本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

箱根ランフェス2018

  • 2018年4月21日 (土) ・ 22日 (日)
  • 神奈川県(箱根町)
Information

大会オフィシャルページ:http://hakone-runfes.com
種目:【4/21(土)9:00】富士ビューラン(ハーフ),【4/21(土)9:10】富士ビューラン(三国峠ラン約8km),【4/22(日)7:00】富士ビューラン(ハーフ),【4/22(日)7:10】富士ビューラン(三国峠ラン約8km)

  • RCチップ
 


59.5

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

3.9 pt

(現在の評価数48人)

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

次回大会の参加
参加料に見合った大会
スタッフ、ボランティア

会場

会場へのアクセス
スムーズな誘導、受付
トイレ、荷物預かり、更衣室

スタート、コース、フィニッシュ

楽しめるコース設定
参加人数に見合ったコース
コースの安全管理
距離表示、コース誘導
コース上の給水

記録、表彰

ネットタイム計測
記録計測、記録配信サービスの充実
充実した年代別表彰

インフォメーション

分かりやすい大会情報、参加案内
大会HPの更新

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色

地元への浸透
会場の盛り上がり
特色あるエイドステーション
参加賞のオリジナリティ
エコ、環境保護
大会独自の取り組み、地元色

みんなのレポート

評価者:48人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

登りと景色がサイコー

出場種目:10kmマラソン

箱根ランフェスは初参加で、登りのコースも初でしたが、登りを走るのがこんなにも楽しいものだとは思いませんでした。
芦ノ湖と富士山も絶景で、サイコーに気持ちいい時間でした。
来年も参加したいと思える大会でした。運営して下さった方々、応援してくれた方々、一緒に参加してくれた仲間に感謝です!

このレポートは参考になりましたか? 0

苦しかったけど楽しめた!

出場種目:その他

折返しの三国峠までのひたすら4キロ上りは今まで参加したどの大会よりきつかったけど、富士山がくっきり真正面に見えて、気持ちの良い大会でした。

このレポートは参考になりましたか? 0

絶景ラン&温泉の極楽

出場種目:ハーフマラソン

富士ビューランは、ふだんは車でなければ入れない芦ノ湖スカイラインを、刻々姿が変わる富士山の絶景を眺めながら走ります。アップダウンはかなりきついですが、登りは歩き、下りでピッチを上げてタイムを稼ぎました。ゴール後の温泉は複数から選べました。タイムを競うつもりがなければ最高に楽しめる大会です。

このレポートは参考になりましたか? 1

最高の天気

出場種目:ハーフマラソン

土曜日のハーフに参加しました。ハーフだからあまりアップもせず、事前にコースの確認もしなかったら、いきなり4キロの登りで足が固まってしまいました。その後もアップダウンを繰り返し、最後は4キロの下り、気持ちよく下り、最後は走り足りない感じを残してゴール。途中登りで歩いてしまうと、谷川さんから「イチ・ニ イチ・ニ」と励まされながら、抜かれ、下りでゆっくり走っている谷川さんを抜かし、また登りで抜かれるというのを繰り返し、元気をもらいました。
スタッフの皆様、谷川さん有難うございました。
行きは小田原からバスでしたが、帰りはロープウェイを乗り継いで、箱根湯本で温泉に浸かってから帰りました。

このレポートは参考になりましたか? 0

去年に続き、きついけどやめられない

出場種目:ハーフマラソン

去年に続きエントリー。
箱根に行った際に練習で走っているルートを一部かすめるという縁もあり、
今年も参加してみました。
コースは相変わらずきつく
(でもみなさん事前学習をされているのか、スタートダッシュする人が去年より減った印象)
登り坂では1kmラップが最大8分かかった一方、
下りでは4分10秒台まで短縮するという、
きわめて脚に負担がかかるアップダウンの連続でした。

なんだけれど、運営者の改善努力を感じる点が多々ありました。
開催が2日間になり、会場への移動方法のバリエーションが増えたことが
表面的には一番の改善なのでしょうか、
個人的にはゴール地点の変更が民意を反映していると思いました。
去年は芦ノ湖スカイラインの終点あたりでゴールし、
そのままメイン会場のキャンプ場まで
重い足を引きずってとぼとぼと歩かないといけなかったのですが
今年は折り返しを少し手前にして、ゴールをメイン会場内に移動し、
ゴール後そのまま、黒たまごを食べたり麦茶を飲んだりできる設定でした。
大変、好印象です。

来年もまた参加しようと思います。

このレポートは参考になりましたか? 0

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ハセP さん
    186件投稿
  2. 2位 カトちゃん さん
    184件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    131件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    107件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/06/23
    第8回 佐賀大学本庄キャンパスジョギング
    本大会では学生ボランティアを中心に企画・運営しています。学生ボランティアの良かっ・・・

  2. 2019/06/21
    第42回“日本のへそ”西脇子午線マラソン
    毎年多くのご参加ありがとうございます。第42回目を迎えるこの大会は、西脇工業高校の・・・

  3. 2019/06/11
    第39回南木曽町・妻籠健康マラソン
    第39回大会実行委員会です。6月2日の大会では多くのランナーにご参加いただき誠に・・・

  4. 2019/06/09
    水見色Trail Running -第5回水見色トレラ・・・
    静岡市の中心市街地から約30分と気軽に行ける水見色です。第4回大会までは高山市民の・・・

  5. 2019/04/25
    第6回 南伊豆町100km・78km・66kmみちくさ・・・
    2014年より始まりました「南伊豆町みちくさウルトラマラソン」も、今回で6回目の大会・・・