本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

第52回 青梅マラソン

  • 2018年2月18日 (日)
  • 東京都(青梅市)
  • ユーザー登録大会: ナベさん
Information

種目:10km,30km

 


66.5

大会特色
ポイント(5pt)

大会競技、運営とは別に、大会らしさ、オリジナリティ、特色の評価ポイントになります。

4.3 pt

(現在の評価数157人)

評価&ランキング

■みんなの評価

全体の感想

次回大会の参加
参加料に見合った大会
スタッフ、ボランティア

会場

会場へのアクセス
スムーズな誘導、受付
トイレ、荷物預かり、更衣室

スタート、コース、フィニッシュ

楽しめるコース設定
参加人数に見合ったコース
コースの安全管理
距離表示、コース誘導
コース上の給水

記録、表彰

ネットタイム計測
記録計測、記録配信サービスの充実
充実した年代別表彰

インフォメーション

分かりやすい大会情報、参加案内
大会HPの更新

■大会特色ポイント

大会らしさ、大会の特色

地元への浸透
会場の盛り上がり
特色あるエイドステーション
参加賞のオリジナリティ
エコ、環境保護
大会独自の取り組み、地元色

みんなのレポート

評価者:157人
並び替え: 新着順 評価点順 参考になった

沿道の応援は最高です

出場種目:30kmマラソン

4回目の参加です。アップダウンの多いタフなコースですが、沿道の応援が多く楽しめました。ブロック分けですが、男女のレベルが合っていないと毎年感じています。均等に分ける必要はないと思います。安全のためにも男女で同レベルの人間が同ブロックであるべきだと思います。

このレポートは参考になりましたか? 1

沿道のみなさんの途切れない声援に感謝!

出場種目:30kmマラソン

昨年に続き2回目の参加(30km)。昨年は早めに行動したので気づきませんでしたが、河辺駅の混雑の物凄いこと。駅を出るだけで20分近く掛かりました。運営は申し分ないと思いますが、やはりゼッケンは事前送付して欲しい。当日のゼッケン渡しは更衣室の混雑に直結していると思います。あと、他の皆様も言われている通り、タイムの虚偽申告がひどすぎます。人数が多い故、スタート混雑を避けたい気持ちは分かりますが、目に余るひどさ。予想ではなく、レース実績に基づいた申告にすべきです。コースは前半それほど「登り」という感じはしませんが、その割に後半は下り坂を思いっきり飛ばす感覚になれるので(軍畑の上りを除けば)、決してタイムが出にくいコースではない気がします。今日はコンディションも良く、昨年より16分も短縮できてとても満足でした。何より、地元の皆さんに本当に途切れることな応援して頂けるのは(酔っ払いのおじさん含めて)、ランナーとして嬉しい限りです。ラストスパートの一番苦しいところで、私のゼッケン番号を叫んで声援を頂いたのはとても力になりました。地元に根差した、伝統ある素晴らしい大会だと思います。

このレポートは参考になりましたか? 2

青梅のみなさまありがとうございます。

出場種目:30kmマラソン

地元の皆様の応援にとても元気をもらえる素晴らしい大会だと思います。
大会運営の方およびボランティアのみなさまも、とても良い対応だと感じました。
コースも適度なアップダウンがあり、前記の通り応援も素晴らしく、来年も是非参加したいと思います。
ただし、昨年も書かさせて頂きましたが、コースが狭い事もあり虚偽申請ランナーが他の大会より多く感じます。

このレポートは参考になりましたか? 3

ビックリポン?伝統の素晴らしい大会

出場種目:10kmマラソン

伝統ある素晴らしい大会のレポ登録がユーザー登録とはビックリポンです。10キロに参加しましたが、動線から更衣室の安全広さ、貴重品預かり、トイレの区分け、そして、スタート10分前の整列など数千規模の大会ではぴか一の運営です。

このレポートは参考になりましたか? 3

虚偽申告者への対策をお願いします。

出場種目:30kmマラソン

2年ぶりに参加しましたが、2時間一桁のタイムで申告してゼッケンが1300番台。いつもは3桁なのであれ?と思っていたら、スタートラインアップの時も周りで「何で?」と言っている人が何人もいました。
スタートしてわかったのは、虚偽申告者の多いこと。2時間未満で申告しているはずの人が、何で最初からキロ6分で走っているのでしょうか。申告タイムを自己申告に頼るのは、もはやシステムとして破綻していると感じました。ぜひ、来年は対策をお願いします。
1) フル、30km、ハーフのいずれかで、「ベストタイム」と「ベストタイムを出した大会名」を申告する(名古屋方式)
2) 一定のタイムを申告する場合は記録証を提出させる(仙台、つくば方式)
が考えられますが、(1)でも十分効果がありました。
伝統ある大会で事故を起こさないためにも、ぜひ検討をお願いします。

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 ニックネーム未登録さん
    106件投稿
  2. 2位 torachan612 さん
    91件投稿
  3. 3位 ニックネーム未登録さん
    89件投稿
  4. 4位 チームネボ さん
    77件投稿
  5. 5位 カトちゃん さん
    76件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2022/07/27
    第16回鏡石駅伝・ロードレース
    文部省唱歌として親しまれている「牧場の朝」。鏡石町にある岩瀬牧場がモデルとなった・・・

  2. 2022/07/01
    ネオフェニックスRUN 第40回 豊橋みなとシ・・・
    第40回の節目の大会として3年ぶりに開催します「豊橋みなとシティマラソン」の参加・・・

  3. 2021/12/13
    第3回 川崎国際EKIDEN
    詳細は、川崎国際E EKIDEN ホームページをご覧ください。 https://kawasaki-inter-e・・・

  4. 2021/09/28
    第4回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道の食を応援するために始まったRUN for HOKKAIDO。 好評につき4回目も開催する・・・

  5. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・