本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第3回JAL 向津具(むかつく)ダブルマラソン

  • 2019年6月9日 (日)
  • 山口県(長門市)
Information

大会オフィシャルページ:https://www.mukatsuku-w-marathon.com/
種目:ダブルフルマラソン(84.39km),シングルフルマラソン(42.195km),棚田ウォーク(約30kmウォーク)

 


71.6

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.4 pt

(現在の評価数115人)

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

次回大会の参加
参加料に見合った大会
スタッフ、ボランティア

会場

会場へのアクセス
スムーズな誘導、受付
トイレ、荷物預かり、更衣室

スタート、コース、フィニッシュ

楽しめるコース設定
参加人数に見合ったコース
コースの安全管理
距離表示、コース誘導
コース上の給水

記録、表彰

ネットタイム計測
記録計測、記録配信サービスの充実
充実した年代別表彰

インフォメーション

分かりやすい大会情報、参加案内
大会HPの更新

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色

地元への浸透
会場の盛り上がり
特色あるエイドステーション
参加賞のオリジナリティ
エコ、環境保護
大会独自の取り組み、地元色

■大会のおすすめポイント

  • 家族で楽しめる
    15
  • 友達・同僚と楽しめる
    44
  • 記録が狙える
    0
  • 初心者向き
    5
  • シリアスランナー向き
    30
  • 自然満喫
    90
  • 観光名所とセット
    77
  • おもてなし
    74
この大会を評価する

みんなのレポート

評価者:115人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

Wマラソン2回目の挑戦

出場種目:ウルトラマラソン

昨年の59kmリタイヤのリベンジとして、Wマラソンにエントリーしたものの、年明けより満足な練習も出来ないまま大会を迎えてしまいました。
(5ヶ月で400km程度で、この3ヶ月は平均40km)
シングルフルは5時間で通過。
前回同様に激坂終了時点で膝から下に痛みを感じつつ、千畳敷からの下りに耐え59km地点に到達。
その先はひたすら坂道を歩き続けて、後半の激坂に挑みました。
登りで10数人を抜いて下りで全員に抜き返されるという、悲しい状況ではありましたが、35kmを歩き切って何とかゴールしました。
完走というより完歩でした。
応援して頂いた皆さま、大会関係者の皆さま、ありがとうございました。

このレポートは参考になりましたか? 0

激坂とおもてなしを大満喫!

出場種目:フルマラソン

過去2回はスタッフとして携わった本大会。
アップダウンが繰り返されるコースの辛さを覚悟して、初めてシングルフルマラソンの部に参加しました。
15km過ぎに、標高333mの千畳敷に向かって一気に上る一番の激坂がありますが、毎年ここで大会ゲストの方がハイタッチを交わして応援してくださるので、楽しく走って上れました。
エイドがとても充実しているのも特徴で、16km地点の千畳敷エイドでは、冠スポンサーのJALのCAさんから機内ドリンクでも有名なキウイジュースをいただいたり、地元特産の「長州どり」を使った手作りのチキンカレーを味わったりと大満足でした。
その先の地味なアップダウンの繰り返しに、結局30km地点で足が終わってしまいましたが、私設エイドも多く、山の中でも孤独感を味わうことなく走ることができました。
決して自己記録を目指せるような大会ではありませんが、海や棚田を眺めながらの自然豊かなコースと、たくさんのおもてなしで、苦しさよりも楽しさが勝る大会でした。まだ私にはダブルフルマラソンの部は早いですが、いつかは84kmを走りたいと思います!

このレポートは参考になりましたか? 0

素晴らしい運営をされている大会です!

出場種目:ウルトラマラソン

レース前はコース図を見ながら、不安ばかりで、左腕に上り坂のピークポイントを6カ所書いて臨みました。その距離までいけば、「とりあえずの激坂は終了」という気持ちを支えにして走りました。
多くの方が書かれていますが、エイド、ゴール後のサービスもしっかりしています。給水エイドの間隔も適度にあって、今年は厳しい日差しの中で冷えた掛水もやってくれました。昨年は参加していませんが、エイドの内容や距離表示が改善されていたようです。
なにより大会運営のスタッフ、ボランティアのみなさん、田舎での沿道の懸命な応援は感動します。これだけの距離と時間を支えてくださるみなさんに感謝いっぱいです。本当に素晴らしい大会だと思います!!

このレポートは参考になりましたか? 0

見所ポイント沢山

出場種目:30kmマラソン

友人のオススメで棚田ウォークに参加しました。
アップダウンきつかったけど、見所ポイント沢山の楽しいコースでした。
人数も多すぎず、少なすぎず、エイドもゆっくりと食べれて、美味しかったです。
長門市長、副市長さんも参加されて、しかも早かったです。
参加賞が、バスタオルとシャツと選べたのも良かったです。
ボランティアさんありがとうございました。きつかったけど、ダブルやフルマラソンの方とすれ違い、お互い励まし競い、楽しめました。

このレポートは参考になりましたか? 0

初むかつくダブルマラソン すげー大会だ!!

出場種目:ウルトラマラソン

昨年タイトル見ておもしろい.と思ったら既に締切。今年も迷い最終日23時にエントリーしました。当日受付可は有り難い。いざ本番は、前半戦は多少のアップダウンはあるが影響も無く快調。途中からフルの方と合流し抜かせていける喜びも味わえました。「立石観音」だと思う所を通過したが、何をどう見てよいかわからず通過。それ以降は本当の「むかつく」坂が幾度となく表れ、昇る前に一言コメントが色々書いてあり癒されました。各エイド・給水所まで300mの表示はGood。元乃隅神社付近は観光と大型バスでごった返していました。少し危ない。更に進んだハグハグエイド、まだまだ終らない「激坂」。前半の微妙なアップダウンの影響か右ひざが痛くなり、歩き走りを繰り返し進み75Kからは気力との勝負でした。でも各エイドでは「エイドにはどんなものがあったら嬉しい?」「広島には息子がいるのよ」など沢山の方に氏名と県名を呼んでいただきました。9時間切りを目指していたが、20分オーバーでした。終った後第一感想は「ぜんぜんむかつかない、また来年必ず出場して、リベンジ&ボランティアの皆さんに会いに行く」思いが強く残りました。もちろんダブルでね。

このレポートは参考になりましたか? 1

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ハセP さん
    194件投稿
  2. 2位 カトちゃん さん
    189件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    133件投稿
  4. 4位 アナザースカイ さん
    116件投稿
  5. 5位 まつのき さん
    108件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2019/07/13
    第4回十和田湖マラソン大会
    全国各地からたくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。 みなさまの・・・

  2. 2019/07/11
    第39回ひろしま国際平和マラソン
    小学生以上なら誰でも参加できます。比較的平坦で、無理なくランニングを楽しめるコー・・・

  3. 2019/06/23
    第8回 佐賀大学本庄キャンパスジョギング
    本大会では学生ボランティアを中心に企画・運営しています。学生ボランティアの良かっ・・・

  4. 2019/06/21
    第42回“日本のへそ”西脇子午線マラソン
    毎年多くのご参加ありがとうございます。第42回目を迎えるこの大会は、西脇工業高校の・・・

  5. 2019/06/11
    第39回南木曽町・妻籠健康マラソン
    第39回大会実行委員会です。6月2日の大会では多くのランナーにご参加いただき誠に・・・