本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

  • TOP
  • レポート&評価
  • 大会ランキング
  • 使い方・ルール

大会情報

京都マラソン2014

  • 2014年2月16日 (日)
  • 京都府(京都市)
Information

大会オフィシャルページ:http://www.kyoto-marathon.com/
種目:42.195km(個人),42.195km(ペア駅伝)

  • ランナーズアップデート
  • 全日本マラソンランキング
 


89.2

(現在の評価数293人)

評価&ランキング

■みんなの評価

インフォメーション

HPの大会前情報
大会間近の情報公開
大会後のHP更新
分かりやすい参加者案内

会場

会場案内
受付/ナンバーカード事前送付
スタッフ、役員
更衣室
荷物預かり
スタート前、フィニッシュ後の給水
飲食ブース

コース・スタートエリア

スタートエリア管理
楽しめるコース設定
見やすく正確な距離表示
エイドステーション/救護所
トイレ
応援

記録

年代別表彰区分
計測ポイント
オンラインの記録速報
後日発送の完走証
当日完走証

総評

レース以外のランナーサービス
来年の参加

みんなのレポート

評価者:293人
並び替え: 新着順 評価点順 共感度

比べちゃう

出場種目:フル

都市型マラソンと比べると値段が同じなのに盛り上がりにかけていような気が・・・厳しい話クオリティ低い。
シリアスナー・ファンランナーが共に100%楽しめるようなコース設定をしてほしい。高校駅伝や都道府県駅伝で使わらている都大路のコースだったら最高中の最高。
スタッフの皆さまありがとうございました。

このレポートは共感度になりましたか? 22

充実した大会。楽しめました。

出場種目:フルマラソン

運営面では、非の打ち所のない大会であると言えます。

今年で狐坂は最後だそうです。厳しいコースですが、無くなるとなると、ちと寂しい気もします。
天候に恵まれました。昨夜の雨で河川敷はぬかるんでいるかと思いきや、全然だいじょうぶでした。
罧原堤から見える雪が積もった愛宕山、また北山通からは雪の比叡山と景色も大変良く、熱い声援に助けられなんとか完走。昨年とは違い、荷物受け渡しの動線が改善されて非常にスムーズでした。
個人的には15kmの計測板で足を取られて転倒してしまい、流血&タイツ破れで救護室のお世話になってしまいました。反省です。

このレポートは共感度になりましたか? 33

晴れてよかった

出場種目:フル

様々なことが結構スムーズだったと感じた。コースはあいかわらずキツイが、なんとか完走できた。途中で、番号が連番の人と一緒に走り、元気を貰った。風は強かったが、本当に晴れて良かったかった。これで3回連続ででているので来年もぜひ参加したい。

このレポートは共感度になりましたか? 43

レポーターランキング(投稿数)

  1. 1位 カトちゃん さん
    149件投稿
  2. 2位 モリタツオの一番弟子 さん
    116件投稿
  3. 3位 あらえっさ さん
    103件投稿
  4. 4位 アッキー さん
    95件投稿
  5. 5位 ニックネーム未登録さん
    94件投稿

レポーターランキングの続きを見る

主催者メッセージ新着

  1. 2021/09/28
    第4回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道の食を応援するために始まったRUN for HOKKAIDO。 好評につき4回目も開催する・・・

  2. 2021/04/22
    Tokyo100
    Tokyo100はエイドで食べ物を提供し、丁寧にもてなすスタイルではない。コース上にマー・・・

  3. 2021/01/23
    スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク
    「スポーツweek@彩湖・道満グリーンパーク」は、GPSトレーニングアプリ「TATTA(タッ・・・

  4. 2020/11/28
    新春ヤンマーフィールド長居マラソン・リレ・・・
    2021年走り初めに!激動の2020年から心機一転。2021年の抱負を胸にスタートダッシュを・・・

  5. 2020/10/13
    第2回AIR-G’ RUN for HOKKAIDO~走ることで・・・
    北海道には美味しい食品がまだまだたくさんあります。 これを機会に、RUNと北海道の・・・