本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

中央アルプススカイラインジャパン

  • 2019年7月7日 (日)
  • 長野県(駒ヶ根市/宮田村)
Information

大会オフィシャルページ:https://www.centralalps-kmpn.com
種目:SKYLINE35k,HIGHLAND18k,KOMAKAPPAこまかっぱ10k,MIYASANみやさん4k,MIYASANみやさん4k

  • RCチップ
 


60.0

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

3.8 pt

(現在の評価数37人)

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

次回大会の参加
参加料に見合った大会
スタッフ、ボランティア

会場

会場へのアクセス
スムーズな誘導、受付
トイレ、荷物預かり、更衣室

スタート、コース、フィニッシュ

楽しめるコース設定
参加人数に見合ったコース
コースの安全管理
コース誘導
コース上の給水

記録、表彰

記録計測、記録配信サービスの充実
充実した年代別表彰

インフォメーション

装備品の明示
分かりやすい大会情報、参加案内
大会HPの更新

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色

地元への浸透
会場の盛り上がり
特色あるエイドステーション
参加賞のオリジナリティ
エコ、環境保護
大会独自の取り組み、地元色

■大会のおすすめポイント

  • 家族で楽しめる
    9
  • 友達・同僚と楽しめる
    14
  • 記録が狙える
    2
  • 初心者向き
    9
  • シリアスランナー向き
    7
  • 自然満喫
    31
  • 観光名所とセット
    25
  • おもてなし
    4
この大会を評価する

みんなのレポート

評価者:37人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

熊道駆け上がり修行走の名前がふさわしい大会

出場種目:トレイル

第1回目でワクワクしてスタートしましたが、駒の池をぐるりと周り ゆるいロードの登りの後に、今回の大会の為、整備した簫ノ笛山までの長い直登の急登は美ヶ原の急登の比でなく永遠と続くクマ道でマセナギの分岐までヘトヘト。第2エイドでは
そば、おやき、飴、コーラ、水、オレンジなどなど。そこから大川平の橋を渡り黒川林道をひたすら登って行く。林道は空気がひんやりしていて気持ちが良い。左に黒川の激しい水音を聞きながら、気持ちは良いが単調な登り道をひたすら歩く。丘の宮田高原のエイドに到着。ここでは冷奴を頂き、景色が開けた場所に出たことに、ホッとした。唯ここから先は滑りやすい直下りや、ズボズボ、すべすべの下りの連続。ゲートボール場横の川沿いに走りいきなり大田切川が見え左に駒ヶ根橋
の吊り橋を渡った所に昨日受付をした立派なゴールに感動した。完走のメダルもでかい。来年のコースに期待します。同じコースなら出ないでしょう。

このレポートは参考になりましたか? 0

トレイル入門

出場種目:トレイル

トレイル入門のコースとしては良かったと思います。途中下りのロードは気持ち良く下れました。

このレポートは参考になりましたか? 0

けがれていない自然、地元のお祭りとの連動

出場種目:トレイル

のどかで、清潔な、自然の大きさが、なんともいいです。
それは、地元の人々の情熱と愛と努力があってこそ、大切に厳格に守られ、かつ、人々の生活や経済にも生かされてきているからなのだと思います。
当日は、地元のお祭りの中でおこなわれていたということなのでしょうか、澄みわたる空気の中で、盛り上がり、楽しい雰囲気がよかったです。ディスクジョッキーあるいは司会者の方、実におもしろく、さわやかでした。

このレポートは参考になりましたか? 0

楽しめました

出場種目:その他

駒ヶ根で初の開催!コースは変化がありいいですね。限られたスタッフで元気に対応してくれました。駐車場の案内、受付案内、トイレの場所、更衣室の確保等課題はありますね。ゴールのメダルよりもおにぎりがいいかな。来年も参加したいと思います。

このレポートは参考になりましたか? 0

コース上の安全対策

出場種目:トレイル

緊急時の対応とコース案内の観点から、黒川林道の途中と新田地区からゴールまでの間に、可能な限りスタッフを配置した方がより良い大会になると思います。

このレポートは参考になりましたか? 0

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ハセP さん
    194件投稿
  2. 2位 カトちゃん さん
    189件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    133件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    108件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/07/13
    第4回十和田湖マラソン大会
    全国各地からたくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。 みなさまの・・・

  2. 2019/07/11
    第39回ひろしま国際平和マラソン
    小学生以上なら誰でも参加できます。比較的平坦で、無理なくランニングを楽しめるコー・・・

  3. 2019/06/23
    第8回 佐賀大学本庄キャンパスジョギング
    本大会では学生ボランティアを中心に企画・運営しています。学生ボランティアの良かっ・・・

  4. 2019/06/21
    第42回“日本のへそ”西脇子午線マラソン
    毎年多くのご参加ありがとうございます。第42回目を迎えるこの大会は、西脇工業高校の・・・

  5. 2019/06/11
    第39回南木曽町・妻籠健康マラソン
    第39回大会実行委員会です。6月2日の大会では多くのランナーにご参加いただき誠に・・・