエイドの多さは1番ではないでしょうか?
次回からまた少しずつ改善していけば良いだけの話ですし主催者代表の方?は辞める必要もないと思います。

また来年も必ず走りますので楽しみに待ってます!!

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ハセP さん
    186件投稿
  2. 2位 カトちゃん さん
    184件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    131件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    107件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/06/23
    第8回 佐賀大学本庄キャンパスジョギング
    本大会では学生ボランティアを中心に企画・運営しています。学生ボランティアの良かっ・・・

  2. 2019/06/21
    第42回“日本のへそ”西脇子午線マラソン
    毎年多くのご参加ありがとうございます。第42回目を迎えるこの大会は、西脇工業高校の・・・

  3. 2019/06/11
    第39回南木曽町・妻籠健康マラソン
    第39回大会実行委員会です。6月2日の大会では多くのランナーにご参加いただき誠に・・・

  4. 2019/06/09
    水見色Trail Running -第5回水見色トレラ・・・
    静岡市の中心市街地から約30分と気軽に行ける水見色です。第4回大会までは高山市民の・・・

  5. 2019/04/25
    第6回 南伊豆町100km・78km・66kmみちくさ・・・
    2014年より始まりました「南伊豆町みちくさウルトラマラソン」も、今回で6回目の大会・・・